· 

ドイツなどの海外で働くための転職と就職活動

海外で働くための就職活動。難しいようで実はとてもカンタンなその中身を、転職経験者のコダモンが教えます。



 

 

「海外で働きたい!」

 

 

そのように思っても、海外で仕事を探すことは日本とは勝手が違います。一体何から手をつければいいのか? わからない人が多いのではないでしょうか。

 

 

駐在員としてではなく、実際に自分の力で海外へ行き、海外で働くこと。それは簡単な事ではありません。

 

 

それでも、実際に日本とドイツの両方で社会人を経験を活かして、まとめてみました。

 

 

かなりの長文になっていますが、できるだけ細かくわかりやすく書いてみたつもりです。是非最後までお付き合いください。

 

 

ちなみに、今回は『ドイツで働くこと』を軸に紹介します。

 

 

ドイツで働くための『就労ビザ』 ("Aufenthaltserlaubnis") の取得条件は、前回の基礎編でもお話した通り、正社員でドイツ就職が決まっていることが前提条件です。

 

 

では、実際にどのような就職活動をすればいいのでしょうか? 

 

 


ドイツの就職活動事情

 

 

まず、ドイツ社会の「就職と就活事情」を知りましょう。日本のそれとは、かなり異なります。

 

 

日本のサラリーマンは終身雇用の名残も手伝って、長期的に同じ会社に留まることを「良し」としますよね。年功序列の会社が多い中で、社員はエスカレーター式の昇級と昇給に期待する。

 

 

「自分はこれから定年までこの企業に勤めるから、たくさん昇給して退職金をもらって…」

 

 

そのように考える人が多いと思います。企業側も、育成と教育込みの「長期的なスパン」での採用を考える傾向にある。

 

 

しかし、ドイツは実力主義。そして、企業が求めるのはいつの時代も即戦力。

 

 

同時に、海外は就職と離職のサイクルがとても速く、日常的に「あの人が辞めた」とか「外部から新しい上司が来た」という状況が発生します。そして、それはまったく珍しい事ではない。

 

 

新しい人材の採用にあたって、企業が即戦力を求める傾向は『大学を卒業したばかりの新卒』に対しても同様です。学位を取るだけで無く、実務経験が問われます。

 

 

そのようなドイツ社会の中では誰もが「個のスキル」で戦う必要があるため、結果的に新卒採用もキャリア採用も同じ土俵でしのぎを削るという図式が出来上がります。

 

 

言い方を変えれば、 ドイツで企業が募集をかけている求人には「新卒採用枠が少ない」という理解になります。新卒が就職活動をする場合でも、社会人数年目の人達と対等に渡り合う必要があるのです。

 

 

海外の求人情報をざっと見渡すと、そのどれもが一定の実務経験に基づくキャリア採用となっています。新卒ならば、在学中にインターンなどを経験している必要があるという事です。

 

 

これが何を意味するかというと…。

 

 

職務経歴書が興味深い内容でなければいけない! ということになります。

 

 

単純なようですが、これが難しい。ドイツ企業が欲するスキルや経験を持ち合わせている人材でなければならないのです。

 

 

日本では、「東大出身」など大学の肩書だけで優劣が決まる場合もありますが、ドイツでの就職活動において「大学名」はほぼ無意味。卒業成績と実務経験が問われます。

 

  

ドイツは日本ほどの学歴社会では無いため、ドイツ人は即戦力に対する採用時の判断材料として、あくまでスキルや中身を重視するのです。

 

 

既に社会人経験がある方は、さらに追加で「これまでの職歴と業務内容」が物を言う。

 

 

では、そのように「実力」だけが問われる海外への就職で、どのような中身の職務経歴書を作ればいいのか? お教えします。

 

 


職務経歴書

 

 

海外企業向けの職務経歴書の「書き方」については、様々なサイトで懇切丁寧に紹介・説明されているので割愛します。

 

 

ここでは、わたくしコダモンのこれまでの経験から最低限把握しておくべき3つの項目をまとめました:

  

 

 

 ・多国籍国家ならではのルール

ドイツは様々な人種と宗教が混在する多民族社会であり、人の採用に際しても「公平平等」を目的とした配慮があります。求職者の性別や年齢、出自などが合否の判断材料になってはいけないという人権的な観点からです。そのため、履歴書の個人情報欄は必要最低限の情報のみ記載しましょう。名前と住所、連絡先と国籍以外は必要ありません。写真の添付すら必要がないケースもあります。

 

 

・アピールポイントは「成果」と「スキル」

ドイツでは学歴よりも『実務経験』と『卒業成績』が重視されます。職歴も同様で、「個人の成果」を前面に押し出す書き方をします。応募するポジションに求められる職務内容と経験に合致する部分に焦点を当てて、完結にまとめること。語学力や資格なども含め、全て書面で提示できれば尚良しです。前職の“Arbeitszeugnis” (= 職歴証明書) は離職の際に人事から必ず発行してもらいましょう。

 

 

・有益な情報は全て載せる

 ボランティア活動やスポーツ関連の表彰など、社会福祉活動や健康的なアクティビティも採用の幅を広げます。これらは人格の信頼性や社会性などの面でドイツの採用担当に高く評価されます。面接の際の質疑応答で、話の幅を広げるための材料にもなります。


就職先の探し方

 

 

まず、基本的な部分の再確認ですが…。

 

 

ドイツには新卒一括採用がありません。

 

 

そのため、ドイツには「就職活動」や「就活シーズン」という概念が存在しない。

 

 

ドイツの学生はみんな卒業のタイミングが異なるので、就職の基本的な理解としては『通年採用』となります。企業は年間を通していつでも募集している事になります。

 

 

日本のように、ある時期に企業側がいっせいに募集を開始し、学生が一斉にワサワサと就活をスタートさせる事がありません。ドイツには就活シーズンがないのです。

 

 

ここでは、その意味合いをわかりやすくするために「就職活動」としますが、ドイツでは新卒の就職活動も社会人の転職も、一律キャリア採用という扱いになります。

 

(あわせて読みたい)

 

 

多くの学生は卒業後の「即戦力採用」を目指して、在学中にインターンなどを通して「職務経歴書」を磨き上げます。特に理工系(情報科学、機械工学や電気工学)の学生などは、在学中からその実力が問われるので、即戦力としての採用が多い。

 

 

このような観点からも、あなたが「日本人」であることを除けば、スタートラインに立つ時の条件は同じ。採用に関してはみんな同じ『実力主義の世界』で戦うという事です。

 

 

唯一不利なのは、日本の大学在学中に実務経験を積めなかった人。ドイツ人やその他欧州の就活生たちと比べると、履歴書が見劣りする可能性があります。

 

 

既に社会人経験がある方は書類選考をパスする確率が高いと想像しますが、それでも各々のスキル次第では誰にでもチャンスがある。新卒や社会人問わず、参考にしてみてください。

 

 

それでは、具体的にどのように就職先を探せばいいのか? 見ていきましょう。

 

 


エージェントを介して探す

 

 

ちょっとありきたりですが、やっぱり日本の「海外就職エージェント」を使うのが1番簡単です。

 

 

求人企業の状況やニーズを熟知しているプロに委託することで、自分では探しきれないような案件を提示してくれる事もあります。

 

 

また、彼らの成功報酬は採用となった企業から支払われるので、基本的に求職者には費用負担が一切発生しません。

 

 

優秀なエージェントが担当につくかどうかは運次第ですが、希望条件を精査した後に、それにマッチするよう最大の努力をしてくれます。

 

 

エージェントによる仲介を選ぶ場合は、次のことに気をつけましょう。

 

 

 

・メールに安易に反応しない

転職サイトに登録すると、その瞬間からたくさんのスカウトを受ける事になります。自分の過去の経験では30~40通のメールが一気に届きました。エージェント達が「こんな良い案件ありますよ!」「まずはお話だけでも!」と押しかけてくるのです。その中でも、優秀なスカウトは『希望条件を最大限考慮』してくれます。じっくり腰を据えて対応してくれる人に担当してもらいましょう。

 

 

・転職は必ず「自分本位」で!

転職エージェントにとっては、求職者が優秀であればあるほど「報酬」への近道となります。転職を成功させればインセンティブが入るからです。全力でサポートしてくれる人もいれば、私利私欲に走るダメな人もいる。実際過去に1社の内定に対して『即決』を求めてくる危険人物もいました。最終的に条件面で折れるかどうかは本人次第ですが、海外では何でも交渉できます。欲張りすぎない程度に希望条件を貫きましょう。

 

 

英語力をアピールする

二度手間ですが、英語の経歴書作成にもしっかり時間をかけましょう。担当エージェントが外国人である可能性も考慮すると大事な作業です。海外で働きたい場合は、職種が何であれ英語はつきもの。ドイツでの就職となる場合でも、社内の公用語が英語であるケースも多いので英語のCVは常に準備しておきます。


現地企業の求人に応募する

 

 

こちらの方法もシンプル且つ効率的。少々難易度は上がりますが、現地企業の求人に直接応募することも可能です。

 

 

 

海外企業のサイトには、日系企業と似たような構成で、ホームページ上に “Job“ や “Career“ という枠で募集をかけているところが多くあります。オンラインエントリーを実施している企業はたくさんあるのです。

 

 

ドイツ語の場合は、“Stellenangebote“ というリンクから求人情報が見れます。必要書類さえ揃っていれば、そのように企業のホームページから直接応募できます。

 

 

応募するポジションに対する希望条件や基本事項の記入に加えて、カバーレター、履歴書及び職務経歴書、特記事項などを添付してアップロードする方法です。

 

 

これが完了したら、あとは野となれ山となれ。現地の採用担当者から、メールもしくは国際電話で連絡が来ます。

 

 

 

最初から最後まで「外国語」でやり通す必要があるため難易度は高いですが、日本では得られないような求人に出会えるところが魅力です。

 

 


ヘッドハンティングされる

 

 

運要素も絡みますが、実はコレが一番賢い就職/転職の方法です。

 

 

ヘッドハンティングされるという事は、将来の就職先から「君に決めた!」と言われてから転職活動を行うようなもの。面接をする前から内定をもらったようなものです。

 

 

ただし、一言にヘッドハンティングと言っても様々なケースが想定されます。

 

 

例えば学生の場合。大学生も企業からヘッドハンティングされることはあります。

 

 

いわゆる「青田刈り」ですが、企業が目を付けた学生にオファーを提示することは珍しくありません。

 

 

わたくしコダモンも、ドイツの大学時代に実際に経験しました。学生バイトのような感覚で働いていた企業での話ですが、語学スキルなどが高く評価されて「卒業したら是非ウチに来なさい」と、役員から直接名刺を渡されました。

 

 

このように、企業側は「使えそうな人材」に対するアンテナを常に張り巡らせています。その対象がまだ学生でも同様です。

 

 

ただし、これをターゲットとする場合は大学在学中に企業でインターンシップをする事が必須です。そして、海外で働きたい場合は『外資系企業でのインターン』となります。

 

 

そして次に、社会人の場合。 

 

 

社会人の場合はもっと現実的で、『外資系企業と接触する機会』があれば引き抜かれる可能性があります。

 

 

これも、実際に経験しました。

 

 

日本で日系企業に勤めていた当時、顧客として来社したドイツ企業のドイツ人マネージャーに気に入られて、後日会社のデスクに直接電話がありました。ドイツ語のやり取りなので周りにはバレませんでしたが、かなり強引なやり口に困惑したのを覚えています。

 

 

その時はメールのやり取りなども通して、「転職の条件は?」「いくら欲しいの?」等々かなり具体的な話まで進みました。

 

 

最後は丁重にお断りしましたが、ヘッドハンティングは日常的に行われます。日系企業の間では珍しいですが、海外では当たり前。

 

 

ビジネスマンが集う社外講習や企業が集まる展示会などでは、ひっきりなしに『転職』をチラつかせる話を持ちかけられます。

 

 

競合他社への転職などの場合は、無条件で「2倍の給料でどう?」などという、夢のような引き抜きの話だってあるのです。

 

 

グローバル化が進むビジネスシーンの中で、日本語は比較的「ニッチな言語」で尚且つ需要が高い。英語のスキルが前提になるますが、日本でビジネスを展開する企業にとって優秀な日本人は『おいしい存在』なのです。

 

 


就職のための前提条件

 

 

口が酸っぱくなるほど言いますが、海外で働きたいならばまず『語学スキル』が大前提です。

 

 

海外のどの企業のどの募集要項を見渡しても、その国での言語が母国語レベル、またはビジネスレベルの英語能力が必ず求められています。

 

 

以前 (基礎編) でもお伝えしましたが、海外で働くという事は「海外で生活をする」という事。ワークライフバランスや高年収などに憧れる前に、現実問題として海外の暮らしが好きでないと続きません。

 

 

そして、それを決定づけるのが語学です。

 

 

 

海外企業の求人にマッチするスキルとしての「語学力」もそうですが、そもそもあなたの海外生活をより幸せなものにする手段としても、言語のスキルは欠かせないのです。

 

 

では、実際に『どのような日本人』が海外では求められているのか? 具体的に見ていきましょう。

 

 


ドイツ企業が実際に求める人材とは?

 

 

ドイツを例に、今日現在 (注: 2019年1月25日時点) ネット上で実際に募集のある求人を2つほど例に挙げてみます。

 

 

事例1) 自動車サプライヤーの求人「営業技術」

 

 

 

 

これは、「日本市場向けセールスエンジニア」の募集です。

 

 

勤務地はハンブルク、正社員 ("Feste Anstellung") での採用枠ですね。

 

 

中身をざっとチェックすると、「技術系の大学卒、もしくは同様の専門知識を持ち合わせていること」と書いてあります。あくまで技術寄りの営業ポジションの募集です。

 

 

採用枠は、アジアのリージョンマネージャーが上司となる位置。そのため、おそらくマネージャーレベルでの採用枠です。日本で言えば係長〜課長クラス。

 

 

そして、この求人1番の見どころは、やはり何と言っても募集要項のこの部分: 

 

 

 

訳します:

 

 

「日本の市場を担当していただく前提条件として、日本語が母国語レベルであること、また、日本の(ビジネス)文化に精通していること」

 

 

これ、「おいしい!」と思いませんか?

 

 

高いレベルの日本語能力を持つ人は、海外にはそうそういません。大学で日本語を学んだ外国人であっても、『日系企業を相手に日本語でビジネスを展開させる』ことは難しいでしょう。

 

 

そうなのです。この募集枠は…。

 

 

「ウチは英語かドイツ語ができる日本人を探してるよ!」

 

 

そう言っているようなもの。営業経験と英語スキルがあれば、ドイツで働くチャンスはこんな所に転がっているのです。

 

 

本当にドイツで働きたい、移住したい場合は、こういった募集に対してイニシアチブで応募してみることで可能性が一気に広がります。

 

 

 

事例2)  自動車サプライヤーの求人「営業」

 

 

「日本語を話すsales engineer / 車載アングルセンサーのサプライヤ」の募集です。

 

 

やはり自動車大国ドイツ。ざっと検索するだけでも、その『クルマ業界率』は高いです。

 

 

前述の求人と似たような営業ポジションでの案件ですが、実はコレ、日系企業のドイツ支社での採用案件なのです。

 

 

企業名はふせられていますが、勤務地がドイツの "Ulm" という比較的小さな街であることや、意外とサプライヤの少ない製品群である事などから、ネット検索で簡単にその会社名をつきとめる事ができます。

 

 

何はともあれ、この求人。これも一目見て「おいしい!」と思いませんか?

 

 

募集要項の中で、すでに「日本語スキル」が求められている。そして、ドイツにおける法人営業を担当するポジションです。おそらく、欧州の日系メーカーを担当するポジションでしょう。

 

 

ちなみに、お気付きの方もいるかもしれませんが、前述の案件とは違い、この2番目の案件は『英語表記』です。ドイツ国内での採用でも、このように全て英語でなされるケースもあります。

  

 

これらの求人は、ドイツ語のネット検索で "Japanisch"(日本語)、 "Job"(仕事)という2つのワードで検索するだけですぐに見つかります。

 

 

あくまで例ですが、このように『日本人』と『日本語』を欲する会社はたくさんあります。高いスキルと語学力があれば、海外の転職市場に需要はあるのです。

 

 


内定までの選考プロセス

 

 

ここでは、エージェントを通さずに求人に直接応募してみたケースを想定します。

 

 

応募書類をアップロードまたは送付すると、まずは企業の人事からメールなり電話なりで通達があります。

 

 

まず考えられるのは、本人確認や書類内容の確認でしょう。

 

 

 

応募書類と内容の確認

海外企業の人事がまず気にするのは、国籍と居住地。いずれも『日本』となっているので、電話やSkypeなどのビデオ面接だけならば楽ですが、直接面接でないと採用は難しい…という海外企業も当然存在します。日本に支社がある場合は調整が可能かもしれませんが、基本的には「面接に際して現地入りは可能か?」「将来的な移住は?」などの基本的な確認事項が考えられます。 

 

 

また、ドイツの求人は年収を明記していない場合がほとんどです。そのため、応募者の希望年収が予想より高くても「欲しい人材」であるならば、そのままいったん書類選考通過の通達へとなります。

 

 

無事に書類選考を通過した場合は、次に面接が待っています。

 

 

求人にエントリーしたらWebでの適正検査があって、一次、二次と面接があって、役員面接があって…というのが日本では普通ですが、それに比べると海外の採用プロセスは簡潔です。

 

 

まず、ドイツなどでは、適性検査などの試験を導入していない企業がほとんどです。

 

 

そして、日本のように何回も段階を踏んだ面接はない。多くても2回でしょう。

 

 

わたくしコダモンがドイツで転職した時、面接は2回だけでした。いわゆる2次面接では、人事マネージャーと営業統括という偉い人達に囲まれての面接。

 

 

結果的にそれが最終面接だったわけですが、本当にサクサク進んでびっくりしました。

 

 

そのため、逆の言い方をすれば、書類審査を通過すれば50%はクリアしたも同然なのです。

 

 

企業から連絡があって「是非面接したい」となったら、素直に喜んで良い。

 

 

日本からの転職/就職活動は、やはり海外へ現地入りして面接する事になる可能性が高いです。そのため、理想としては2〜3社の面接ゲットしつつ、弾丸ツアーを組むような形で現地に赴くのが良いでしょう。

 

 


 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

海外在住13年以上のドイツハーフが、実際にドイツで転職した経験からそのノウハウをまとめてみました。

 

 

「日本から海外の就職活動ってできるの…?」

 

 

そのように思い悩んでいた人も、そこには必ず可能性がある事をお伝えしたい。そして、実際に行動に移せば、実は以外とスラスラ話が進んでしまうこともあります。海外就職は、決して夢物語ではない。

 

 

海外で働きたいと思っている人は、やはりまず語学力を上達させること。

 

 

あとは…。実際に行動に移してみるのみ、です。

 

 

海外進出を目指すみなさん。応援しています!

 

 

コダモン

 

 

 

関連する記事を読む: