残業をしないで定時に帰る働き方

『わたし、定時で帰ります。』を実際に職場で実行するためにはどうすればいいのか? 



 

 

コダモンです。

 

 

日本では最近残業をテーマにしたドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS火曜午後10時~)が人気のようですね。

 

 

吉高由里子さんが演じる主人公は、『毎日定時で帰る』がモットーの会社員…という設定だそうです。

 

 

午後5時半などの定時で仕事を切り上げて、家族や趣味の時間を充実させたり、行きつけの居酒屋で飲んだり…。そのような働き方は、誰もが理想とするものではないでしょうか。

 

 

日本の多くの職場では残業が当たり前のように行われ、「定時に帰りづらい」という風潮が残っています。

 

 

ドラマの主人公のように仕事とプライベートにメリハリをつけて働くことは、簡単なことではありません。テレビの前で、「でも現実はそこまでうまくいかないよなぁ…」と思っている人も多いはず。

 

 

では、実際に定時で帰るにはどうすればいいのでしょうか?

 

 


1. 日本では残業が当たり前

 

 

まず、残念な事実として…。日本の企業には「残業は当たり前」という意識が今も根強く残っています。

 

 

そのため、日本で会社員をしていると基本的に『残業』がついてまわる。

 

 

未だに「残業する人は頑張っている」「残業する人はエライ」という思考を持っている人が、日本の職場にはたくさんいるのです。

 

 

それはもちろん、今の若い世代からはまったく受け入れられない、時代遅れな考え方。働き方改革で残業を減らす動きが進んでいますが、職場で実際に顔を合わせて働く人たちの思考はまだまだ『古い』です。

 

 

「自分は毎日たくさん残業している」という事に誇りを持つオッサン上司たちも、その働き方をよくよく観察すると勤務時間にタバコをスパスパ吸っていつまでもダラダラ働いている…などという事はザラです。

 

 

「残業代が出るから」と言って、明らかに仕事が無いのにムダ残業を繰り返す人もいます。

 

 

そのような環境が日本のカイシャには多く見受けられるので、職場には定時で帰り辛い雰囲気があるのです。

 

 

仕事が終わって帰ろうとすると、周りの人間はみんなまだ机に向かって何やら忙しそうにしている。そのため、先に帰ろうとすると「あいつまたかよ…」というイタイ視線を感じるのです。

 

 

最終的には、人間関係の悪化などが怖くて、ついつい周りの仕事が終わるまで待ってしまう人もいるのだとか…。仕事をしているフリを続けるのは辛いでしょう。

 

 

このように、どうしようもないほど高率の悪い働き方が、毎日日本のどこかの職場で行われているのです。

 

 

でも…。そんなものに付き合っているほど、こちとらヒマじゃない。そう思いませんか?

 

 

支払われる給与は変わらないし、どうせ同じ会社員をするならば、早く帰れるに越したことはない。

 

 

仕事が終わったら、あとはさっさと帰りたい。友達と飲みに行ったり、映画を観に行ったり、家でマンガを読んだり。カイシャ以外にやりたい事は山ほどあります。

 

 

そもそも、仕事をする上で本来大事なのは時間内にいかに効率良く動くかということ。

 

 

仕事の量が多すぎていくら頑張っても残業が減らない…という状況ならまだしも、いったい何が悲しくて周りのムダ残業に付き合わなければいけないのでしょうか?

 

 


2. なぜ残業が無くならないのか?

 

 

日本の企業に根強く残る「残業は当たり前」という意識。それ以外にも、物理的に残業が無くならないという状況があります。

 

 

例えば、営業職の人。彼ら/彼女らの業務には、顧客や店舗などの対応から、社内の各部署をつなぐ折衝業務などがあるため、「なかなか自分のペースで仕事を進められない」という事実があります。

 

 

要するに、いくら自分の仕事を効率よく時間内にこなしても、他部署や他社など『周りからのレスポンス』がないと仕事を進められない状況が生まれるのです。自分がいくら頑張ったところで、関係者がみんな『残業ありき』で物事を進めようとするので、そのしわ寄せが自分にも来てしまう。

 

 

このような状況は、世界のどの職場でもあり得る事なのですが…。残念ながら日本は特にヒドイです。

 

 

その理由は、前述の『残業は当たり前という意識』です。

 

 

社内の人間も顧客もみんな『残業は当たり前』だと思っているので、定時が過ぎても追加の仕事の依頼が来たり、夜8時に電話がかかってきたりするのです。

 

 

全ての関係者が、業務時間外のメールや電話対応も当たり前だと思って働いている。そのため、『いつまで経っても仕事がなくならない』という無限ループから抜け出せなくなる会社員がたくさんいます。

 

 

上司も当然のように残業しているので、定時に帰ろうと支度をしていたら「これもやっておいてよ」などと言われたり…。

 

 

これらは、ドイツなどの欧米諸国では考えられない事態です。顧客も含めて残業をしない働き方が徹底されている海外では、定時となる午後5時くらいになるとパッタリと誰も働かなくなります。コンプライアンスを重視する環境と大義名分のもと、みんなさっさと帰宅していくのがドイツの職場。

 

 

しかし、残念ながら日本にはそのような環境がない。

 

 

日本の社会人として自分を取り巻く環境には、「新卒時から残業文化に染まった人」が必ず存在します。社内にも社外にも、残業を基準に仕事を進めて残業時間で評価を決める人がたくさんいます。

 

 

いつまで経っても仕事が減らない背景には、慢性的な長時間労働を続ける日本人の働き方があるのです。

 

 


3. 残業をしない働き方

 

 

みんなが残業している中、一人だけ定時で帰る事に対する風当たりは強いです。

 

 

それでも定時に帰りたい人は、何を実行すればいいのでしょうか?

 

 

3.1. 働き方を変える“意思表示”

まず、あなたの置かれた状況を変えます。そのために、自分は残業をしないという意思表示をしましょう。今のあなたは「残業をしないと怒られる…」と勝手に思い込んでいるだけ。実際に毎日定時で帰ってみた経験も無いのに、部署も上司も同僚もみんな残業をしているから、その働き方がマストだと勘違いしているのです。その状況を変えるために、やるべき仕事が終わったら「今日はこの後予定があるから」「今朝早く出社して仕事したから」などの理由で、周囲や上司に意思表示をした上で『定時に帰る人』の印象を持たせましょう。

 

 

3.2. 仕事の効率化

実際に定時で帰り、なおかつ周囲を納得させるためには、決められた仕事をきっちりと時間内にこなす必要があります。実際に定時で切り上げるには、これが1番の関門となるでしょう。社内だけでなく、取引先などの対応も就業時間内に完了させるためには、あなたの職種や業種に合わせた『あなただけのシステム』を構築する必要があります。具体的には:

 

「締め切りがその日にあるものを優先させる」

 

「その日の“To Do“を何度も更新して管理する」

 

「16時以降の会議には参加しない」

 

「明日できることは明日やる」

 

などなど。そのような積み重ねで、定時以降に仕事が発生しないための自己管理とリズムを作り込みます。

 

 

また、顧客に「この人は午後6時以降はつながらないけど翌日対応が早い」などの印象を植え付けられれば、定時後の仕事を回避でき、翌日対応をスタンダード化させることもできます。

 

 

ちなみに、上司たちは「デキる部下」に仕事をふりたがります。それが自身の時短にもつながるし、余計な手ほどきを省けるからです。そのため、仕事を効率良くこなす事は仕事が増えるリスクと隣り合わせです。継続的に定時で帰るには、この部分をコントロールする必要があります。

 

 

3.3. 仕事を引き受けない

仕事を効率よく就業時間内に終わらせられるようになったら、今度は仕事を断る事をしましょう。早く的確に仕事をこなせるようになると、自動的に様々な方面から仕事を増やされます。仮に『残業をしないと完了できない追加業務』を与えられたら、それは上司の部下に対する甘えです。上司が部署の中の仕事量をマネジメントできていない証拠であり、あなたがそれに付き合う必要はありません。同時に、『他の同僚でも担当可能な案件』には敏感に反応し、手を出さないこと。場合によっては丁重にお断りしましょう。

 

 

これらの行動を実行に移すと、必ずと言っていいほど周囲の反感を買います。

 

 

あなたは「自分勝手」「周りに迷惑をかけている」とのレッテルを貼られることでしょう。

 

 

ブラックな上司からは「部下が仕事を断るな!」などと言われて、プレッシャーをかけられるかもしれません。

 

 

でも、ちょっと考え方を変えてみてください。

 

 

仮に部署の全員があなたのように定時で帰る働き方をすれば、上司もカイシャも必然的に『残業ありきの働き方』を変えなければならなくなるのです。

 

 

あなたがそのパイオニア的存在となるか、はたまた残業を続けて周りと同じように損な人生を送るのか…? 

 

 

その違いはとても大きく、また紙一重です。

 

 

毎日定時で帰る同僚をうらやましく(うらめしく)思って残業を続けるか、それともあなた自身も行動に移すか。会社員生活における『分かれ道』です。

 

 

本当に定時で帰りたいなら、まずはきっちりとやるべき仕事をこなす。そして、それが終わったらさっさと帰る。

 

 

『残業をしない働き方』は、あなたが行動に移すことでしか実現できません。

 

 


4. 定時で帰るために徹底すること

 

 

まず、1つだけ断っておきたいのですが…。

 

 

「仕事で成長したい」「社内で認められたい」のならば、残業は必須です。

 

 

知識経験をたくさん得るために人一倍働いたり、他人が嫌がる仕事にも率先して参加したり、自分の本来の仕事以外の業務を引き受けたり。自分のキャリアを考えた時に『どこを目指すのか?』ということは、社会人のみなさんの自由です。

 

 

成長の過程では、人一倍頑張ったという時期が必ずあるため、スキルアップや昇進を考える時には必ず残業が発生します。

 

 

そのため、言い方を変えれば、定時に帰るという事は『会社員としての何かを犠牲にする』という事になります。

 

 

それは欧米諸国でも同じで、会社として大事な時期や、重要な案件が佳境になるとそこには少なからず残業が発生するのです。ただし、それが慢性的になるのはダメ。

 

 

就職した先にブラックな上司がいれば、あなたが『残業をしない』ということを針小棒大に取り上げて、仕事の成果を見ないうちにネガティブな評価を下すかもしれません。

 

 

そのため、

 

 

「ワークライフバランスを充実させて、健全な社会人生活を送りたい!」

 

 

そう願う人だけが、定時に帰る事を目標にすればいいのです。

 

 

実際に『定時で帰るための働き方』を確立できたら、そこからが本当の勝負です。

 

 

「お前だけ残業をしないのは自己中心的だ!」

 

 

「チームの和を乱している!」

 

 

「毎日定時で帰るほどヒマなのか!?」

 

 

そのように言われたりするかもしれません。定時で帰る人に対しての風当たりはキビしいでしょう。同僚や上司とバチバチになります。

 

 

そのため、定時で帰るために徹底しなければいけないのは、後にも先にも「私は自分の仕事をキッチリ終えている」と周囲に認識させること。

 

 

「仕事が終わったのだから帰るのは当然」というスタンスを貫くことが大切です。

 

 

最終的に、あなたは「同僚がペチャクチャおしゃべりをしている時間」「タバコをダラダラ吸う時間」などを返上して、正規の就業時間の中でテキパキと働く(姿勢を貫く)必要があるのです。

 

 


5. 社員が残業をしなくなる日

 

 

「自分に明確な目標がある場合」や「仕事が楽しい場合」は、健全な範囲でおおいに残業をすればいいと思います。

 

 

将来のキャリアのために、若いうちにたくさん残業をして知識経験を身に着けるのも、決して悪い事ではない。

 

 

しかし、慢性的な残業で感覚がマヒしてしまっている人は要注意です。

 

 

仮に長時間労働に幸福感を覚えていても、それはあくまで自己満足のレベルである事を意識しましょう。自分がたくさん残業しているからといって、昇進や昇給が約束されるとも限りません。

 

 

上司やカイシャ側が、「本人にやる気があるならいいじゃないか」といった態度で社員を放置しているだけで終わってしまうかもしれません。それでも、あなたは毎日たくさん残業してカイシャに貢献しようと思いますか…?

 

 

少子高齢化が進む日本の社会では、今後も人手不足が続きます。

 

 

ブラック企業には人が集まらなくなり、どのカイシャも優秀な人材を確保する事が至上命題となっています。

 

 

また同時に、これまで安泰と言われていた大手企業が大規模なリストラを行うようにもなりました。「カイシャが一生めんどうを見てくれる」という時代が終わったのです。

 

 

そのような環境の中、組織と個人の関係はこれまでにないほど “ドライ” になっていきます。そして、社員一人一人の『個の意見』や『働き方へのこだわり』というものを、どのカイシャも無視できなくなります。

 

 

そのような日本において、周りに合わせながらいつまでも残業する事には…もう何の意味もありません。

 

 

日本の会社員が残業をしなくなる日が、もしかしたら近い将来現実的なものになるのかもしれませんね。

 

 

これらを踏まえて、ドラマのように『わたし、定時で帰ります。』を今から実行する事は、とても理にかなっているのです。

 

 

コダモン

 

 

関連するオススメ記事: