自己紹介 / Who is "Kodamon"?

ここでは、このブログ "ハーフが「カイシャ」に就職してみた" と、わたくしコダモンについて書きます。


まず、タイトルにあるように、

 

 

ハーフです

 

 

細かく言うと、「ハーフ」というコトバは混血に対する和製英語で海外では通用しないのですが。

 

 

日本では昨今のハーフタレントのメディア露出増などによって「ハーフ」が浸透しているので、あえて使っています。

 

 

ドイツと日本のハーフ。

 

 

この2つの国の組み合わせって意外と多いんですよね。ハーフの友達をざっと見渡しても、10人くらいはいるんじゃないかな……。

 


 

生まれと育ちは日本

 

 

高校を卒業するまで、日本の田舎の学校にがっつり通っていました。

 

 

通っていた学校も、私立とかインターナショナルスクールなどではなく、本当に普通な公立の小・中・高等学校。

 

 

見た目が完全に外国人だからおとなしくしていてもかなり目立つ存在

 

 

でした。はい。

 

 

どこへ行っても(日本語がしゃべれる)外国人。

 

 

地元の仲間との楽しかった時間も、ハーフであるが故に辛かった経験も、良い思い出。

 

 

ちなみに見た目は、海外でも「あんたどこの国?」と不思議がられる容姿です。

 

 

よく言われるのは、「トルコ」とか「イタリア」。

 

 

まぁ、欧州とアジアの中間のような顔立ちをしているんでしょうねぇ…。

 

こんなん。


 

海外でおよそ13年生活

 

 

日本の方が長いですが、人生のおよそ半分が海外です

 

 

欧州の大学に通い、在学中にも休学しながら中国に2年間滞在したり。

 

 

とにかくグローバルな知識と経験をどんどん吸収していた

 

 

それが大学時代。超充実していました。

 

 

卒業時期などは気にせず、仕事もしながらひたすら楽しく海外経験を積みました。

 

 

海外で培ったインターナショナルコミュニケーションのスキルは、カイシャ組織やビジネスの場で、唯一無二の長所であり武器となっています。

  

 

ただ、グローバルな知識と海外経験しか強みがないのも悩みどころ……。

 

 

プログラミングでも学ぼうかな。

 

 


 

4ヶ国語を話します

 

 

ハーフという性質?上、昔から海外の文化とコトバが大好きです。

 

 

レベルに差はありますが、4ヶ国語は一応話せますかね。日本語とドイツ語が母国語。英語はビジネスレベル。あと中国語。(中国語は忘れつつあるかも)

 

 

ちなみに、日本のカイシャが大好きな「TOEIC○○点」とかを鼻で笑います。

 

 

アレ、どんだけ点数高くても指標にならんよ。実際のコミュニケーションの場で、対話の相手の国・文化・思想・宗教とかを知った上で話せないとダメだから。

 

 

グローバルコミュニケーション能力でしっかり勝負できるのが強み。

 

 

コトバだけじゃダメ

 

 

難しいけど、海外とつながることのできる楽しい部分でもある…。

 

 

うん。大学時代の自分の奔放さに感謝!!

 


 

日系の大手一部上場企業に就職

 

 

このブログでもメインになるお話。

 

 

何を血迷ったのか、せっかく海外で卒業して世界を知ったのに、日本で就職。グローバルに活躍できるスキルを引っさげて活躍しようと思って入社。

 

 

「日本生まれで日本育ちだし。まぁなんとかなるだろう!」

 

 

…と、超ポジティブ思考で入社したのも束の間。

 

 

考え方のギャップとカイシャという組織の壁

 

 

コレにぶち当たりました。

 

 

「出る杭は打たれる」

 

 

ハーフというだけで「出る杭」になってしまっているため、超面倒な事態に……。

 


 

4年半で退社→外資系に転職

 

 

なんとか耐えに耐え抜いて、4年半勤め上げました。

 

 

「日系はもうウンザリ」

 

 

マジでウンザリ。これはブログで惜しみなく発信しているので、ハーフもそうでない人も、ぜひご覧あれ。

 

 

ちなみに、その後外資系のカイシャに転職しました。

 

 

でも欲を言えば……

 

 

サラリーマン辞めて独立したかった

 

 

そのくらい、日本のカイシャでの経験が「組織に属すること」を心底イヤにさせました。

 

 

サラリーマン、向いてないかも。

 


 

現在、一児の父です

 

 

「守るものができると頑張る」とはよく言ったもので。

 

 

サラリーマンに向いてなくても結局転職しちゃいました

 

 

子供の存在が、やっぱり安定を求めさせたのか…?

 

 

いずれにせよ、今回の転職先は外資系のドイツ企業。そして、今現在はその企業のローカル採用としてドイツで働いています。

 

 

日本のカイシャにあったダメな部分が無いことに期待

 

(淡い期待で終わらない事を祈るのみ)

 


 

ハーフが「カイシャ」に就職してみた

 

 

そんなこんなで始めたのが、このブログ。

 

 

ハーフで海外思考なコダモンの、日本のカイシャでの奮闘記。

 

 

日本のカイシャには皆無な「ワークライフバランス」

 

 

コレを、実体験をもとにぶった切ります。

 

 

今回転職した外資系企業も所詮「カイシャ」なのか、ついでに見極めてきますね!

 


 

最後に。

 

 

このブログは……

 

 

日本で会社員をしながら「何かが違う」と思っているあなたに読んでもらいたい。

 

 

そして、

 

 

これからサラリーマン/会社員になる予定のあなたにも。

 

 

コダモンが海外視点で見た「日本のカイシャのマジでダメなところ」。

 

 

そして、日本の「働き方」が海外のワークライフバランスからかけ離れている事実。

 

 

4年半の実体験から包み隠さずお伝えします。

 

 

 

「答え」を見つける参考にしてください

 

 

ちなみにコダモンは、

 

 

家族3人で幸せ暮らせるためにより充実した人生を模索中

 

 

日本のカイシャを辞めた事は正解。コレだけは確実に言えます。

 

 

今就職しているドイツ企業。どれくらい働こうかなー。

 

 

もう少しだけ、このお話は続きそうです。

 

 

いつでも是非、このブログに立ち寄って行ってくださいね。

 

 

コダモン