ハーフが会社に就職してみた_第21話_会社を辞めてみた

ハーフが会社に就職してみた最終話。ゴリゴリの日系企業に4年半勤めていたハーフが、スパッと辞めてみた。

 

 

コダモンです。(@_kodamon)

 

 

ハーフであるコダモンが、日系企業に就職してみた話。  

 

 

第21話:さようなら。会社を辞めてみた。

 

 



 

 

ドイツ事務所に駐在となり、ドイツ人の働き方に刺激を受けたドイツハーフ。

 

 

しかし…。自分の周りの日本人駐在員たちは、国と文化の壁を越えられないまま、ドイツのオフィスでも『日本式』に働いていた。そんな彼らに紛れながら、モヤモヤと葛藤が続きました。

 

 

 

日本人の年輩上司は、みんな残業して仕事一筋で働いている。これまで長年『日本のサラリーマン』として飼いならされた彼らは、もう他の働き方ができないのです。

 

 

 

せっかくドイツのオフィスで働いているのに、ストレスまみれの働き方を続ける日本人社員たち。そのような人間に囲まれながら、自分だけ『ドイツ人のように』働くことはできなかったのです。

 

 


写真: 手から放たれる紙飛行機

ドイツ駐在で良い思いもした!

 

 

ドイツでの駐在生活に、大きな不満はありませんでした。

 

 

赴任手当をもらったり、家賃が会社負担だったりと、金銭面のいわゆる『おいしい事』もたくさんありました。

 

 

そして何より、日本の本社勤務時代に経験していた働き方よりも、ドイツの方が充実していました。

 

 

仕事よりも家族や趣味を優先するドイツ人に囲まれて、自分の中で『働き方改革』が起こったような感覚です。自分にとっては、日本で営業活動をしていた時期が底辺でした。

 

 

ドイツ駐在が充実していた理由を一言で言えば、ワークライフバランスがあったから。

 

 

 

ドイツでは、同僚も取引先のお客さんもみんな外国人なので、仕事に対する姿勢と『仕事にかける時間』が日本とは違う。

 

 

ドイツには日本のような『お客様は神様』のサービス精神が無いので、取引先とも対等の目線で働きます。日本で経験したような高圧的な態度の顧客は少なく、あくまで紳士的です。ドイツには長時間労働も無く、定時後や休日に"仕事をしない"のです。

 

 

そのため、日本を離れてドイツ赴任となってからは、1人のサラリーマンとしての仕事のストレスは確実に減っていた。

 

 

それに加えて、ドイツでは自分の長所である『半分ドイツ人』と『ドイツ語が母国語』という部分をフル活用できました。日本とドイツ、そして社内と取引先の間に立ちながら率先して折衝業務に従事しました。そして結果を残せた。

 

 

「グローバルに活躍したい!」

 

 

日本で高校生をしていた時からの目標も、海外勤務を通して「グローバルに活躍できる!」という自信に変わっていました。

 

 

しかし…。

 

 

そうやって充実した生活を送りつつも、「何かが違う…」というモヤモヤした気持ちが無くならなかったのです。

 

 

「ないものねだりをするな!」

 

 

そんな声も聞こえてきそうですが…。自分の中のモヤモヤは消えません。

 

 

念願のドイツ勤務となったにも関わらず、会社に入社した時から感じていた「何かが違う…」はどんどん強くなっていたのです。

 

 


ドイツ駐在でも「辞めたかった」

 

 

コダモンは、ドイツ赴任となってから社内で特に重宝されていました。ありがたいことに、『日本語がしゃべれるドイツ人』という存在を頼りにしてもらえる場面がたくさんありました。

 

 

そんなドイツハーフのおかげで拠点間のコミュニケーションは潤滑になり、相変わらず『日本人』と『外国人』の間を行ったり来たりしながら、適材適所で働いていました。

 

 

日系企業の大半がそうであるように、コダモンの会社でも駐在員は本社の意向で3年…4年と、海外勤務が延期される事が普通でした。

 

 

赴任してからちょうど2年目の終盤に差し掛かるところだったので、このままおとなしく働き続けていれば『おいしい駐在員生活』も自動更新されていた。

 

 

けれど…。

 

 

「自分はこのままでいいのだろうか?」

 

 

そう考える自分の中のモヤモヤが、日増しに強くなっていました。

 

 

日々の業務の中で、周りのドイツ人たちの働き方に感化されたコダモン。そして、1度でもそのポジティブな影響を受けたら、もう「後戻り」はできませんでした。

 

 

ドイツ人の働き方は、ワークライフバランスのそのもの: 

 

基本的に残業をしない!

年間30日間の有給休暇を100%消化する!

仕事よりも『家族』と『自分』が最優先!

 

 

そうやって働くドイツ人は、とてもイキイキしながら働いている。

 

 

成果主義で結果だけが求められる厳しい社会なので、仕事のストレスもたくさんあるはず。それなのに、疲れた表情で嫌々働く人は1人もいませんでした。

 

 

ワークライフバランスの実現とコンプライアンスが徹底されているので、ドイツ人の『働き方』が仕事のストレスを打ち消しているのです。

 

 

 

ドイツ人はチームワークも大事にしつつも、社員一人ひとりが個人の裁量で働いています。結果さえ出ていれば、誰もその働き方に対して文句を言いません。

 

 

そのため、ドイツには日本のように「1人だけ早く帰ってズルイ!」「もっと残業しろ!」みたいな集団意識と長時間労働が無いのです。

 

 

そんなドイツ人に囲まれて、『ドイツ式』に働いてみたら心が安らいだ。大げさな話ではなく、本当にそう感じた。

 

 

日本人にありがちな「顧客優先!」「納期優先!」「みんな残業するからお前もしろ!」といった切羽詰まった働き方がない。

 

 

集団的にしか物事を判断できない日本とは、人間関係を含めてストレスの度合いが全然違うのです。

 

基本的に毎日残業や『持ち帰り残業』がある!

年間20日そこそこの有給休暇は全取得すら難しい

『家族』と『自分』を犠牲にしても仕事優先!

  

これが日本の働き方。

 

 

そうやって『仕事ファースト』で働く日本人駐在員は、現地のドイツ人スタッフに対してグチっていました。もちろん仲間内だけで。

 

 

ドイツ人はドイツで『当たり前の働き方』をしているだけなのに。

 

 

勤め先が日系企業だろうが、ドイツ人にとっては何も関係ないのですよね。彼らにとっては、シンプルに契約時に交わした内容の仕事をするだけ。

 

 

そうやってイキイキ働くドイツ人を横目に、日本人とのムダ会議に付き合ってたくさん残業をしている自分。

 

 

…。

 

 

「何なんだこの差は?」

 

 

「なぜ同じサラリーマンでこんなに違うの?」

 

 

自分の中で、不信感は募る一方です。

 

 

「駐在員が辛いのは当たり前だ!」

 

 

「駐在員は辛いから手当がたくさん出るんだろう!」

 

 

そのようなお叱りもあるかと思いますが、それって『当たり前』ではダメだと思うんです。海外に出向いてビジネスを促進させるのに、なぜ日本式を貫く必要があるの?

 

 

なぜ日本人だけ世界と波長が合わないの?

 

 

なぜ日本人だけ残業して休日出勤して身を粉にして働いているの?

 

 

自分はどうしたいのだろうか。このままズルズルと駐在期間を延長した所で、果たして何かが変わるのだろうか…?

 

 

自分の中のモヤモヤは、とうとう行動を起こさせました。

 

 


会社を辞める準備開始!

 

 

気が付いたら、ドイツハーフは転職活動をしていました。

 

 

今の自分の『市場価値』を知りたくなったし、何よりも「何かを変えたい!」そう思ったからです。

 

 

そして…。

 

 

「日系企業以外の会社でも働いてみたい!」

 

 

この気持ちが、とうとう抑えきれなくなったからです。 

 

 

実際に行動に移してみたら、市場ではありがたい事に「引く手あまた」でした。こっちがビックリするくらい食い付きが良い。

 

 

30代そこそこの年齢とか、1回目の転職ということでタイミングも良かったのでしょう。

 

 

そして、海外の大学を出てグローバルな営業経験を持ち、なおかつドイツ語と日本語ネイティブな人材は、どうやら需要が高いようです。英語もしゃべれるし…。

 

 

というわけで、転職活動はすんなりいきました。

 

 

そして、転職活動を始めてから1ヶ月ほどで内定をいくつかゲット。

 

 

走り始めたらあっという間で正直ビックリしたけれど、ふと足を止めて考えてみた。

 

 

…。

 

 

 

自分は本当に会社を辞めるのか?

 

 

 

今現在のコダモンのステータスは『ドイツ駐在員』です。そこには経済的な恩恵もあるし、あと数年間駐在員を続けて甘い汁を吸い続けることもできる。

 

 

出向者が任期を終えたら、昇進できるのも定番です。今の会社でサラリーマンを続けていれば、ウハウハな生活が待っているのです。

 

 

しかも、自分はこれまでけっこう頑張ってきた。日本の本社での辛い期間を乗り越えて、ようやく海外勤務になったばかりです。

 

 

それなのに、辞めるのか?

 

 

今後のビジネスの展開次第では、大手企業の看板を背負って良い経験がたくさんできるかもしれない。トントン拍子で出世できる可能性は、十分ある。

 

 

社内のドイツハーフに対する評価は、決して悪くない。いや、むしろその評価は良い。

 

 

それでも、自分は今の『おいしいポジション』を手放すのか?

 

 

新しい職場で、ゼロからスタートする準備はできているのか…?

 

 

心の声に耳を傾けて、もう1度今の自分の状況を整理してみた。

 

 


「日本の会社」を振り返る

 

 

自分が勤めていたのは、決してブラックでもない、日系の大手一部上場企業。

 

 

しかし、その中身はいつまでたっても、どこへ行っても、『ザ・日本の会社』。

 

 

従業員の95%以上が外国人を占めていたドイツ支社でも、そのトップと主要ポジションに『日本人』がどっしりと居座っている。日系企業にありがちな経営方針です。

 

 

日本的に経営の舵取りをして、出向者を通して「本社の意向を持ってビジネスを進める」という思惑からです。

 

 

このような組織経営と体制は、日本の視点からは当然だろうし、そこに異論はありません。

 

 

成功例もあるだろうし、たくさんの失敗例もあるはず。

 

 

それでも、実際に自分が海外に赴任となって、実際に見て、聞いて、経験して言えることがあります。それは…。

 

 

会社はグローバルになりきれていなかった!!

 

 

という事です。

 

 

「グローバル企業」を名乗るその大手企業で駐在員をした経験は、海外での失敗例を間近で見させられているようでした。

 

 

駐在員が現地のスタッフからシカトされ、日本人のお偉いさんの言動がドイツ人にはまったく響かない。お互い『相手にするのも面倒』という状態です。

 

 

それらは、激動のビジネスの中では他愛もない小さな事。逐一本社のマネジメントに伝えるような内容ではありません。

 

 

でも実は、こういった些細な日々のすれ違いから事業が傾く事だってあります。

 

 

グローバルスタンダードを理解できない経営は致命傷なのです。

 

 

表面上は、駐在員の日本人と本社の日本人同士の頻繁なやり取りがあって、なんとなく全て上手くいっているように見える。

 

 

でも実際は、ほころびだらけ。コダモンのような人材が裏で暗躍する事で何とか『その場しのぎ』するような状況は、たくさんありました。

 

 

 

そのようなお粗末な実態で、「グローバル企業」を名乗る日本の大手企業たち。

 

 

「モノは試しだ!

 

 

そんな勢いだけで入社してみたドイツハーフですが…。やっぱりもうそろそろいいかな。その会社で働き続ける意味が見えなくなりました。

 

 

これまでの4年半の会社生活で、本当にたくさんの経験ができた。そして自分は今、会社との決別の一歩手前まで来ている。

 

 

 

年功序列と終身雇用で安定的に昇級と昇級ができる日本の会社。でも、そこで働き続けるということは、集団的に仕事をしながら人間関係の摩擦を耐え抜き、「周りに合わせで働く」をひたすら続けること。仕事以外のストレスがとても大きい働き方です。

 

 

1度でもこの会社と決別したら、もうここに戻って来ることは無いでしょう。

 

 

再度自分の胸に手を当てて、今後のキャリアの事もゆっくりと考えてみる。

 

 

するとそこには…。

 

 

自分でもビックリするくらい不安はありませんでした。

 

 

これまでとてもお世話になった会社だけど、そこを去ることに罪悪感はない。

 

 

今後のキャリアが約束されたような環境を手放すことに、未練もない。

 

 

 

日本の会社以外を1度経験してみなければならない!

 

 

 

この考えは、最後まで変わりませんでした。

 

 

ズブズブの日本式で営業していた日本での本社勤務時代と同じように、海外でも日本人駐在員はいつまで経っても『日本式』で働いていました。会社が変わらないなら、こちらから何か変えるしかない。

 

 

もちろん、思うところはたくさんある。中途採用で日本での会社員経験が無かった自分を、会社が長い目で育ててくれた…という理解も、ちゃんとあります。

 

 

それでも、自分の気持ちは変わらなかった。

 

 

今この瞬間、自分の目の前には「終わり」がしっかりと存在しています。

 

 

4年半を勤め上げた会社を辞めること。その引き金を引くか引かないかは、自分次第。そう思うと…ちょっとセンチメンタルな気分にもなる。

 

 

日本では、上司のシノハラさんとハトリさんに、たくさんお世話になったし、たくさんの迷惑をかけてきた。

 

 

ドイツに赴任となってからは、ドイツ人と一緒になって『ドイツ人のように働くドイツハーフ』に日本人たちは満足していなかったでしょう。

 

 

それでも、自分の中で一縷(いちる)の望みをかけて、なんとか頑張ってサラリーマンを続けてみた。

 

 

入社から海外赴任まで、日本のサラリーマンとして4年半走り続けてきました。一般的には決して長くない期間です。その中で自分が一人前になったかどうかも定かではないけれど、少なくとも1つの目標だけは達成できました。

 

 

「自分はグローバルに渡り合える人間なのだ!」

 

 

それだけは確信した。ドイツで海外勢を相手にビジネスできる人材に成長してました。

 

 

そして、もうそれでいい…。もうそれだけで良かったのです。

 

 

その結果…。

 

 

 

「辞めよう」と思った。

 

 

 

(ごめんなさい、シノハラさん)

 

 

悲しくなる気持ちを抑えながら、そっと心の中でつぶやきました。

 

 

 

 


退職届を出してみた!

 

 

人生で初めて「退職届」を書いてみるドイツハーフ。

 

 

そこにも細かいルールがあるようで、そもそも自分は「退職願」を提出するべきなのか、はたまた「退職届」を出すべきなのか。いや、そもそも今のご時世って書面での退職通知なんて手渡しするのか?

 

 

初心者だから、コソコソとネットで色々調べてみる (笑)

 

 

不慣れながらもなんとか一筆したためて…。

 

 

意を決するように、事業部長の部屋へ。

 

 

前置きもそこそこに。スッ…と書き立てホヤホヤの「退職届」を提出。

 

 

すると…。

 

 

「…えっ!?」

 

 

…と、これまた絵にかいたような愕然とした表情をされました。

 

 

もしかしたら、事業部長サンの長いキャリアの中でも、自分が退職届第一号だったのかも。

 

 

(やっぱり「退職届」を手渡しするのは間違い!?)

 

 

別の意味で不安もよぎります。

 

 

お互いが初体験なその状況に、一瞬その場がフワッとした。

 

 

「あ…ああ。まぁ座れよ」

 

 

そう言って、渡された退職届をそっとテーブルのすみに置いて、「詳しく話を聞きたい」と言われました。

 

 

一通りのやり取りの後、どうやら上司も (このドイツハーフ…。本気だな) と悟ったようでした。それでも、なぜか退職届は受理されず。

 

 

「一度上の人とも話すから」

 

 

みたいな事を言われました。

 

 

…。

 

 

(お前がその「上の人」だろが!!)

 

 

心の中でツッコミます。

 

 

何はともあれ、そこから実際に欧州の拠点長みたいな人とも話をする事になりましたが、それでも「退職の強い意志」は変わらない旨を告げました。

 

 

そんなこんなで、およそ1週間という長くて短い時間の中で、「ドイツハーフが辞める」という事が決まり、コダモンも正式に然るべきプロセスを踏むことになりました。

 

 

退職には気力と体力を消費するとも聞きましたが、初志貫徹していればそれほど大変でもないと感じた。

 

 

「自分は本当にこの会社を去るんだなぁ…」

 

 

人事部から各種通達と必要書類の記入を求められた時に、ようやく実感が湧いてきた。

 

 

関係者への通達がOKとなってから、社内でお世話になった色々な人に連絡しました。

 

 

「えーコダモン、お前辞めちゃうの!?」

 

 

ドイツ人の同僚は、突然だったようでビックリされました。

 

 

「けっこう長引いたけど、ようやくだね」

 

 

仲の良かったドイツ人は事情を知っていたので、そうやってニッコリ声をかけてくれました。

 

 

会社を辞めることを真剣に考え始めた時点で、大事な事を相談する相手は日本人では無く、現地の人間だけになっていたのです…。

 

 


尊敬する上司の言葉に涙

 

そして…。

 

 

メールでの通達となり心もとなかったけど、日本でとてもお世話になった、尊敬する上司のシノハラさんにもご連絡。

 

 

あの時はとてもお世話になったこと。

 

 

たくさんご迷惑をおかけしたこと。

 

 

せっかく面倒を見てくれたのに、最後まで期待に沿えなかったこと…。

 

 

自分なりに、その想いを全部書きました。

 

 

そして、いよいよ会社での勤務もあと数日となった日に…シノハラさんから返信がありました。

  

 

「コダモンへ

会社生活というものは、本当に色々なことがある。

理不尽なことも、『おかしいな』と思うことも。

けれど、その中で誰も『間違えよう』などと思って仕事はしていない。それを忘れないように。

自分が『正しい』と思ってやったことはその時は正しいのだし、仮に間違っていればやり直しはきくし、その都度成長するだけだ。

これからも頑張りなさい」

 

 

…。

 

 

4年半の会社生活の中で、初めて涙が出ました。

 

 


カイシャを辞めてみた

 

 

「ハーフが会社に就職してみた」

 

 

全21話にわたってご愛読いただき、ありがとうございます。

 

 

ここでいったん終わりです。

 

 

ドイツハーフは、退職に向けて進めていた転職活動も成功して、外資系に転職。

 

 

サラリーマン生活は続きますが、ドイツ企業で新たな人生をスタートさせました。

 

 

日系企業からドイツ赴任となり、駐在員時代に見てきたドイツ人のドイツ人による働き方。

 

 

それを経験してきます。

 

 

コダモンの旅は、まだまだ続きます…。

 

 


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Ron (月曜日, 04 2月 2019 04:32)

    Kodamonさんへ

    いつも楽しく拝読しております。とうとうこのシリーズも終わりを迎えましたね。
    長きに渡りお疲れ様でした。
    ドイツと日本のそれぞれの価値観に板挟み状態に合い、その中で葛藤を抱きながら正解を探す姿は勇気をもらえました。
    今後も記事をお待ちしております。

  • #2

    kodamon (月曜日, 04 2月 2019 20:26)

    @Ronさん
    コメントいただき、ありがとうございます。
    日本でサラリーマンをしていた当時の経験も、駐在員を経て転職まで至った経緯も、そもどれもが自分を強くしてくれました。自分の中のモヤモヤは常にありましたが、そのどれもが「ハーフが就職してみた」結果であり…。これからの長い人生の糧になったと思っています。