仕事のストレスは『周りに合わせない事』で解消する?

会社ではみんなが残業をするから、周りの目が気になるから残業をする。「周りに合わせる事」の繰り返しでストレスまみれの生活を送っていませんか?



「周りに合わせる事」で人生消耗?

 

 

コダモンです。

 

 

日本と海外、日系企業と外資系企業の両方で社会人をやってみました。ドイツハーフとして、両方の国の価値観を持ちながら、とりあえずサラリーマンをやってみた。

  

 

日本では学校教育から集団行動が『美徳』だと教えられるし、社会はどこも基本的に年功序列で成り立っている。それは企業組織も同じです。

 

 

日系の大手企業に就職してみてハッキリと実感しましたが、日系企業では常に周りに合わせる働き方が求められます。

 

 

『個』と『成果』が重視される、いわゆる個人主義で成果主義の欧米諸国の企業とは、その働き方のベースが違う。

 

 

そして、これが日本の会社員たちの大きなストレス要因になっているのです。

 

 


1. 周りに合わせて就職活動を行う

 

 

まず、日本の就職活動。

 

 

多くの人がやりがちな『周りに合わせること』は、学生時代の就職活動から既に始まっています。

 

 

日本の企業は世界でも珍しい新卒一括採用というシステムを採用しており、いわゆる通年採用をしていません。大手などは、ほぼ全てがこのシステムで新卒たちを採用しています。

 

 

カイシャは、若者たちを学生のうちから総合職として『とりあえず一括で採用』する。そして、新入社員研修などを通してはじめて配属先を決定させるのです。このシステムがあるがために、学生たちはとある時期になると一斉にワラワラと就職活動をはじめます。

 

 

このシステム自体がナンセンスである事は別の記事でも触れているので、ここでは割愛します。しかし、とりあえず言えることは…。

 

 

周りに合わせて就職活動をする若者が多いということ。

 

 

『周りの学生が動いているから』という理由で、インターンや説明会に参加する人。目的意識を持たない/持てない人が、たくさんいます。

 

 

 

 

 

実務経験も就業経験も無い学生達は、先行きがなかなか見通せずに不安が先行してしまい、「とりあえず『就職活動という大きな波』に乗っかってみよう」と、深く考えずに周りと同じ行動をとってしまう。

 

 

でも、社会人のスタートをどのように切るか? というのは、とても大事なことなのです。

 

 

なんとなく就職活動をしてなんとなく内定を承諾した人は、その後の会社員生活も『なぁなぁ』で進み、『なぁなぁ』で終わります。

 

 

そうなるくらいだったら、ふと足を止めて見ましょう。

 

 

自分が本当に行きたい会社を見つける事に専念したり、大学院に進んだり、留学したり、日本以外の国での海外就職を目指して準備したり…。ありきたりな就職活動をする以外の道はたくさんあります。

 

(合わせて読みたい)

 

 

とりあえず周りに合わせて就職活動を行なって、そのままなんとなくカイシャに入社した人には…。それ相応のストレスまみれの会社員生活しか待っていません。

 

 


2. 周りに合わせて会社員になる

 

 

周りの流れに乗ってなんとなく就職活動を終えた人は、そのままなんとなく社会人をスタートさせます。

 

 

とりあえず『大手だから』などの理由で入社した後は、新入社員研修を通して部署への配属と移り、そのまま年功序列と集団行動が支配するカイシャ組織の中で…あれよあれよという間にカイシャ色染められます。

 

 

 

「新入りは上司や先輩よりも先に出社しなければいけない!」

 

 

「割り当てられた仕事が終わっても帰らない! 自主的に仕事を探せ!」

 

 

そのように叱咤激励されながら、いったい何が就業規則で、何が『暗黙のルール』なのかもわからないまま、その職場のルールが世界のルールとでも言わんばかりに、先輩や上司からプレッシャーをかけられます。

 

 

「これが『社会人になった』という事なのかな…」

 

 

その生活がどんなにストレスでも、なんとなくそう自分に言い聞かせて、心身をどんどん消耗しながら会社員生活を送る人たち。

 

 

周りに合わせて目的意識の無いまま就職を決めてしまった新入社員は、理想と現実のギャップに直面して苦労します。そして…そのまま辞めてしまうケースも多々ある。

 

 

新社会人になった若者がこのようなギャップに苦労する1番の理由は、それが自分が望んで飛び込んだ環境では無いからです。

 

 

なんとなく会社員になった人にはモチベーションも無いし、そのカイシャで『やりたい事』も無いかもしれない。頑張る理由がそもそも無いのです。それでも我慢して働く理由といえば…結局最後は『給料』となります。

 

 

お金のためだけに、日本の会社員生活を乗り切るのは大変でしょう。

 

 

周りに合わせて会社員になることの代償は、入社後になってから現実のものとなってズッシリと重くのしかかるのです。

 

 


3. 周りに合わせて残業をする

 

 

周りに合わせて会社員になったら、その日々の業務の中にもたくさんの『間違った集団行動』が待ち受けています。

 

 

そのうちの一つが残業です。

 

 

あなたの周りに、残業ばかりしている人はいませんか?

 

 

わたくしコダモンが当時勤めていた日系の大手上場企業では、上司も部署の同僚もみんなたくさん残業をしていました。

 

 

彼ら/彼女らは、新入社員の頃から「残業は当たり前!」と教え込まれ、そのまま無限ループのように何年、何十年も残業を繰り返してきた人たちです。残業が嫌で苦しくても、ただひたすらデスクにかじりついて働いています。

 

 

みんな「残業は当然するもの」と勘違いしているのですね。

 

 

定時になって終業のチャイムがオフィスに鳴り響いいても、誰も席を立とうとしない。生産性など度外視で、まさに思考停止したように毎日残業をします。

 

 

定時後に打ち合わせや会議を設定する人も、日本のカイシャにはたくさんいます。「どうせみんな残業するから」という間違った認識と働き方が蔓延しているのです。

 

 

 

 

 

 

そして…1番始末に負えないのが、「周りが残っているから自分も残らなきゃ」という風潮です。

 

 

部署のみんなが残業している中、「お先に失礼します」と周りに告げる事に罪悪感のようなものを感じてしまい、1人だけ先に帰ることを不安に思ってしまう人が大勢いるのです。

 

 

上司や先輩が残業していると、帰りづらい。まさに年功序列の "賜物" ですね。

 

 

仕事がとっくに終わっていても、上司の評価を上げるために、無理矢理仕事をみつけて残る会社員たち。そのような人間に囲まれながら、いつまでも周りに合わせて残業してストレスを積み重ねていく。

 

 

『周りに合わせる事』の中でも、会社における残業は1番リスクをともなう要素です。

 

(合わせて読みたい)


4. 周りに合わせて有給を取らない

 

 

「周りに迷惑がかかるから…」と言って、有給休暇を消化していない人。

 

 

このような会社員が日本の企業には多くいますが、実はとても損をしています。

 

 

そもそも有給休暇は労働者の権利です。法律で定められており、その権利を行使する事は自由。それでも、日本の有給消化率は先進国の中でもダントツに低いと言われています。

 

 

日本のカイシャの職場には、前述のように「仕事を休むことは職場に迷惑をかける」という理由で有給休暇を取らない不思議な現象が存在します。

 

 

その理由は単純で、上司も先輩も誰も有給を取らないから。

 

 

基本的には『残業』と同じ、思考停止な働き方です。「みんなが残業するから自分もする」。「誰も有給休暇を取らないから自分も取らない」。

 

 

でも、これって実は単純に損をしているだけなのです。

 

 

あなたが前もって準備をした上で、休んだ時に『迷惑』が発生するとしたら、それはそもそも上司が部署のマネジメントをできていないだけです。あなたには全く関係無い。

 

 

もっと言えば、日本の多くの職場は精神論とか根性論を語る上司がまだまだたくさんいるので、彼らが『有給休暇を取らない部下』に甘えて、誰も休まない事で部署が回る仕組みの上にあぐらをかいているだけなのです。

 

 

そのために、「誰も休まないから」と言って大事な有給休暇を消化しない行為は…本当に損としか言いようがない。

 

 

わたくしコダモンが当時所属していた営業部には、「有給が30日以上もたまっている」などと自慢げに話すイタイ上司がいました。

 

 

このような上司のおかげで、部下たちはそもそも有給を取得し辛いし、何より残業と同じで「有給を取らないほど仕事を頑張っている」という意味不明な図式が成り立ってしまうのです。

 

 

本来ならば、与えられた休暇を適宜に消化して、リフレッシュしながら仕事に励むのが有給休暇の存在意義です。有給を取得する事によって、職場の士気も上がるし生産性も向上するでしょう。

 

 

それなのに、日本のカイシャはその真逆を突っ走ります。

 

 

企業によっては「休んだ翌日に職場でのお礼の言葉は必須」とか「部署にお菓子を差し入れる」などというマナーがあるらしい。

 

 

有給休暇は労働者に与えられる当然の権利なのに、マナーも何もあったものじゃない。

 

 

「有給のマナーを守るのが当たり前」「有給休暇は全消化できなくて当然」などという訳のわからない集団意識で行動する日本の会社員たち。

 

 

周りに合わせながら、「周りに迷惑がかかるから…」と言って有給休暇を取得しない事は、当然ストレスに直結します。

 

 

(合わせて読みたい)


5. 周りに合わせてカイシャに人生を捧げる?

 

 

ここまで読んでいただけたら、もうお気づきかと思います。

 

 

日本で会社員をする中で『周りに合わせる事』はリスクでしかありません。

 

 

あくまで誤解しないで欲しいのは、「チームワーク」とか「協調性」とはまったく別の話という事。

 

 

企業の利益のために与えられた仕事をこなして、部署として、チームとして結果を出す事は重要です。あなたが周りの人間とまったく協働しないで、一匹狼で『腫れ物』のような存在になるのが良い、と言ってるわけでもありません。

  

 

 

 

集団行動と年功序列が支配するカイシャの中で、「みんながやっているから」という理由は何かを『マスト』で行うための理由にはならないという事を、強く言いたいのです。

 

 

「みんなが帰らないから残業をする」「みんなが休まないから有給を取らない」。

 

 

そうやっていつまでも周りに合わせて働いていたら…そこで蓄積されるストレスで、いつかあなた自身が潰れます。

 

 

「カイシャが生きがい」「仕事には人生で唯一『やりがい』を感じる」という考えを持つ会社員は、日本の企業に大勢います。でも…。そのような人達の考え方は周りに合わせながらストレスまみれで働いた産物だと思うのです。

 

 

「自分には他に選択肢がない…」そのように勘違いして、人生の大半をカイシャと仕事に費やしてきた人たち。残念ながら、どの職場にも必ずこのような人たちが存在します。

 

 

でも、そのような難しい環境でも、企業組織の中で自分がどのような社会人生活を送るか? という事は、他でもないあなたの『考え方』次第で変えられるのです。

 

 

「周りがやっているから私も…」

 

 

そのような姿勢で行動する前に、よくよくその後の結果を考えてみてください。

 

 

『周りに合わせながら』延々と働いたその先にあるのものは、カイシャに人生を捧げるような働き方だけなのです。

 

 

関連する記事を読む: