疲労とストレスを耐えて会社に尽くしても何も残らない

過去を振り返って「人生全てを会社に捧げてきた」という人。毎日残業して心身を消耗して、結局何のために頑張ってるの?



 

 

コダモンです。(@_kodamon)

 

 

ドイツの大学を卒業してから、日本で日系の大手のカイシャに就職しました。外資系企業へ転職するまで、4年半ほどの期間を日系企業で過ごしてきました。

 

 

当時勤めていたのは日系の一部上場の大手企業で、その中身は典型的な『ザ・日系企業』。 

 

 

そんな会社で経験した日々は、全てがカルチャーショックでした。

  

企業理念をみんなで唱和したり

 

部長が帰るまで課長が帰宅しなかったり

 

出社時間や休憩時間には厳しいのにエンドレスで残業したり

 

 

ウワサに聞いていたとおりの、ヤバい中身でした。

 

 

その時の自分は、ドイツの大学を卒業して海外経験が長かったせいもあり、日本の職場で繰り広げられる『働き方』が全然理解できなかった。

 

 

当時は中途採用で正社員として入社したのですが……。

 

 

高校卒業後の10年間を海外で自由気ままに過ごして来た自分は、入社後に見事にギャップにぶち当たりました。

 

 

日本生まれ日本育ちだったので、「まぁなんとかなるだろう…」と思っていた。

  

  

……けれど、やっぱりダメでした。 

 

 


1. 仕事と職場の人間関係はストレスだらけ

 

 

日本の会社は、入社した当初から全く合いませんでした。

 

 

その理由は、ドイツハーフでもある自分が「日本のサラリーマン」になりきれなかったから。

 

 

いつまでも続くムダ会議とムダ残業

 

業務の延長上にある付き合いと飲み会

 

プライベートにも支障をきたす職場の人間関係

 

 

海外を経験していたハーフにとっては、全てが不可解でした。

 

 

あからさまに非効率な働き方で集団意識を植え付けてくる部署や上司。そして、年功序列で問答無用に上司や先輩に従う若い社員たち。

 

 

「みんなが残業してるから」

 

 

「上司も同僚も有給休暇を取らないから」

 

 

理解に苦しむような理由で、リフレッシュする事もできず、疲労とストレスだけがどんどん溜まります。

 

 

そんな不毛な職場に身を置き続けること4年半……。

 

 

 

毎日が本当にウンザリでした

 

 

 

職場の人間関係だけでも疲弊しました。集団行動が当たり前の世界でひたすら『周りに合わせながら』仕事をさせられて、「ここでは長く続かない…」と決め付けるのに時間はかかりませんでした。 

 

 

職場で飛び交う日常会話にも、当時は大きな衝撃を受けた。

 

上司A:「昨日は終電逃してそのままカイシャに泊まっちゃったよ」

 

上司B:「俺は近くのカプセルホテル愛用してるよ」

 

上司C:「この間なんて始発で帰って、家でシャワーだけ浴びてきたわ」

 

 

こんな感じ(笑) 

 

 

いや…笑えない。

 

 

日本の会社員はなぜそこまでして会社に尽くすのだろうか?

 

  

海外経験の長かったせいか、日本の職場の常識は全部『非常識』に見えました。そして、そのような空間に身を置くことで、自分の思考も徐々に停止していった。

 

 

ドイツハーフだけど、自分が生まれ育った国は日本です。でも…そこで社会人をすることがここまで辛いとは、夢にも思いませんでした。

 

 


2.  集団行動で何でも『当たり前』になってしまう

 

 

日系企業の代名詞でもある「残業」。

 

 

年功序列のシステムに従って、上司の顔色を伺いながら黙々と仕事をする会社員たち。そんな「ありえない働き方」を疑問視することなく、毎日せっせと残業します。

 

 

そんな日本の会社員にとっては、残業はもはや当たり前。当時の同僚や上司も、家に帰れば妻子がいるのに…毎日夜中まで残業。

 

 

とても根っこが深い問題です。

 

 

「お先に失礼しマース」と言って定時にオフィスを去って行くのは、時短勤務の女性社員や事務系のおばちゃん社員だけ。

 

 

終業のチャイムがオフィスに鳴り響いても…周りの人間は誰一人帰ろうとしません。仕事の終了と『帰宅』を促すチャイムなのに、ピクリとも反応しないカイシャの人たち。

 

 

そのような日本の職場では、「周りに合わせる働き方」が組織ぐるみで行われています。

 

 

定時で帰宅していると、周りから白い目で見られる。

 

 

「何? お前もしかしてヒマなの?」

 

 

そのように言われて、仕事を増やされてしまう事もある。定時に帰宅する社員は『仕事がない』とでも言わんばかりに、上司も同僚も残業ありきでしか物事を考えられないのです。

 

 

そうです…。日本の職場ではいつでも残業する事が当たり前になっているのです。 

 

日本の職場では、社内の人間も取引先の顧客もみんな残業しています。定時が過ぎてから仕事をする事が常態化してしまっているのです。「残業 = 勤勉」という間違った認識も多く、集団的に残業が行われます。

 

 

夜遅くまで残業している社員を「偉い!」「頑張っている!」などと評価する風潮も、残業に追い打ちをかけています。

 

 

本来は部下の仕事の量をマネジメントすることが上司の役割なのに、上司が率先してお手本のように残業するのが日本です。

 

 

そのような不毛な職場でこらえ続けること4年半。

 

 

周りに合わせながら働くことにもホトホト疲れ、ワークライフバランスは音を立てて崩れ落ちて行きました。

 

 


3. 日本の常識は海外では通用しない!

 

 

ドイツの大学を卒業してから、日本の大手に就職していた4年半。

 

 

その中で、一度として自分に納得できた時期はありませんでした。

 

 

「何かが違う

 

 

「自分はこんな事がしたかったのだろうか…?」

 

 

入社当初から思い悩み、めんどうな人間関係や雑用などを経験させられるたびに、苦悩は増えました。

 

 

残業して遅くまでデスクに残ったり、行きたくもない飲み会に駆り出された時に、「本当にこのままでいいのだろうか?」と考えていた。

 

 

職場の人間は、半ば諦めたような顔で働く同僚ばかり。思考停止でただひたすら仕事に明け暮れる人たち。

 

 

「会社の常識が世界の常識!」とでも言わんばかりに暗黙のルールを守り、年功序列と古い慣行に従いながらストレスを貯蓄します。

 

スキルや職務内容で給与が決まる海外に比べて、日本企業では決まった初任給を基礎に、社員の勤続年数や年齢によって賃金と職級が上がります。そのため、勤続年数だけムダに長くて「自分は偉い」「自分がルール」などと勘違いする人が多いのです。

 

 

ドイツハーフのコダモンは、ドイツ人のようなサバサバした考え方もすれば、日本人の思考回路に合わせたような会話と対応もできます。

 

 

そのおかげで、これまでの社会人生活で文化と考え方がお互いに交差しギャップが生まれる現場を何度も見てきました。日本人が海外勢を相手にビジネスをすると、必ずと言っていいほど簡単なコミュニケーションでつまずくのです。

 

 

ドイツ人は余暇をとても大事にするのに、夕方になってから日本から仕事のメールを飛ばしたり。ドイツ人のケータイに、日曜日にもかかわらず仕事の電話をかけたり。

 

 

残業や休日出勤は日本ではよくあることかもしれませんが、ドイツでは珍しい。

 

 

日本式の働き方は海外では「ありえない働き方」なのです。

 

 

民族性や文化の違いではなく、日本の働き方は異常。ただ純粋に過労につながるだけの働き方です。

 

 

それらが「当たり前」のように行われているのが日本で、従順に仕事をするのが日本の会社員。自分も4年半みっちり経験した、心身を消耗するサラリーマン生活です。

 

 


4. 日系企業に就職してみたらヤバかった

 

 

わたくしコダモンが当時所属していた営業部には、古参の社員が何人もいました。

 

 

彼らが、「俺が若かった頃は…」と武勇伝的に語る内容は、どれも愕然でした。そして、根性論で戦い抜いてきた上司は、よくこんなことを言っていた:

 

  

「ヒラの時はたくさん残業して先輩の仕事を見て覚えた!」

 

 

「上司より先に帰宅するなどありえない!」

 

 

このような世界の非常識を、さも誇らしげに語る会社の人間。

 

 

そのような人たちは、会社が「生きがい」だと本気で信じている人なのです。

 

 

高度経済成長の惰性から終身雇用と年功序列にしがみついてきた人たち。

 

 

自身の健康より、家族との時間よりも優先するものは「会社」と「仕事」。

 

 

ドイツハーフにとっては、そのような人たちとは波長が合わないどころか、自分は完全に違う人種なのだと気付かされました。

 

 

息苦しくも逃げ場のないような環境で働く会社員たち。その中には、毎朝の出勤が嫌で嫌で仕方がない人もたくさんいるでしょう。

 

 

それでも、今日もその重い足を引きづりながら、満員電車に揺られながら職場へと向かう。

 

 

そして夜遅くまで働いて帰宅したら、また明日のことを考えて気が重くなる。

 

 

 

 

そこまで疲労とストレスを耐えて会社に尽くして、何になるの?

 

 

 

本当に不思議でしょうがない。

 

 

あなたが心身を消耗して企業に尽くしても、それは会社の収益につながるでしょうが、誰も褒めてくれません。 

 

 

そして、自分が尽くした先の会社は、顧客と株主たちを満足させるために存続します。

 

 

会社員などは、所詮その組織と仕組みを動かすための歯車の1つに過ぎない。そして…。

 

 

 

壊れた歯車はカンタンに取り替えられる!

 

 

 

心身に支障をきたして動かなくなった歯車は、お金でもなんでもかけて代替品と交換するだけなのです。それでも、会社に尽くそうと思いますか?

   

 

 


5. ストレスから逃げて会社を辞める選択肢

 

 

わたくしコダモンは、社内における価値観のギャップに苦しみながら、なんとか自分が納得いく期間を勤め上げました。

 

 

そして、カイシャを辞めた。

 

 

自分の目標に向けて頑張ってはいましたが、基本的には入社当初からずーっと辞めたかったです。

 

厚生労働省の調査によると、新卒採用で入社した社員のおよそ3人に1人が入社3年以内に会社を辞めると言われています。

 

 

東証一部上場の大手企業の正社員として入社して、福利厚生も充実していた。いわゆる「安泰」が約束されていた環境です。

 

 

それでも、最終的にその会社に残る理由は何一つ無かったです。

 

 

会社員をするのも、入社後半年で辞めるのも、定年まで同じ企業で勤め上げるのも、それは個人の自由です。色々な形の社会人生活があると思います。

 

 

それでも大事なのは、「このままでいいのだろうか?」と自分に問うことです。

 

 

毎朝満員電車に揺られて疲れながら出社する人

 

毎日デスクで昼食を取るほど忙しくてリフレッシュもできない人

 

毎晩遅くに帰宅して家族と過ごす時間すら持てない人

 

 

それでいいんでしたっけ?  

 

 

「収入が安定しているし年功序列で昇給/昇級できる!」

 

「福利厚生が充実している!」

 

「勤続年数を伸ばせば退職金がたくさんもらえる!」

  

 

それ、本当にそんなに大事なことですか? 

 

 

 

わたくしコダモンは、日本での4年半の社会人生活は…本当に疲れた。

 

 

仕事が大変なのではありません。「日本の会社」に疲れたのです。残業や休日出勤、ムダ会議やくだらない飲み会、職場のめんどうな人間関係などなど。

 

 

「もう、これ以上人生を搾取されたくない」そう考えたコダモンは、あっさりと会社を辞めていました。

 

 


6. 自分の現状を見直して見る

 

 

「自分の中の何か」が毎日少しずつ消耗されていった、日本での4年半。

 

 

海外のスタンダードを知っていたからこそ経験できた、「普通じゃない世界」。

 

 

そこに、もう戻ることはないでしょう。

 

 

ワークライフバランスが皆無だった、日本の職場。

 

 

サラリーマンというただの歯車にもかかわらず、悲しいくらい会社に傾倒していた、当時の上司と周りの同僚たち。彼らは、心身を消耗させながら今日も働いていることでしょう。

 

 

そのような働き方は、日本生まれ日本育ちのハーフでも理解できなかった。

  

 

「ハーフだから理解できなかった」のではありません。

 

 

海外で10年以上暮らして、グローバルスタンダードを知ったハーフが、凱旋帰国して日本で就職してみた結果です。 

 

 

 

 

わたくしコダモンは「会社を辞める」ことで、次の一歩を踏み出せました。

     

 

あなたの現状はどうですか?  

 

 

 

コダモン

 

関連する記事を読む: