· 

「他人に迷惑をかけない」でストレスまみれな日本【雑記】

「他人に迷惑をかけるな!」と教えられる日本は集団行動の中で周りを気にし過ぎるあまりストレスまみれなのです。



 

 

コダモンです。(@_kodamon)

 

 

ドイツのハーフとして日本で生まれ、18歳まで日本の田舎で暮らしていました。

 

 

片親はもちろんドイツ人。それでも、日本で義務教育を受けて、日本的な価値観を持ちながら暮らしていたので、日本の礼儀やマナーを学びながら育ちました。

 

 

そんなハーフは、普段の生活や仕事の中で日本人的な考え方で行動する事もあるし、欧米人のようにずけずけと物を言うこともあります。大学からドイツに渡り、海外生活も15年以上なので、今の自分はどちらかと言えば『外国人寄り』な気がする。

 

 

社会人として日本とドイツの大手企業で働いてみました。海外で働く自称グローバルなハーフとして、日本とドイツの両方で社会人を経験した。

 

 

そして、その2つ国の違いは大きいです。

 

 

 

例えば、日本では『良し』とされる集団行動が、ドイツではとても珍しい。

 

 

集団的にしか物事を判断できない日本人は、いつも、どこでも、どんな時でも『他人に迷惑をかけないように』気を配りながら生活している。周りに合わせながら活動することは、日本では普通でもドイツには無い。

 

 

実はこれが、日本の『ストレス社会の原因』の一つになっています。

 

 


1. 周りに合わせるのが日本では普通

 

 

まず初めに誤解していただきたくないのですが、日本は素晴らしい国です。それは間違いない。

 

 

自分にとって半分母国でもある日本は、昔ながらの伝統をたくさん持ち、四季折々の風情も大自然も素晴らしい。経済大国としても安定している世界で指折りの先進国です。日本人はとても親切だし、外国人にとっても日本は魅力的な渡航先。日本が世界に誇れる事は多々あります。

 

 

でも…。

 

 

そんな日本でも、ちょっと行き過ぎている部分があるのです。

 

 

日本ではとても重要視される社会の秩序やルール、そして『日本の常識』ですが、そこには外国人には理解できない部分がたくさんあります。

 

 

学校で、職場で、公共の場で。日本では、大小様々なルールが社会や組織の常識として確立されていますよね。学校には頭髪検査や服装検査があり、全校集会や「一糸乱れぬ整列」などの集団行動がある。社会に出ても、「会社の朝礼」「部署の飲み会」「先輩・後輩の上下関係」などなど、パッと思いつくだけでもたくさんあります。

 

 

でもそれらは、日本独特の集団行動の精神から来ている、日本だけの慣行なのです。

 

 

どのような組織・団体でも、必ず『和』を重んじる日本。

 

 

そのように集団行動が生活の基本だと教えられる日本では、社会や組織における『決まりごと』が必要不可欠です。一つの目標に向かって一致団結して、みんなで苦労をシェアして、みんな同じような努力をする。「右向け右!」で全員右を向くことを良しとする社会なので、それをスムーズに実行させためのルールがたくさん存在します。

 

 

でもそれは、世界的に見ればちょっと異常。

 

 

海外から見たら病的とも思えるほど、日本人はひたすらルールを守る事に徹しています。

 

 

その結果として、和を乱すような行為や一人だけ周りに反対するような行動が、自分勝手だとみなされる。「他人に迷惑をかけている!」となるわけですね。

 

 

わたくしコダモンも、幼稚園から高校まで日本で過ごしてきた中で、「他人に迷惑をかけるな!」という教育を受けてきました。

 

 

集団行動を基本とする日本の学校教育の中で、「あれはダメ」「これはダメ」と、周りに合わせない行動は全て却下されてきた。

 

 

通っていた地元の学校では、髪型、服装、靴の色まで全てが統一され、「個性は必要ない!」と言わんばかりのガチガチの校則を経験しました。それを少しでも守らないと指導の対象となり、「なぜお前はみんなと同じようにできないんだ!」と怒られる。

 

 

こっちは見た目も完全に外国人のハーフなので、どうあがいても周りと同じにはならないのですけどね…。髪の毛は天然パーマだったし。

  

 

何はともあれ、日本では画一性が求められる。そして、本来は存分に羽を伸ばして『個性』を育む大事な年齢の子供に対しても、「周りに合わせろ!」という教育を頭ごなしに施すわけです。

 

 

そのような「周りに迷惑をかけてはいけない」という教育の恐ろしさは、中学時代に心の痛みと共に叩き込まれました。当時の経験は…今でも軽いトラウマです。

 

 


2. 「周りに迷惑をかけるな!」

 

 

あれは忘れもしない、とある夏の暑い日。

 

 

その日は、学校行事の準備のため放課後は部活動が禁止となり、一部を除いた生徒は帰宅を促されました。

 

 

「みんな今日はすぐ帰宅するように!」と先生達に念を押されていたにもかかわらず、ドイツハーフは数人の友人と校庭の隅でバレないように談笑していました。

 

 

ひとしきり遊んだ後にコソコソと帰ろうとすると…。行事の準備をしていた、部活動の顧問の先生と鉢合わせてしまったのです。

 

 

「ヤバい、怒られる…!」

 

 

一瞬でそう覚悟し、「あ…」と申し訳なさそうな顔をしてみせます。けれど…意外な事に、その先生はこちらをチラッと一瞥しただけで何も言わずにスタスタと去って行ったのです。いつもはとても厳しい人なのに。

 

 

拍子抜けしたような何とも言えない気持ちのまま帰宅した、次の日。

 

 

事件は起こりました。

 

 

普通に登校して何食わぬ顔で授業を受けていると、休み時間に部活動の先輩たちに呼び出されました。

 

 

なぜか全員勢揃いです。しかもみんな明らかに不機嫌そう。「なんだろう…?」そう思いながら話を聞かされたコダモンは、愕然としました。

 

 

「お前のせいで部活が無期限休止になったんだよ!

 

 

「今朝、職員室前の黒板に書いてあったんだ!

 

 

「先生に理由を聞いたら『コダモンに聞け』だってよ!

 

 

「お前何したんだ先生に謝ってこいよ!

 

 

目の前が真っ暗になりました。

 

 

思い当たるのはもちろん、昨日の行い。自分は確かに間違っていた。でも、その罰則が自分だけでもなく周りの責任にもなるだなんて…!

 

 

部活も先輩も大好きだったドイツハーフは、泣きながら先生に謝りました。

 

 

それでこの件は事なきを経たのですが…。その日から、わたくしコダモンの心には「周りに迷惑をかけない」「他人に迷惑をかけない」という言葉の、暗い、辛い重みが刻み込まれました。

 

 

自分1人が殴られたり、怒られたりするならそれでいい。間違った行いが、『個人』として罰の対象になるのは当然です。しかし、そうではなく集団での罰則にすこと。「お前のせいだ」「お前がルールを守らないからだ」「お前が周りに合わせないからだ」という事を、みんなの前で、たった1人の人間に理解させるために、周囲を巻き込んで圧力をかけること。

 

 

これは、日本の集団行動の闇の部分です。今思い出しても、とても苦い経験。

 

 

当時の先生からすれば、これも教育の一環だったのでしょうが…。

 

 

ここまで読んだあなたは、これが『普通のこと』だと思いますか? 調子に乗ったドイツハーフに対する、先生からの心のこもった『良い指導』だと思うでしょうか。

 

 


3. 個人主義の海外では集団行動が通用しない

 

 

話をちょっとだけ海外に移します。

 

 

日本でもよくお手本にされるドイツですが、その社会は基本的には全て個人主義です。それは学校教育も同じ。

 

 

ドイツでは小学生も留年させられます。移民も多く、どのクラスも多国籍なドイツの学校では、生徒たちの語学や知識のレベルが様々なので、「できない子」や「アウトローな子」は、10歳そこそこで容赦なく落第させられます。



全て自己責任。それが海外では徹底されています。

 

 

ドイツでは幼少期から『個』で戦う必要があり、集団行動には何も期待できないのです。

 

 

そのようなドイツ人は、10代後半の青年期ともなると、それぞれが『個性の塊』となります。髪の毛を染める子、ピアスをする子、大学への進学資格を得る子、16歳から手に職を持つために働く子…本当に千差万別の生き方がそこにはあり、みんな自己責任でそれぞれの道を進みます。先生や学校の役割といえば、一歩下がったところからそれをサポートするだけ。

 

 

そして、ドイツにはやはり「周りに迷惑をかけるな!」という教育が無い。ドイツの学校は、『個の尊重』がメインです。

 

 

このような教育のもとで社会人となったドイツ人は、みんなそれぞれ自己主張が強く、職場やビジネスの現場でもすべて自己責任と割り切って働いています。ドイツ人に対して「周りに迷惑だろ!」などと注意しても、「だから?」「それが私と何の関係があるんですか?」となる。「周りの事なぞ知らん!」「周りに合わせて自分に何のメリットがあるんだ!」という訳です。

 

 

自分の仕事の作業効率とプライベートを優先するドイツ人は、ガンガン他人に迷惑をかけるのです。

 

 

そんなドイツ人もチームワークを重んじますが、その前提条件としてやはり個の尊重がある。各々が自分の仕事をこなしたうえで、チームの中で適宜に情報交換や協働がなされるのです。日本の『集団行動』と海外の『チームワーク』はまったくの別物だという事ですね。

 

 

そうやって他人に同調を求めないドイツ人は、みんなとてもストレスフリーに働いています。日本人からすれば、「自分勝手だ!」「職場の和を乱している!」などという働き方が、ドイツ人にとっては当たり前。でも…それでもドイツ人はみんなハッピーに働いているし、部署も仕事もちゃんとまわっているのです。 

 

 


4. 他人に迷惑をかけない日本人はストレスまみれ

 

 

話を日本に戻します。

 

 

「周りに迷惑だけはかけるな!」そう教えられて社会に出た日本人は、会社でも私生活でもそれを徹底しています。

 

 

日本の学校時代に “周りに迷惑をかけないことの大切さ” を嫌というほど叩き込まれた自分も、20代で日系企業に就職してからそれを再認識しました。

 

 

その大手企業の営業部では、誰もがみんな『周りに合わせながら』働いていました。上司が残業するなら部下も残業するし、自分に関係のない会議でも上から招集がかかれば問答無用で全員参加する。意味不明な職場ルールもたくさんあり、明らかに不効率なルールにもみんな黙って従っている。「みんなやってるから」という思考停止の集団意識です。当時のドイツハーフは、非常に息苦しい環境の中で働いていました。

 

 

そのような日本の会社では、少しでも集団行動を乱すと「あいつは空気を読まない」「迷惑な奴」などのレッテルを貼られます。社会人になっても集団の中でしか生きていけないと勘違いする人だらけなので、職場では誰もが『暗黙のルール』や『見えない決まりごと』をむやみやたらと気にしているのです。

 

 

「自分に関係ない仕事だけど、断ったら部署に迷惑がかかるかもしれない…」

 

 

「有給を取って休んだら、○○さんに迷惑がかかるかもしれない…

 

 

毎日そのようなことの繰り返しで、みんな知らず知らずのうちにゲッソリ。周りに迷惑をかけないように働いた結果、行き場のないストレスが自分たちの身に降りかかるのです。リフレッシュもできずに、無意識のうちに『ストレスのなすり合い』になってしまっています。

 

 

小さい頃から「周りに迷惑をかけるな!」と教え込まれたせいで、結果的に社会人になっても『周り』ばかり気にして働く会社員たち。必要以上の仕事を請け負い、休みたい時にも休めない。

 

 

 

自分たちのストレスの原因を自分たちで勝手に作ってしまっているのです。

 

 

 

そんな日本では、日常生活でも「周りに迷惑をかけないこと」がストレス要因になります。

 

 

例えば日本の電車。

 

 

都内の電車網は、めまぐるしい数の路線とダイヤで毎日運航していますが、基本的には遅延も無く、電車のドアもホームの目印位置にピタリと停車する。これは、海外では考えられないほどの正確さと高レベルのサービスです。

 

 

日本人はとても礼儀正しく列を作って電車を待つし、みんながしっかりルールを守る事で都内の怒涛の通勤ラッシュも上手にさばかれています。

 

 

しかし…。このような正確性や丁寧さは常にストレスと表裏一体です。

 

 

電車がちょっとでも遅れたり、ダイヤが乱れたりすれば、すぐに謝罪のアナウンス。「大変ご迷惑をおかけしております…」が繰り返し流れます。電車が遅れることで出社時間に遅れるかもしれない会社員たちは、苦悶の表情。この時点で既にストレスの連鎖が始まっています。

 

 

日本の電車のような高品質なサービスは、少しでも問題が発生すれば提供者と利用者の双方に大きなストレスが襲い掛かる、まさに諸刃の剣。

 

 

その反面、ドイツでは電車が遅れる事が当たり前だし、鉄道会社や駅員が『謝罪』する事もありえません。電車が故障した時ですら代替は用意されず、「次の電車に乗ってねー」で終わり。駅員たちはマニュアル対応のみで、乗客に対して謝る気などサラサラありません。電車のドアがホームの定位置に止まることなど決して無いドイツでは、日本的に見れば低レベルのサービスが当たり前。こんなところでも、ドイツ人は他人にガンガン迷惑をかけて、当事者はストレスフリーで働いているのです。

 

 


5. 「他人に迷惑をかけない」結果…

 

 

「ウチは子供に『絶対他人に迷惑をかけるな』と教えています。それだけは徹底している」

 

 

そうやって自慢気に、自信たっぷりに話す芸能人を最近テレビで見かけました。その場に居合わせた他の芸能人たちも全員「なるほどー」と言って同調している。

 

 

わたくしコダモンは、そのような考え方には危機感しか感じません。

 

 

「周りに迷惑をかけない」精神は、確実にストレス大国ニッポンの原因の一つです。他人に迷惑をかけないことが前提になってしまうと、周囲の人間に対して無関心になるだけでなく、ほんの些細なことにでも「迷惑をかけている!」と反応するようになるのです。

 

 

「電車でベビーカーは迷惑!」

 

 

「公共の場で泣き叫ぶ子供は迷惑!」

 

 

最近の日本は、他人に迷惑をかけない精神だけが独り歩きしてしまい、寛容さに欠けていると思います。心に余裕のない人が大勢いる、ストレス社会の出来上がり。

 

 

「何でも周りに合わせる!

 

 

「出る杭打たれる!

 

 

集団行動を重んじるあまりに同調圧力が強い日本では、いつまで経っても『個』が伸びない。

 

 

ドイツの大学に通い、海外で長年生活して、海外で仕事をしてみて、実感しました。自分が過去に日本の学校や職場で教えられた「周りに迷惑をかけない精神」は海外では何の役に立たなかったのです。個人主義で成果主義のドイツで働くためには、日本の集団行動に慣れた頭を180度切り替える必要がありました。

 

 

ストレスまみれで働くことが約束されている、日本の職場と集団意識。

 

 

その背景には、日本でいまだに美徳とされる「他人に迷惑をかけない」精神があるのです。

 

 

自分の個性を犠牲にして、将来の可能性を潰して、視野の狭い思考停止な大人になって…それでも『周りに迷惑だけはかけない』ように生きること。

 

 

あなたは、それが美徳だと思いますか?

 

 

関連する記事を読む: