· 

ドイツなどの海外で働くための転職と就職活動

海外で働くための就職活動。難しいようで実はとてもカンタンなその中身を、転職経験者のコダモンが教えます。



海外で就職するための「就職活動」

 

 

 

「海外で働きたい!」

 

 

そう日本人のみなさんは、実際にどのようなプロセスを踏めば良いのでしょうか?

 

 

ドイツと日本の両方で社会人を経験したハーフが、具体的な例なども踏まえて教えます。

 

 

できるだけ詳細にわかりやすく書いたつもりですが、ちょっと難解な部分もあるかもしれません。かなりの長文ですが、最後まで是非お付き合いください。

 

 

ちなみに、転職市場はドイツをメインにしています。

 

 

ドイツで働くための「就労ビザ」("Aufenthaltserlaubnis")の取得条件は、以前に基礎編でもお話した通り正社員でのドイツ就職が決まっていることが条件です。

 

 

では、その条件に近づくためには、いったいどのような就職活動をすればいいのでしょうか? 

 

 

 

 


ドイツの就職活動事情

 

 

まず、ドイツ社会の「就職と就活事情」を知りましょう。日本のそれとは、かなり異なります。

 

 

日本のサラリーマンは終身雇用の名残も手伝って、長期的に同じカイシャに留まることを「良し」としますよね。年功序列がまだまだ健在なカイシャが多い中で、社員はエスカレーター式の昇級と昇給に期待する。

 

 

「自分はこれから長年このカイシャに勤めて、じっくり昇給して、退職金をもらって…」

 

 

そのように考える人が、今でもけっこう多いのではと思います。雇う側であるカイシャも、育成と教育込みの「長期的なスパン」での採用を考える傾向にある。

 

 

しかし、ドイツは前述の通り実力主義。そして、企業側が求めるのはいつの時代も即戦力。

 

 

同時に、海外では働き手も常に自分の実力に見合う扱いを求めるため、転職市場が非常に活発です。

 

 

就職と離職のサイクルがとても速く、企業勤めをしていると日常的に「あの人が辞めた」とか「外部から新しい上司が来た」などという状況が発生します。そして、それはまったく珍しい事ではない。

 

 

新しい人材の採用にあたって、企業にとっての即戦力が求められる傾向。それは、大学を卒業したばかりの新卒者に対しても同様です。

 

 

そのような社会の中では誰もが「個のスキル」で戦う必要があるため、結果的に新卒採用もキャリア採用も同じ土俵でしのぎを削るという図式が出来上がります。

 

 

言い方を変えれば、企業が募集をかけている求人には「新卒採用枠がない」という理解にもなります。極端な話、新卒として就職活動をしている中で、社会人10年目の選手などと渡り合う必要があるのです。

 

 

「新卒を "trainee" として募集」などという求人は、どちらかと言うと珍しい。海外の求人情報をざっと見渡すと、そのどれもが一定の実務経験に基づくキャリア採用となっています。新卒ならば、在学中にインターンなどを経験している必要があるという事です。

 

 

これが何を意味するかというと…。

 

 

後にも先にも、あなたの職務経歴書が興味深い内容でなければいけない。

 

 

ドイツ企業が欲するスキルや経験を持ち合わせている人材でなければなりません。

 

 

日本では、「東大出身」など大学の肩書だけで優劣が決まる場合もありますが、ドイツでの就職活動において「大学名」はほぼ無意味。

 

 

あなたの卒業成績が物を言います。

 

 

「どこの大学を出たか」ではなく、「大学で何を達成してどの成績を収めたか」。

 

 

そして…。「在学中にどのような実務経験を積んだか?」。それが大事。

 

 

ドイツは日本ほどの学歴社会では無いため、ドイツ人は即戦力に対する採用時の判断材料として、あくまでそのスキルと中身を重視するのです。

 

 

既に社会人経験がある方は、さらに追加で「これまでの職歴と業務内容」が物を言う。

 

 

では、そのように「実力」だけが問われる海外への就職で、どのような中身の職務経歴書を作ればいいのか? お教えします。

 

 


職務経歴書

 

 

海外企業向けの職務経歴書の「書き方」については、様々なサイトで懇切丁寧に紹介・説明されているので割愛します。

 

 

ここでは、わたくしコダモンのこれまでの経験から最低限把握しておくべき部分だけを重点的にまとめます:

 

 

 

・多国籍国家ならではのルール

 

ドイツ社会は、様々な人種と宗教が入り乱れる多民族社会であり、人の採用に際しても「公平平等」を目的とした特定の配慮があります。同時に、求職者の性別や年齢、出自などが合否の判断材料になってはいけないという、人権的な問題もある。そのため、履歴書の個人情報欄には必要最低限の情報しか記載しなくて良いルールがあります。名前と住所、連絡先と国籍以外は基本的に必要ありません。また、写真の添付すらも求められないケースもあります。

 

 

・アピールポイントは「成果」と「スキル」

 

ドイツでは、就職に際して学歴よりも「大学で何をどの成績で達成したか」が重視されます。職歴も同様で、あなたが勤めていたカイシャよりも、「個人の成果や経験」を前面に押し出す書き方をしましょう。応募するポジションに求められる職務内容と経験に合致する部分に焦点を当てて、完結にまとめること。また、それらを事実として「書面」で提示できれば尚良しです。“Arbeitszeugnis” (= 職歴証明書) を離職の際に発行してもらい、コピーを提示できるようにしておきましょう。

 

 

・有益な情報は全て載せる

 

「ボランティアとしてゴミ収集に参加」、「市のマラソン大会で入賞」など。社会福祉活動や健康的なアクティビティは、信頼性や社会性などの面でドイツの採用担当に高く評価されます。この部分はあまり長々と書かずに、事実だけをまとめてみましょう。面接の際の質疑応答で、話の幅を広げるための材料にもなります。

 

 


就職先の探し方

 

 

まず、基本的な部分の再確認ですが…。

 

 

ドイツには新卒一括採用がありません

 

 

そのため、基本的には「就職活動」や「就活シーズン」という概念が存在しない。

 

 

つまり、年間を通していつでも募集しているし、いつでも応募できるのです。これは、ドイツの学生の卒業のタイミングが各々で異なる事からも来ています。

 

 

日本のように、ある時期に企業側がいっせいに募集を開始し、学生がワサワサと動き出すような事がない。ドイツの学生の卒業のタイミングは人それぞれなので、卒業シーズンも就活シーズンもないのです。

 

 

ここでは、その意味合いをわかりやすくするために「就職活動」としますが、ドイツでは新卒の就職活動も社会人の転職も、一律キャリア採用という扱いになります。

 

(合わせて読みたい)

 

 

多くの学生は卒業後の「即戦力採用」を目指して、在学中にインターンなどを通して「職務経歴書」を磨き上げます。特に理工系(情報科学、機械工学や電気工学)の学生などは、在学中からその実力が問われるので、即戦力としての採用が多い。

 

 

このような観点からも、あなたが「日本人」であることを除けば、スタートラインに立つ時の条件は同じ。採用に関しては実力主義の世界だという事です。

 

 

唯一不利なのは、日本の大学在学中に実務経験を積めなかった人。ドイツ人やその他欧州の就活生たちと比べると、その職歴証明が見劣りする可能性があります。

 

 

既に社会人経験がある方は書類選考をパスする確率が高いと想像しますが、それでも各々のスキル次第では誰にでもチャンスがある。新卒や社会人問わず、参考にしてみてください。

 

 

それでは、具体的にどのように就職先を探せばいいのか? 見ていきましょう。

 

 

エージェントを介して探す

 

 

ちょっとありきたりですが、やっぱり日本の「海外就職エージェント」を使うのが1番簡単です。

 

 

求人企業の状況やニーズを熟知しているプロに委託することで、自分では探しきれないような案件を提示してくれる事もあります。

 

 

また、彼らの成功報酬は採用となった企業から支払われるので、基本的に求職者には費用負担が一切発生しません。

 

 

優秀なエージェントが担当につくかどうかは運次第ですが…。希望条件を精査した後に、それにマッチするよう最大の努力をしてくれます。

 

 

コダモン流の上手なエージェントとの付き合い方をまとめました:

 

 

・メールには安易に反応しない

 

あなたの経歴が魅力的であればあるほど、たくさんのスカウトを受ける事になります。コダモンが日系から外資系に転職した際は、とある転職サイトに登録。グローバル人材にも特化したそのサイトでは、いきなり30~40通ものメールが届きました。様々な求人情報を扱うエージェント達が「こんな良い案件ありますよ!」「まずはお話だけでも!」と押しかけてくるのです。その時に、興味もない相手や案件を1つ1つ丁寧に断っていたのですが…。単純に時間のムダだった。優秀なエージェントからのアプローチは「こちらが求める条件を最大限考慮」してくれるケースが多いです。自分の経歴・スキル・希望条件をしっかり理解した上で、サポートを提示してきてくれている証拠。メールを一目見て「コレはないな…」と思ったら、どんどん横に置きましょう。

 

 

・エージェントに頼る時は必ず「自分本位」で

 

エージェントを介して仕事を探すときは、いつでも「自分が中心」だという事を覚えておくこと。彼らにとっては、あなたが優秀であればあるほど、自分の「報酬」への近道となります。そのため、全力でサポートしてくれる人がいる反面、単純に目先の結果だけを見るダメダメエージェントもたくさんいます。コダモンが実際に転職した際には…。「コダモンさん、転職っていうのはあなたの思い通りに行かないのが普通なんですよ?」などと上から目線で言ってくる人がいました。1社の内定に対して「即決」を求めてくるような危険人物もいた。そのような所で足踏みをするよりも…。あなたの希望条件とその背景をしっかり理解してくれる人に任せましょう。最終的に条件面で折れるかどうかはあなた次第ですが、特に海外での就職は、全ての内容が交渉次第で決まります。「強気の年収設定でねばったらあっさりOKだった」などのケースはよくあります。欲張りすぎない程度に「自分の希望はコレ」を貫きましょう。

 

 

英語でもしっかりアピール

 

二度手間に感じてしまう人も多いと思いますが、英語での経歴書の作成にもしっかり時間をかけましょう。担当となるエージェントが外国人である可能性も考慮すると、この部分に時間をかける事は大事です。海外で働きたい場合は、職種が何であれ英語はつきもの。ドイツでの就職となる場合でも、社内の公用語が英語であるケースも多いので、英語のCVは常に準備しておきたいところです。

 

 

現地企業の求人に応募する

 

 

現地の言語で探すことになるため少々難易度は上がりますが、現地企業の求人に直接応募することも可能です。

 

 

同様に、「現地のエージェントを介す」という事もできます。この場合は先方との全てのやり取りが英語または現地の言葉になりますが、求人の募集要項に合致するスキルと経験を持ち合わせているのなら、選択しとして十分に考えられます。

 

 

海外企業のサイトには、日系企業と似たような構成で、ホームページ上に “Job“ や “Career“ という枠で募集をかけているところが多くあります。ドイツの場合は、“Stellenangebote“ と記載されている事が多いです。オンラインエントリーを実施している企業はたくさんあるため、必要書類さえ揃っていれば企業のホームページから直接応募できます。

 

 

応募するポジションに対する希望条件や基本事項の記入に加えて、カバーレター、履歴書及び職務経歴書、特記事項などを添付としてアップロードします。

 

 

これが完了したら、あとは野となれ山となれ。現地の採用担当者から、メールもしくは国際電話で連絡が来ます。

 

 

また、「インディード」などの求人サイトはグローバルに展開しているので…。例えば:

 

 

「職種」,「条件」,「国/町」

(例: “IT engineer“,  “full-time“, “Berlin“) 

 

 

このようなワードで検索するだけで、それを取り扱う求人サイトが出てきます。

 

 

最初から最後まで「外国語」でやり通す必要があるため難易度は高いですが、日本からでは得られないような求人に出会える可能性があるところが魅力です。

 

 

ヘッドハンティングされる

 

 

難易度も高いし運要素も絡みますが、実はコレが一番賢い就職/転職の方法です。

 

 

ヘッドハンティングされるという事は…。将来の就職先の権限者から「君に決めた!」と言われてから、転職活動を行うようなもの。もうほぼ内定をもらったようなものです。

 

 

ただし、一言にヘッドハンティングと言っても、様々なケースが想定されます。

 

 

1. 学生の場合

 

 

大学生もヘッドハンティングされることはあります。

 

 

いわゆる「青田刈り」と同義になると思いますが、企業が目を付けた学生に対してオファーを提示することは珍しくありません。

 

 

コダモンも、大学時代に実際に経験しました。学生として短期契約でとある企業に従事していた時の話ですが、お偉いさんが同行する「日本人対応」任された時に、その語学スキルを評価されて…。「卒業したら是非ウチに来なさい」と言って役員から直接名刺を渡されました。

 

 

その当時はまだ卒業まで時間があったため、実際はお流れになったのですが…。このように、企業側は「使えそうな人材」に対するアンテナを常に張り巡らせています。その対象がまだ学生でも、です。

 

 

このプロセスを可能性として視野に入れる人は、在学中に当該国の外資企業でインターンシップをする必要があります。その中でもやはりベストは、「留学→現地でインターンシップ」というパターンです。

 

 

2. 社会人の場合

 

 

社会人の場合はもっと現実的で、「ドイツ企業と接触する機会」さえあれば、いくらでも引き抜かれる可能性はあります。

 

 

これも実体験に絡む話ですが、日系の大手でサラリーマンをしている時に経験しました。

 

 

当時の自分は、「ドイツ語ができるドイツハーフ」という事実以外を除けば、普通に日本で社会人をしていました。そんなある日。とある会議のために新規顧客として来社したドイツ企業御一行の中に、ドイツ人マネージャーがいたのです。その会議の中では、コダモンがプレゼンテーションをしながら適宜に通訳をしたりと、その場を回すような仕事をしていました。どうやらこの時の姿が評価されたようで…。後日自分のデスクに例のマネージャーから電話があり、メールのやり取りなどを通して「引き抜きの条件」などの話まで進みました。

 

 

この話も、最後は丁重にお断りしましたが…。

 

 

ドイツでは日常的にヘッドハンティングが行われる

 

 

それを身をもって経験しました。

 

 

グローバル化が進むビジネスシーンの中で、諸外国の企業からすれば、日本人であるあなたの「日本語能力」は既に魅力的。英語が流暢である事が大前提になりますが、日本語は比較的「ニッチな言語」で尚且つ需要が高いので、法人を相手にビジネスを展開する企業にとってはおいしい存在なのです。

 

 


就職のための前提条件

 

 

もう口が酸っぱくなるほど言っていますが、やはりまず語学が大前提です。

 

 

海外のどの企業のどの募集要項を見渡しても、その国での言語が母国語レベル、またはビジネスレベルの英語能力が必ず求められています。

 

 

この前提条件を迂回する方法は…ほぼナイでしょう。

 

 

基礎編でもお伝えしましたが、海外で働くという事は「海外で生活をする」という事。ワークライフバランスや高年収などに憧れる前に、現実問題として海外での暮らしが好きでないと続きません。

 

 

そして、それを決定づけるベースは語学です。

 

 

スーパーでの買い物などの単純なものから、各種契約や行政関連の煩雑なやり取り。また、同僚との日常会話からビジネスシーンでの難しい交渉事まで。全てにおいて「コトバ」が当たり前のように要求されるのです。

 

 

そして、それが苦にならないレベルの語学力が求められる。

 

 

海外企業の求人にマッチするスキルとしての「語学力」もそうですが、そもそもあなたの海外生活をより幸せなものにする手段としても、言語のスキルは欠かせないのです。

 

 

では、実際にどのような人材が日常的に求められているのか?「日本人であるメリット」に焦点を当てて見ていきましょう。

 

 

ドイツ企業が実際に求める人材とは?

 

 

ドイツを例に、今日現在(2019年1月25日時点)ネット上で実際に募集のある求人を2つほど例に挙げてみます。

 

 

1. 自動車サプライヤーの求人「営業技術」

 

 

 

「日本市場向けsales engineer」の募集です。

 

 

勤務地はハンブルク、正社員 ("Feste Anstellung") での採用枠ですね。

 

 

中身をざっとチェックすると…。「技術系の大学卒、もしくは同様の専門知識を持ち合わせていること」と書いてあります。あくまで技術寄りの営業ポジションの募集ですね。

 

 

採用枠は、アジアのリージョンマネージャーが上司となる位置。そのため、おそらくマネージャーレベルでの採用枠です。日本で言えば係長〜課長クラス。

 

 

この求人の1番の見どころは、やはり何と言っても募集要項のこの部分: 

 

 

 

訳します:

 

 

「日本の市場を担当していただく前提条件として、日本語が母国語レベルであること、また、日本の(ビジネス)文化に精通していること」

 

 

…。これを見て「おいしい」と思いませんか?

 

 

このような高いレベルの日本語能力を持つ人は、海外にはそうそういません。「大学で日本語を学んだ外国人」でも難しいでしょう。対法人ビジネスならばなおさらです。

 

 

そうなのです。この募集枠は…。

 

 

ウチは英語かドイツ語ができる技術系の日本人を探してるよ!

 

 

そのように言っているのと、ほぼ同じなのです。

 

 

そのため、あなたが仮に自動車関連の営業経験、もしくは技術経験の持ち主であるならば…。「とりあえず応募してみる」に値する、絶好の案件です。

 

 

 

2.  自動車サプライヤーの求人「営業」

 

 

「日本語を話すsales engineer / 車載アングルセンサーのサプライヤ」の募集です。

 

 

やはり自動車大国ドイツ。ざっと検索するだけでも、その「車業界率」は高いです。

 

 

前述の求人と似たような営業ポジションでの案件ですが、こちらが特に「興味深い」と感じた点が一つ。

 

 

実はコレ、日系企業のドイツ支社での採用案件なのです。

 

 

募集要項の中で企業名はふせられていますが、勤務地がドイツの "Ulm" という比較的小さな街であることや、意外とサプライヤの少ない製品群である事などから、ネット検索で簡単にその会社をつきとめる事ができます。

 

 

何はともあれ、この求人。これも一目見て「ウマイ」と思いませんか?

 

 

募集要項の中で、すでに「日本語スキル」が求められている。そして、ドイツにおける法人営業を担当するポジションです。

 

 

ちなみに、お気付きの方もいるかもしれませんが、前述の案件とは違い、この2番目の案件は全て「英語表記」です。中身の募集要項も英語。ドイツ国内での採用でも、このように全てが英語でなされるケースも多々あります。

 

 

掲載元の企業が日系だという部分も背景にあるのでしょうが、「ドイツ語はダメだけど英語なら…」という人でも、一考の価値アリです。

 

 

これらの求人は、ドイツ語のネット検索で "Japanisch"(日本語)、 "Job"(仕事)という2つのワードで検索し、最初にヒットした求人案内サイトを覗き込んで…。すぐに見つかった案件です。

 

 

あくまで例ですが、このようにあなたの元来の強みである「日本人」及び「日本語」という部分が海外の就職市場求められているケースは多いのです。

 

 


内定までの選考プロセス

 

 

ここでは、エージェントを通さずに求人に直接応募してみたケースを想定します。

 

 

応募書類をアップロードまたは送付すると、まずは企業の人事からメールなり電話なりで通達があります。

 

 

この時点で考えられるのは、次の2パターン。

 

 

1. 確認事項がある

 

 

2. 書類選考を通過した

 

 

確認事項がある場合は、さらに次のような内容での問い合わせが考えられます。

 

 

応募内容の再確認の場合

 

採用する企業がまず気にする部分は、あなたの国籍及び居住地でしょう。いずれも「日本」となっている場合が考えられ、そもそも応募した本人がどのようなプロセスを想定しているのか? という部分を、採用担当者は気にします。前述のように、電話やSkypeなどのビデオ面接だけで採用までこぎつける事ができれば楽ですが、直接面接の場を設けないと採用は難しい…という海外企業も当然存在します。日本に支社がある場合は調整が可能でしょうが、そうでない場合は「現地での面接を通さなければ不可」という事も考えられます。そのため、面接に際しての現地入りは可能か? 将来的な移住は? などの基本的な確認事項が考えられます。 面接に際しての「自腹での現地入り」は、そもそも事前に覚悟しておく必要があります。

 

 

希望条件の再確認の場合

 

よくあるパターンが、希望年収の再確認です。ドイツの求人は、まず想定年収を明記していない場合が多い。採用をかける企業側にはある程度の年収上限が存在するものの、募集をかけているポジションに対しての求職者の希望年収は、ここで初めて確認できるわけです。そのため、明らかにマッチしていない場合などは、この時点で「やんわりとお断り」になるパターンがある。また逆に、応募者の希望年収が予想より高くても、それが「欲しい人材」または「優秀な人材」であるならば、そのままいったん書類選考通過の通達へとなるわけです。

 

 

無事に書類選考を通過した場合は、次に「面接」が待っています。

 

 

求人にエントリーしたらWebでの適正検査があって、一次、二次と面接があって、役員面接があって…というのが日本では普通ですが、それに比べると海外の採用プロセスとっても簡潔です。

 

 

まず、海外及びドイツでは適性検査や似たような試験を導入していない企業がほとんどです。

 

 

そして、日本のように何回も段階を踏んだ面接はない。多くても2回でしょう。

 

 

コダモンの場合は、ドイツで面接をした時…。いわゆる1次面接に招待されたら、さっそく人事マネージャーと営業統括という偉い人達に囲まれてしまいました。

 

 

そして、面接も上々で…。先方はその場で採用を即決(笑)

 

 

そのため…。

 

 

書類審査を通過したら50%はクリアしたも同然なのです。

 

 

企業から連絡があって「是非面接したい」となったら、素直に喜んで良い事態です。

 

 

日本からの転職及び就職活動となりますので、可能であれば2〜3社との面接ゲットして…。弾丸ツアーを組むような形で、現地に赴くのが最適解でしょう。

 

 


 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

「ドイツなどの海外で働くための転職と就職活動」と題して、海外在住13年以上のドイツハーフが、そのノウハウと方法をまとめてみました。

 

 

「日本から海外で働くための就職活動ってできるの…?」

 

 

そのように思い悩んでいた人も、そこには必ず「可能性」が存在している事。そして、行動に移せばまったく夢物語ではない事が認識できたのではないかと思います。

 

 

「海外で働きたい!!」

 

 

そのように思っている人は、まず語学をしっかりと上達させること。

 

 

あとは…。実際に行動に移してみるのみ、です。

 

 

海外進出を目指すみなさん。応援しています!

 

 

コダモン

 

 

 

関連する記事を読む: