· 

「残業をしないドイツ人」の働き方はどのように実現される?

「ドイツ人は残業をしない」とよく聞くけど、それはどのうに成立しているのか? 実際にドイツのドイツ企業で働くハーフが現場からお伝えします。



ドイツ人は基本的に「残業をしない」

 

 

コダモンです。

 

 

「ドイツ人は残業をしない」

 

 

「ドイツには残業がないのに経済が好調だ」

 

 

そんな事を、日本で働いていた当時はよく耳にしました。

 

 

日本人はたくさん残業するけど、ドイツ人はまったく残業をしない…。

 

 

どちらの国の民族も世界的には見れば「勤勉」や「真面目」のレッテルを貼られているほど、その気質には似通ったものがある。でも…。

 

 

かたや「残業大国」で、かたや「残業をしない国」…?

 

 

わたくしコダモンが、日系の大手一部上場企業に勤めていたカイシャ時代。そこには、定時を過ぎてもエンドレスで残業する人がたくさんいました。

 

 

残業がさも当たり前かのように働く会社員たち。17時半になるとオフィスには「終業のチャイム」が鳴り響くのですが…。誰も席を立たず、ひたすらデスクに向かって働き続ける。

 

 

カイシャと仕事が「生きがい」で「やりがい」

 

 

そんな事を連想させるほど、みんな毎日たくさん残業して、業務に明け暮れながらストレスまみれで働いていました。

 

 

その日本のカイシャを4年半で辞めて、ドイツでドイツ企業に転職。

 

 

新しい就職先となった現地のドイツ企業。日本とドイツの両方で社会人をやってみたドイツハーフは、今現在どのように働いているのか? そして…。

 

 

ドイツ人は残業をしているのか?

 

 

その中身を、実際の体験談と共にまとめてみました。

 

 


仕事よりも大事な物があるドイツ人

 

 

まず、自分がこれまで日本と海外で社会人をやってきて、気がついた事。

 

 

それは…。

 

 

日本ではワークライフバランスの実現が難しい

 

 

という事です。

 

 

日本で働いているうちは、余暇をカイシャ生活の中に見出そうとしても難しい。とにかく日々の業務の中での仕事量が多いし…。そして何よりもまず「誰も定時に帰ろうとしない」。

 

 

カイシャの上司も周りの同僚も、集団意識も手伝ってみんな周りを気にしながら働いている。

 

 

そこまであくせく働いて、毎日夜遅くに帰宅して、休日にもメールをチェックして…。プライベートの時間なんて無いんじゃないの? 

 

 

毎日夜遅くに帰宅して家族をないがしろにしてまで働く人

 

 

都内の通勤ラッシュと毎日の残業で疲れきっている人

 

 

そんな人達に囲まれながら働いて、社内を見渡すと…。誰もが疲れ切った顔をしながら働いている。

 

 

「残業をしなければ終わらない」ような仕事量をあてがわれ、毎日が激務。そして、社内で上を見れば…。さらにもっと残業をしている上司たちがいる。

 

 

日本の経済成長の原動力となった「企業戦士」みたいな物の名残が感じられて、とてもイタイ。

 

 

さらに、自分たちの顧客である社外の人間も夜遅くまで働いているから、下請けなどには仕事がいくらでも降り注いでくる…。

 

 

そのような環境の中で、残業はいつまで経っても無くならないのです。

 

 

そしていつしか、ワークライフバランスが音を立てて崩れ落ちていく。

 

 

これが、わたくしコダモンも経験した、日本の働き方。

 

 

かたやドイツ。

 

 

ドイツでオフィス勤めをするドイツ人にとっては、仕事はあくまでも「人生の一部」です。

 

 

仕事以外にいくらでもやりたい事があるのがドイツ人

 

 

オフィスにとどまる時間は必要最低限で、自分のその日のタスクが終わったらさっさと帰る。

 

 

周りの目を気にする人なんていないし、そもそもドイツ人は企業に対する「帰属意識」を持ち合わせていません。

 

 

「自分は一生このカイシャで勤め上げて、ゆくゆくは退職金をもらって…」

 

 

とか。

 

 

「カイシャのために自分は精一杯努力をして、認めてもらって…」

 

 

などという考えを持つ人は、ドイツではとても少ないです。

 

 

日本のように身を粉にして心身とも会社に捧げるような働き方を、ドイツ人は知りません。

 

 

終身雇用は日本でも崩壊しつつありますが、ドイツにはそもそも「カイシャがどうにかしてくれる」とか「カイシャが守ってくれる」などと思って働いている人が1人もいない。

 

 

年功序列と先輩後輩の上下関係で組織単位の結びつきが強い日本

 

 

それに比べて…。

 

 

企業に頼る事なく「個」のスキルで生き抜くのが当たり前なドイツ

 

 

ドイツ人は、あくまで「個人」として組織の中で働いています。

 

 

そのため、生涯を1つの同じ会社で勤め上げるケースは珍しいし、転職市場もとても活発。

 

 

良くも悪くも「自分中心」で働いているのがドイツ人なのです。

 

 

仕事の中では、自分が契約書にサインした通りの業務を遂行する。ただそれだけ。その他の事にはまったく無関心。

 

 

自分に求められているタスクだけを的確にこなし、それが終わればあとはプライベートの時間に全力を注ぐ。

 

 

ドイツ人のプライベートの時間は、もはや聖域とも呼べるほど不可侵です。

 

 

家族や友人との団欒の時間

 

 

自分の趣味の時間

 

 

休暇に当てる時間

 

 

そのような人生の時間をとっても大切にするドイツ人。そして、仮にそれが脅かされる事態になったら…。さっさと転職するだけ。

 

 

そのため、日本人が考えがちな「カイシャにしがみつく精神」が全く無いのです。 

 

 


企業が残業を容認しない?

 

 

ドイツ人が「カイシャにすがみつかない理由」。

 

 

それは、企業の中での組織としてのあり方も関わってきます。

 

 

そもそもドイツの労働時間は、国と政府によって厳しくチェックされています。国が定める所定の労働時間は1日8時間までで、最長で10時間が限度とされています。

 

 

実際に働いていると、特に出張の時などに止むを得ずこの10時間を超えてしまうケースもあるのですが、それらは非常に珍しい。

 

 

基本的には1日8時間勤務が徹底されています

 

 

残業に関する規定や上限は "Arbeitszeitgesetz" (労働時間法)において明確に定められており、ドイツ企業はこれをしっかり遵守しています。

 

 

昨今の日本のように、残業規制は存在するものの現場の実態は穴だらけ」のような状況は…。ドイツではもう何十年も昔の話です。

 

 

現代のドイツでの就職活動時や毎日の業務の中では…。

 

 

「ウチは労働時間法をしかっかり守るカイシャだ」

 

 

「ウチは基本的に残業はありません」

 

 

これらのような謳い文句を、ドイツではそもそも耳にする事がない。

 

 

なぜならドイツ社会は基本的には残業がないのが当たり前だからです。

 

 

これを守らない企業、いわゆる日本でいうところのブラック企業は、ドイツではそもそも存続できません。なぜならそこには単純に人が定着しないから。

 

 

また、労働時間法に対する違反には罰則があります。その監査もしっかりと行われているので、「勤勉で真面目」なドイツ人経営者達は、禁固刑もあり得るような法の違反を起そうとはしないのです。

 

 

その傾向がしっかりと社会に浸透しているため、仮に毎日残業をしなければいけない企業に就職してしまった人はどんどん他の「普通の企業」へと転職して行くことでしょう。

 

 

このように、各企業と社会全体の中で「残業をしない風潮」が当然のように存在するのがドイツです。

 

 


ドイツで残業が発生しない仕組み

 

 

では、その「残業が発生しない仕組み」を見ていきましょう。

 

 

まず、前述の「1日8時間勤務」及び「週40時間勤務」に関してですが…。

 

 

どのように勤務時間をこなすかは各々の自由

 

 

このようになっています。

 

 

どういう事かと言うと…。

 

 

1週間を働いている中で、仮に木曜日の時点で2時間の「残業」が発生していた場合、金曜日の労働時間を6時間にする事ができるのです。

 

 

またその逆も同様で、仮に木曜日の時点で2時間ほど勤務時間が足りていない場合は、金曜日にその2時間を追加で働く事でチャラにできます。

 

 

これがドイツには残業が無いと言われる1番大きな理由です。

 

 

もっと具体的に言うと、わたくしコダモンが現在勤めるドイツ企業では、このシステムが「1ヶ月間」の中に反映れています。所定の1日8時間勤務を月単位でクリアしていれば良いシステムなのです。

 

 

つまり、月の最後に労働時間の帳尻さえ合っていればどのように働いても良いという理解になります。

 

 

労働時間にはいわゆるコアタイムが設けられているため、病欠でも無い限りは出社して働かなければいけないのですが、それさえ守っていれば、「いつ」「どのくらい」働くかは基本的に本人の裁量次第となります。

 

 

このシステムが何をもたらすかと言うと…。

 

 

毎週金曜日の15時頃にはみんな帰っちゃう

 

 

こうなります(笑)

 

 

金曜日からの週末、いわゆる「花金」を有意義に過ごすために、ドイツ人はみんな意図的に労働時間を自分で調整しながら働くのです。

 

 

そして、このドイツの働き方で何がスゴイかと言うと…。

 

 

お客さんもみんな同じように働いている

 

 

要するに、もうほぼドイツ全土の傾向として、金曜日の夕方にはさっさと帰るという事が行われているのです。

 

 

「金曜日の夕方まで働いても、どうせ向こうは誰にもつながらない」

 

 

金曜日に早く帰宅する働き方が当たり前過ぎて、このような状態が出来上がってしまっているのです。だからみんなさっさと帰る。しかも、各自が労働時間を調整しながらの合法的なやり方で。

 

 

もちろん業種にもよりますが…。少なくとも、いわゆるホワイトカラーと呼ばれるオフィスワーカー達の間では、このような働き方がほぼ常識となっています。

 

 

もし仮に残業をする日があっても、週40時間労働の上限に合わせるように、その他の日に早めに退散する。そのようにして「残業が発生しない仕組み」が徹底されているのです。

 

 

もう少し言い方を変えれば…。

 

 

ドイツ人も残業をするけど最終的には「残業時間」をチャラにする

 

 

こういう事になります。

 

 

そして、それを実現させるためにも、ドイツ企業は成果主義を徹底しています。日々の業務の中で求められるアウトプットのレベルも高い。ドイツ人の仕事のやり方も、優先順位をつけながら効率的に仕事を片付ける方式です。

 

 

適材適所に人材を登用して、組織も個人も、効率的に結果を残す事だけを考える。

 

 

 

そして、このような働き方は企業のトップ以下全ての層に浸透しています。

 

 

そのため、1日8時間勤務と週40時間勤務さえ守っていれば。そして、自身に与えられたタスクに対して結果さえ残せていれば…。早く帰ろうが何しようが誰も何も文句を言わない。

 

 

ドイツでは、「個」のスキルをもって企業に貢献さえできていれば、社内ではどこの誰からも「残業しろ!」などと言われないのです。

 

 


上司も17時半にはさっさと帰宅する

 

 

ドイツ企業では、もちろん上司の働き方もワークライフバランスが中心になっています。

 

 

わたくしコダモンの上司のシニアマネージャーの人。彼は…。

 

 

「あんまり遅くまで働くなよー」と言い残しながら部下より早く帰宅したり

 

 

「なんか今日は体調悪いわー」と言いながらさっさと早退したり

 

 

まさに「ワークライフバランスのお手本」のような働き方を徹底しています。

 

 

部下に残業を強要した事などもちろん無く、彼自身も必要な時以外は残業をしません。そして、これまで一緒に働いてきた中でその労働時間をザックリと平均すると…。

 

 

およそ17時半には毎日帰宅している

 

 

日本でいうところの課長〜部長レベルの中間管理職で、1番忙しいとされるポジションの人でも、その勤務時間を適宜に調整しているのです。

 

 

上司が19時をまわってもオフィスに残っている姿を見た事は、ほとんどありません。

 

 

もちろん、わたくしコダモン自身も今の仕事で19時まで残業するようなケースは非常に珍しいのですが。

 

 

何はともあれ、どこの部署のどの上司を見ても、夜遅くまで残業しているような人はほぼいません。オフィスの中は、17時くらいになればもうほぼ全ての部屋とデスクが消灯されているような状況です。

 

 

 

ちなみにですが…。ドイツ人の中には、キャリアアップを目的としてたくさん残業する人もいます。

 

 

彼らは、ある意味例外。バリバリと働いて昇進のスピードを早めたい人たちです。

 

 

誰もが週40時間勤務を前提に「自分に与えられた仕事」だけをこなしている中で、彼らのようなキャリア重視の人間は…。もっと働く事で他人との差別化をはかろうとします。

 

 

個々のスキルが非常に高いドイツですので、ライバル達を出し抜くためには、「残業をしてもっと成果を残す事」が選択肢の一つに入るのです。

 

 


仕事をキッチリこなせば自由なドイツ

 

 

ここまで読んでいただいておわかりになったように、ドイツでは会社という組織の中における「個」の裁量が非常に大きいです。

 

 

そして、これこそがまさに残業が無くてもドイツの生産性が高い理由なのです。

 

 

その流れは、これまで見てきた「ドイツ人の仕事に対する姿勢」から来ています↓

 

 

① 仕事以外にいくらでもやりたい事があるドイツ人

 

② オフィスにとどまる時間を必要最低限にするために「各自」が効率良く働く

 

③ 上司を含め社内の全ての層でその意識が徹底されている

 

④ 結果: 生産性が非常に良い組織体制が出来上がる

 

 

このようになるわけです。

 

 

毎日少しでも早く家族の元へ帰りたいから、ダラダラと残業をする人などいない。

 

 

休日は完全にプライベートな時間だから、メールをチェックする人もいない。

 

 

このようなドイツの健全な働き方。残業をしないドイツ人の働き方は、社会と企業の中に浸透する「効率よく働く意識」から来ているのです。

 

 

 

そして、自分に求められるタスクをしっかりこなしていれば。結果さえ出せていれば…。誰もその「就業時間」などに関してとやかく言わない。

 

 

日本とドイツは、どちらも「勤勉」や「真面目」な印象が強い国です。

 

 

どちらの民族もストイックに働くし、決められたルールをしっかり守る。

 

 

しかし…。そんな2つの経済大国の働き方や組織に属して働く姿勢は、見事に対照的です。

 

 

そのキーワードは「生産性」や「効率」なのですが…。果たしてそれだけでしょうか?

 

 

日本で会社員をしていた当時、仕事以外にやる事がないような人を本当にたくさん見かけました。毎日毎日残業して、帰るそぶりなどまったく見せない人。近年は「フラリーマン」などの単語も耳にするようになりましたが…。本当に悲しい事です。

 

 

カイシャに長くつなぎとめられ過ぎたせいで、そうなってしまったのでしょうね。

 

 

わたくしコダモンは、ドイツでドイツ人の働き方に感化されました。そして、これからも絶対に「ドイツ式」で働こうとしています。

 

 

家族の笑顔と、余暇をキープできる充実した日々が単純に幸せだからです。

 

 

労働関連の法整備が進む日本でも、いつか「企業戦士」のようなイメージが過去の産物となって、自由な働き方を目指せるようになるのを期待するばかりです。

 

 

コダモン