『出世をしない』という選択肢 - 管理職にならない会社員が1番幸せ?

中間管理職の数が異常に多い日本企業。ストレスや責任の重圧で消耗するよりも『ヒラ社員』の方がよっぽど勝ち組かも?



 

 

ピラミッド型に構成されている企業組織。

 

 

日本の会社は年功序列なので、勤務年数を伸ばすことで係長、課長、部長、役員…と段階的な出世をするシステムで成り立っています。

 

 

会社員として働く上では、キャリアを積んで役職の階段を上っていくことが一般的に『理想像』とされています。

 

 

たくさんの社員が毎日あくせく働いていますが、トップに位置する社長以下、中~上層部に位置する役職者の人数は限られています。

 

 

いくらエスカレーター式に昇給/昇級できる日系企業であっても、要所に就く役職者の人数に制限があるうちは、定年までヒラ社員を続ける人もたくさん存在する。

 

 

2004年当時の考察によると、管理職と呼ばれる人は全国で約340万人おり、全体に占める割合としてはおよそ10%でした。

(参照元: SSM調査における管理的職業に関する一考察,『広義の管理職』が対象, 2019.10)

 

 

平均的に見れば、日本の社会人の約90%が『ヒラ社員』なのです。

 

 

街行くサラリーマンやOLの、そのほとんどが『課長』や『部長』などの肩書を持たない人たち。定年まで一度も大きな昇級を受けない人もいるわけです。

 

 

でも、それは全然ダメじゃない。

 

 

ヒラ社員であるうちは給料は低空飛行かもしれないけれど、重要なポジションに就かないメリットはたくさんあります。

 

 

いや、むしろヒラ社員のが幸せかもしれないということ。あなたは考えたことがありますか?

 

 


1. 管理職は勝ち組?

 

 

まず、「役職者は勝ち組か?」という質問に対する答えですが…。

 

 

給与だけを見れば『勝ち組』です。

 

 

残業手当がつかなくなる役職者の人たちは、係長などになりたての頃は残業代の分だけ年収が下がる傾向もありますが、その後は総じて年収アップにつながります。

  

 

年収を上げるには出世が一番とも言われますが、厚生労働省の調査結果を見てもわかる通り、役職別の平均賃金は男性では部長級の月給65万5,000円を筆頭に、課長級が52万6,000円、係長級が40万1,000円となっています。

(出典: 厚生労働省、賃金構造基本統計調査, 2019,10)

 

 

20~24歳の男性の非役職者の賃金が平均約21万5,000円なので、役職に就いた人の給料は『ヒラ社員』よりもかなり多い。 

 

 

仮に22歳で月給22万円のヒラ社員が年1,5%の昇給を受け続けたとしても、40歳で受け取る金額は約28万7,600円です。残業代を加味しても、係長級の平均給与の40万円にすらおよびません。

 

 

どんな社員でも年功序列の恩恵で昇給がありますが、ボーナスや退職金なども合わせると、やはり役職者と比べた時の生涯年収の差額はかなり大きいです。

 

 

そのため、給与の面から言えば、役職の階段を上ることで『勝ち組』の仲間入りとなります。

 

 

しかし…これはあくまでもお金にこだわった時の話。

 

 

給料以外に関しては管理職のが『勝ち組』とは限りません。

 

 

そもそも管理職とはどういった人を指すのでしょうか? 

  

 


2. 管理職はツライよ

 

 

「管理職とは、その制度としての意味は, 昇進レースで労働者のやる気を生み出すものである。しかし、管理職のもともとの意味は人を管理・監督することを職務とする、使用者側に近い労働者である」(参照元: 数字で見る管理職像の変化)

 

 

管理職の人たちの仕事には『管理・監督する』ということがあります。 各課・部署の責任者として、部下たちがスムーズに仕事を行えるように監督しながら人事も行うこと。

 

 

カンタンに言えば、ヒラ社員だった頃にプラスして、部署の面倒を見るという業務が増えます。

 

 

部下の技量を見ながら、その仕事配分や就業態度などにいたるまで、色々な事項を考慮して管理・監督する必要があるのです。

 

 

長時間労働が蔓延している日本の職場では、 部下が定時で帰宅できるように仕事を調整するのも、本来は管理職の大事な仕事。

 

 

しかし…残念ながら多くの職場で機能していない。

 

 

日本では『残業ありき』でしか職場をまわせない企業が多く、上司には部下の仕事量をマネジメントする余裕すらない。管理職が原因で残業が無くならないのも、事実です。

 

 

残業前提で部署をまわそうとする『ダメ管理職』は、それだけで切羽詰まった状況にいることがわかります。部下を定時で帰すこともできないし、自分も定時で帰れない。

 

 

一定の権限を与えられる管理職は社内の重要なポストにいるため、会議や各種報告にも追われます。自分の仕事だけでも忙しいのに、同時に部署の人間の仕事の管理もしなければならないのです。

 

 

同時に、部下の中には『ダメ上司』に真っ向から反対する人もいます。

  

 

「給料分の仕事しかしたくない!」

 

 

「手当が出ないなら残業したくない!」

 

 

そのように考えて働く若い世代は増えている。そんな中、担当部署のアウトプットの責任を取らされる管理職は必死なわけです。部下が帰宅した後に、上司が仕事を肩代わりする事もある。

 

 

ヒラ社員は、上から降ってくる仕事を適宜にこなしていればそれでいい。しかし、これが管理職となると一変し、事業やプロジェクトの責任を問われることとなり、大きなプレッシャーが追加されます。

 

 

毎日仕事に追われ、部署の面倒も見ながら、上層部の期待にも応えなければいけない。そのような管理職の仕事は『ツライ』の一言。管理職が勝ち組であるかどうかは、仕事のストレスを考えると…一概には言えないのです。

 

 


3. ワークライフバランス

 

 

お金以外にも、「地位や名誉が欲しい!」「世間体を良くしたい!」などと考えて管理職を目指す人はいるでしょう。

 

 

または、「裁量のある仕事を受けて成長したい!」「企業の舵取りを担いたい!」そのように考えて、自分のキャリアが生きがいだと感じる人もいる。出世競争の中で『勝者』となることに悦びを感じる人もいます。

 

 

出世欲が強いことは決して悪い事ではなく、むしろそういった人材のおかげで企業組織は成り立っています。仕事にストイックで部下に対する要求も高い上司などは、たとえ職場では嫌われ者でも、企業にとっては利益を生み出すために必要不可欠な人材です。

 

 

しかし…。そんな管理職たちの生活は『ライフ』よりも『ワーク』が先行しがち。

 

 

定時以降になってからようやく自分の仕事にとりかかる上司

 

 

休日にも仕事のメールを部下に送る上司

 

 

日系の大手に就職していた当時、そのようなオーバーワーク状態の管理職はたくさんいたし、プライベートを犠牲にして働く上司を何人も見てきました。

 

 

ストレスまみれの管理職の働き方は、どんなに高額な役職手当をもらっても割に合わない。深夜になってもメールを書く上司たちには、『ライフ』が全く無い。そう感じました。

 

 

管理職は、社内のお偉いさんへの事業報告や顧客対応などに追われながら、長時間労働と仕事のプレッシャーで心身をすり減らしています。

 

 

 

そしてそれは、ワークライフバランスがない働き方なのです。

 

 

 

管理職試験を受けて役職者になれば給料も上がる。けれど…その後は確実にストレスと隣り合わせ。『責任が重くなる』『仕事が増える』『残業が増える』という、避けられない現実を目の前にして出世を拒否する人もいるでしょう。

 

 

ただでさえ仕事に興味がなく、キャリアにまったく無関心な人もいる。同時に、「責任がプレッシャーになるのはイヤ」「仕事より趣味を優先させたい」と言う、今どきの柔軟な思考をもった社員も大勢います。

 

 

ワークライフバランスを守るために出世をしないという選択肢は、確実に存在するのです。

 

 


4. ドイツの『ヒラ社員』

 

 

欧米諸国の企業組織には、日系企業ほど多くの中間管理職がいません。

 

     

ドイツは職場は実力主義なので、真に有能な人材だけが管理職ポジションへとプロモーションされます。欧米には年功序列のシステムも無く、給与や昇級の交渉に臨むだけの成果を出せる、高スキルを持つ人だけが上を目指せるのです。

 

 

そのため、海外企業で「マネージャー」「シニアマネージャー」「ダイレクター」などの肩書きを持つためには、日系企業以上に厳しい競争を勝ち抜く必要があります。ドイツで役職者になることは『狭き門』なのです。

 

 

そのため、どのような業界や職種にも、定年間際になっても裁量の大きくない仕事をコツコツこなしている人がたくさんいます。ドイツの職場にはヒラ社員がたくさんいるのです。

 

 

しかし、ドイツのヒラ社員には「出世競争に負けた…」というネガティブな様子がまったくない。みんなこれまでの社会人生活で培った経験とノウハウで、最短で成果を出しながら上手に働いています。

 

 

ドイツの職場では、ヒラ社員が年下上司のもとで働くことも当たり前です。MBAなど優秀な肩書と職歴で入社してきた20代後半の若い転職者が、入社15年のベテラン社員を部下に持つ事もあります。

 

 

ドイツでは転職が頻繁に行われるため、社員の入れ替えなどは日常茶飯事です。年下上司のもとで働くことも、ヒラ社員にとってはよくあること。そのため、日本のように『世間体を気にする』という風潮もありません。

 

 

そして何よりも、ドイツのヒラ社員はとても幸せそうに仕事をしている!!

 

 

その事実に、1番ビックリしました。

 

 

社内のことを知り尽くした40代〜50代のベテラン勢は、朝早くに出勤して仕事を適宜に終わらせると、夕方4時にはいそいそと帰宅します。毎日早く家に帰って、庭いじりや余暇のスポーツ、友人と飲みに行くなど、みんな仕事以外にやりたい事がいくらでもあるのです。

 

 

ドイツのヒラ社員は、重要な会議や顧客対応など『プレッシャーの高い仕事』は役職者に任せて、仕事が終わったらさっさとオフィスを後にします。プライベートを優先させながらイキイキ働くドイツのオジサンとオバサン社員は、とても幸せそう。

 

 

ドイツのヒラ社員の中には毎日午後4時に仕事を切り上げる人もいるし、1年間に2回も3回も長期休暇で家族旅行に行く人もいる。『ワーク』を上手にコントロールしながら『ライフ』を充実させる事に、幸せの価値を見出しているのです。

 

  

管理職ほどの仕事のプレッシャーとストレスがないことを逆手にとって、仕事以外の時間に全力を注ぐのがドイツの一般的な社員の姿です。 

 

 

結果のみが求められ、仕事に結果が伴わなければ自分が真っ先に槍玉に上げられる。成果主義のドイツ企業においては、管理職レベルの従業員たちのプレッシャーはとても大きいです。ドイツの役職者は高給取りですが、みんなそれなりの重圧と戦っています。

 

 

そのため、残業がほぼ無いドイツにおいては、余暇を存分に満喫できるヒラ社員が『勝ち組』とも言えるのです。

 

 


5. 管理職にならない会社員が1番幸せ?

 

 

話を日本に戻します。

 

 

日系企業では、ワークライフバランスを守るために『出世をしない方が幸せ』なのでしょうか?

 

 

その答えは、2パターンにわかれます。

 

 

「管理職にならない方が幸せ?」に対する答えがYESの人:

 

 
仕事とキャリアに『自分の幸せ』を見出せない人
 
・趣味や副業、家族や友人のために『余暇の時間』をあてたい人
 
・仕事は『お金を稼ぐため』と割り切ってストレスを減らしたい人
 

 

「管理職にならない方が幸せ?」に対する答えがNOの人:

 

 
・会社と仕事は『生きがい』で誇りを持って仕事をしている人

・『年収1,000万円』などの高収入にこだわる人

・出世をしないことで変わる『世間の目』に耐えられない人/strong>
 

 

 

管理職にならない方が幸せかどうかは、やはり個人の価値観によって変わります。

 

 

「年下に指示されるなんて無理! 絶対に耐えられない!!」

 

 

そう言ってプライドを維持するためにがむしゃらにキャリアを積む人もいれば…。

 

 

「このままヒラを続けて年収500万円くらいキープできればいいや…」

 

 

そのように考えて、世間体も何も気にせずにのんびりとオフィス勤務を続ける人もいる。働く人の個性や価値観の違いにより、色々な会社員の姿があります。

 

 

管理職が『勝ち組ではない』とハッキリ言える理由の一つに、日本の企業組織の体制そのものがあります。

 

 

成果主義ではなく年功序列で組織されている日系企業は、欧米のように『成果を出した人に高い給与を支払う』というシステムが浸透していません。社員が辞めないことを前提に運営されているので、同じ会社で勤務年数を伸ばすことが昇級の近道です。

 

 

職場の人間関係がどんなに嫌でも、どんなに残業が多くても…それを10年も20年も耐え続けること。大きなミスを犯さないように気を配りながら、ゆっくり出世の恩恵に授かるのが日本の管理職の姿。

 

 

しかし、そのキャリアは必ずストレスと隣り合わせなのです。

 

 

昨今の激しいグローバル戦線を勝ち抜くために、多くの日系企業は必死です。管理職に求められる職務とスキルの幅もどんどん広くなっています。

 

 

少子高齢化で人手不足が続く今後の日本では、管理職の裁量も大きくなります。それを受け入れられる技量と "心の余裕" が求められるのです。役職者になるには、『カイシャに貢献する覚悟』が必要だと言えます。

 

 

しかし、ヒラ社員はそれらとは無縁です。

 

 

昨今の日本では、中間管理職まで昇りつめてもすぐに役職定年となり、企業のお荷物と化します。専門性や知識経験で長期的にに企業に利益をもたらす事ができれば、仕事のストレスが少ないヒラ社員の方が『勝ち組』とも言えるのです。

 

 

管理職に就くという事は、その責任から来るプレッシャーと追加業務のストレスと戦う事。

 

  

身を粉にして同じ会社に10年20年と貢献して、たくさん残業して、職場の人間関係を耐えて…ようやく管理職になれる日本。仮に長時間労働で身体を壊すことがあっても、その頑張りへの対価は賃金のみです。

 

 

それでも管理職を目指す理由とは…?

 

 

ヒラ社員でも生活する分の給料はちゃんともらえるし、家族でたまの旅行にも行ける。住宅ローンだってゲットできるでしょう。

 

 

家族と過ごす時間もロクに作れない、仕事まみれでストレスまみれの管理職。その道を目指さずに、ヒラ社員を続けて「プライベートを充実させる!」「ライフを満喫する!」というのは、決しておかしな話ではない。

 

 

日本で会社員をする上で管理職にならないという選択資は、心身を消耗しないための賢い選択とも言えるのです。

 

 

ヒラ社員を続けることで、40代…50代となるにつれて、周りの管理職同期との給料の差は大きくなるでしょう。それでも、『ワーク』のストレスまみれで『ライフ』の無い人生を送るより、万年ヒラ社員の方が幸せかもしれません。

 

 

いや。むしろ、なりたくもない役職者なったり、無理して出世してカイシャ一辺倒の人生を送るくらいならば…。

 

 

『出世をしない』という選択肢は、正しいのです。

 

 

関連する記事を読む: