ドイツ人の働き方はワークライフバランス重視! 金曜から週末気分?

金曜日の朝から「良い週末を!」と言って気楽に働くドイツ人。そのワークライフバランスは本物です。



1. 会社に媚びないドイツ人

 

 

ドイツでかれこれ4年以上働いています。コダモンです。

 

 

日系企業のドイツ駐在員として、そしてその後はドイツのドイツ企業の社員として、グローバルに仕事をしています。

 

 

ドイツハーフでもある自分は、日本の社会人も経験済みです。大手の日系企業に勤めていた当時、最初の2年間は都内にある本社で仕事をしていました。

 

 

伝統のある大きな会社だったのですが、そこでは典型的な日本のサラリーマンをたくさん経験しました。残業が無い日はなかったし、有給休暇を取るだけでも一苦労。社内の意味不明なルールにも縛られながら、毎日ストレスと戦う日々を送っていました。

 

 

そこでは、上司も同僚もみんな「会社が全て」とでも言わんばかりに仕事としていた。「やりがい」とか「忠誠心」にしがみつきながら、毎日深夜まで残業して、納期に追われながら休日にも働いていた当時の同僚たち。

 

 

「自分は一生この会社で働き続けるのだ」

 

 

そのように思いながら、心身を消耗している人がたくさんいた。終身雇用の名残もあり、会社が自分の『よりどころ』だと勘違いする日本の会社員。

 

 

そんな環境から心機一転。ドイツで働くことになったわけですが、そこで初めてドイツ人の本当の働き方を経験しました。

 

 

日本とは違い、ドイツには「終身雇用」や「年功序列」がありません。そのため、ドイツ人は「退職金のために1つの会社で頑張り続ける!」などとは考えないし、年齢に関係なく社員の給与やキャリアが決まります。ドイツの会社員は「成果主義」と「個人主義」の中で評価されるのです。

 

 

日本は働いても働かなくても辞めさせられることが少ないですが、適材適所を徹底するドイツでは、成果を出せないと、同じ会社に居続ける事はできません。

 

 

そうです。

 

 

ドイツ人は会社が守ってくれるとは微塵も思っていないのです。

 

 

ドイツの社会人は、企業という組織に属しつつも、そこでの「行動」「発言」「働く姿勢」は全て自己責任だと割り切っています。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

そして、ドイツの会社員は、自分達が「この会社でキャリアを積めるか?」「いつ転職するか?」「いつクビになるか?」という事を、常に現実問題として意識しています。

 

 

これが何をもたらすかと言うと、ドイツ人は会社と職場におべっかを使わないという事につながるのです。どれだけ会社や上司にこびへつらっても、給料は成果が無ければ上がらない。同時に、大きなミスをすれば誰でも容赦なくクビになってしまう可能性があるからです。

 

 

その結果、ドイツ人は自分の仕事と成果を最優先に考えて働き、『組織』に対してはまったく媚びないのです。

 

 

「みんな残業してるから帰り辛い…」

 

 

「誰も有給を取らないから休み辛い…」

 

 

日本でありがちなこれらの面倒な考え方は、ドイツには無い。「周りに合わせる事」が自分の評価に反映される事もないし、ドイツ人から言わせればそんなくだらない事にかまっているヒマは無いのです。

 

 

そうやって会社と組織に媚びないドイツ人は、とてもストレスフリーで働いています。

 

 


2. 金曜日になると職場の雑談が増える

 


自分の事を最優先に、ストレスフリーに働くドイツ人は、仕事に集中する時間と『それ以外の時間』をハッキリと区別します。

 

 

無駄口一つ叩かずにデスクに向かってバリバリ仕事をする時間もあれば、勤務時間中に同僚と30分以上も井戸端会議をする時もある。

 

 

ドイツの会社員に求められることは、与えられた仕事をしっかりとこなす事。そして、結果を残す事。ただそれだけ。

 

 

そのため、ドイツでは仕事をする『過程』はどうでもよくて『結果』さえ残せばいいのです。

 

 

一見当たり前のように聞こえますが、これが日本との決定的な違い。ドイツの職場は、個人戦で成り立っています。日本の職場にありがちな先輩後輩のマナー、始業時間厳守、参加しなくてもいいムダ会議、付き合い、部署の雑務などがドイツには無いのです。

 

 

だからドイツ人は仕事が終われば午後3時でもさっさと帰宅するし、自分のサジ加減で無駄話もたくさんする。逆に、自分の仕事が終わらない納期がヤバい時などは、さすがのドイツ人も残業をします。

 

 

そんなドイツ人のオフィスでの日常には、ある決まったルーティーンが存在します。

 

 

それは、金曜日になると仕事が減るという、何とも不可思議な現象です。

 

 

いや…「仕事を減らす」という表現が正しいのかもしれません。

 

 

ワークライフバランスを重視するドイツ人は、会社の都合にも職場の事情にも無関心です。自分の仕事が終わったら、後は野となれ山となれ。周りに目もくれずにさっさと帰宅します。

 

 

その結果、社内の人間もお客さんも、全員が「金曜日に早く帰れるように」仕事をしているわけです。週末に自分達のライフを最大限満喫したいドイツ人にとっては、金曜日はもはや半分休日。月曜日から木曜日までバリバリ仕事をこなして、金曜日に残りの仕事をちゃっちゃと処理する…という働き方が常態化しているのです。

 

 

さらに言えば、よほど緊急の要件でなければ金曜日の仕事を月曜日に持ち越すことが当たり前となっています。

 

 

「なんだこの客は! もう帰るところだったのに電話してきやがって!」「こんな大きな依頼、金曜の午後に処理できるはずがない! 」このようなグチは、実際にオフィスでよく耳にします。そして、それが大事な顧客の依頼であっても…ちゃんと月曜日まで待たせます (笑)

 

 

帰り支度をして立ち話をしている傍ら、自分のデスクの電話が鳴っているのに無視するドイツ人。お客さんの電話すらシカトする姿勢は、「頼もしい…」と感心してしまうほどの徹底ぶりです。

 

 

ドイツのオフィスで金曜日になると職場の雑談が増えるのは、そのためなのです。

 

 


3. 金曜日の午前中に「よい週末を」!? 

 

 

そのような働き方をしているドイツ人は、金曜日に極力仕事を避けます。

 

 

上司もひっくるめてみんな金曜日は早く帰りたがるので、そもそも金曜日の午後にはなるべく仕事を入れないように細心の注意を払います。

 

 

「金曜日の午後なのに仕事をふりやがって!」というスタンスは、ほぼ全てのドイツ人に共通する認識です。金曜の午後に顧客との打ち合わせがセッティングされる事は滅多にありません。

 

 

そのため、ドイツのオフィスでは金曜日のお昼ぐらいになると職場がソワソワし始めます。日本では金曜のアフター5を『花金』と言いますが、ドイツ人の花金は勤務時間中にスタートしちゃいます。

 

 

実際、金曜の朝オフィスに出勤すると…もう既に週末モードに入った同僚の声が聞こえてきます。電話越しの会話も、ちょっとおかしい↓

 

 

「はい、ではまた来週よろしくお願いします。では、良い週末を!」

 

 

これは金曜日の朝9時のやり取りです (笑)

 

 

まだ仕事がはじまったばかりなのに、「今日はもう仕事で話すことは無いから、また来週ね!」という意味の会話をするドイツ人。

 

 

このような働き方は、欧州の他の国にも共通して言えます。

 

 

わたくしコダモンが担当するイギリスの某大手企業などは、金曜日の午後になると担当者とつながらなくなります。金曜日のお昼過ぎにはさっさと帰ってしまうのです。

 

 

そのような顧客とビジネスのやり取りをする時は、必然的に「金曜日の午前中までに対応する」という前提ができるのですが、それはこちらとしても願ったりかなったりで、このお客さんとは「金曜のお昼で仕事は終わり!」と決めつけて楽に働けます。

 

 

何はともあれ、金曜日の午前中から「良い週末を!」と言って仕事を収めてしまうドイツ人は、勤務中でも鼻歌交じり。

 

 

友人や家族との「本当に大事な時間」をエンジョイするために、金曜日の午後3時頃にはいそいそと帰宅します。

 



4. ワークライフバランスの極意

 

 

ドイツのワークライフバランスは「本物」です。

 

 

確かに、成果主義と個人主義という環境のおかげで仕事に対する要求度は高いし、「何をするにも自己責任」というハードルの高さとプレッシャーがあります。しかし、それ以外の面から見れば、ドイツのオフィス勤務は自由そのもの。

 

 

「残業をするかしないか?」という事は個人の判断に任せられるし、上司ですら金曜日の午後はとっとと帰宅します。また、有給休暇も当然の権利として全取得するので、1年間を通してリフレッシュしながら健全に働けます。

 

 

実際にドイツで働いてみて、しみじみ実感したワークライフバランス。転職当初は『日本の働き方』がなかなか抜けなかったドイツハーフも、今ではすっかりドイツ人のように働くようになりました。

 

 

仕事が終われば午後4時に帰宅する事もあるし、時には自己判断でちょっと長めの昼休みを取る事もある。そのような働き方でも、誰も文句を言いません。デスクに戻る時間をチェックする嫌味な上司などは一人もいないし、結果さえ残せていれば誰もその『働き方』に対してとやかく言わないのです。ありがたい環境の中、ストレスフリーで働いています。

 

 

そういえば…。日本でサラリーマンをしていた時は、「朝9時の出社時間は厳守!」と言われていたし、そのくせ職場の人間は毎日遅くまで残業していた。ドイツとは違い、『結果を出すまでの過程』にこだわる日本の働き方はストレスまみれでした。効率も悪いし。

 

 

ドイツではみんな木曜日までバリバリ働いて、金曜日には既に『週末モード』。社内の人間も顧客もみんな金曜日にゆったり仕事をする環境の中で、「ワーク」を最低限のストレスでこなしつつ、誰もが「ライフ」に専念しています。

 

 

ドイツの『金曜日に早く帰る働き方』は、まさにワークライフバランスそのもの。仕事がどんなにストレスでも、しっかり余暇を確保しながら上手に人生のバランスを取るドイツ人。

 

 

日本とドイツの両方でサラリーマンをやってみたドイツハーフは、「ここまで違うのか…」とつくづく思い知らせれました。

 

 

ドイツ人の働き方が理想である事は、言うまでもありません。

 

 

コダモン

 

関連する記事を読む: