ドイツ人もうらやましがるワークライフバランスとは?

日本の会社には無かった「ワークライフバランス」。それをしっかり実践しているのがドイツで、さらにその上をいく国もある。

まずは自分のワークライフバランスを見直してみる

 

 

 

コダモンです。

 

 

 

つい2年前ほどまで、日系の大手民間企業に就職していました。

 

 

 

海外で10年以上生活していたドイツハーフが、ゴリゴリの日系企業に就職。そして、そこで4年半働いてみた。

 

 

 

そこでの経験は唯一無二だったし、学ぶことも多かった。けど…。

 

 

 

いつでも辞めたかった

 

 

 

体力と「心」をゆっくりと消耗し続けた4年半でした。

 

 

 

そんで辞めた (笑)

 

 

 

今はドイツで気ままにサラリーマンをしています。

 

 

 

日本にいた時は…。誰もが年功序列に従いながら、いつまでもいつまでも周りに合わせながら、みんななんとなくビクビク働いていた。

 

 

 

部署の中では残業が横行しているから、定時に帰宅すると白い目でみられる。

 

 

 

誰も有給休暇を取らないから、いざ申請する時は「すみません、お休みをいただきます…」と、みんな超低姿勢。あたかも悪いことでもするかのように。

 

 

 

上司の中には、毎日終電で帰宅している人もいた…。

 

 

 

そんな環境、同僚と上司に囲まれて、ストレスまみれで働くのが「当たり前」だった日本のカイシャ。

 

 

 

その組織に属して、社会人をやってみた4年半。

 

 

 

毎日毎日パソコンに向かって、出張して、休日にも出勤して、ロクに有給休暇も取らないで…と頑張っていたら、疲れた。

 

 

 

マジで単純に疲れた。

 

 

 

周りを見渡せば、「仕事が生きがい」みたいな人だらけ。

 

 

 

いや…。みんなそう考えざるを得ないほど…。カイシャと部署という「小さな世界」でがんじがらめなのです。

 

 

 

「終身雇用」の名残にすがりつきながら、その会社で「生涯を勤め上げるのが任務」だと思いながら…。搾取されていたのだろうな…。

 

 

 

尊敬する上司もいたけど、基本的には誰とも「考え方」が合わなかった。

 

 

 

その繰り返しで…。「もういいや…」となってしまったわけです。

 

 

 

 

そんなこんなで、そのカイシャを辞めて、海外で外資系に転職。

 

 

 

そこでは、日本では考えられないほどストレスの無い働き方ができています。

 

 

 

ワークライフバランスの宝庫のようなドイツ。

 

 

 

仕事以外に「いくらでもやりたいこと」があるのがドイツ人。

 

 

 

家族との時間、自分の趣味の時間…。いくら余暇の時間があっても足りないのも、ドイツ人の特徴。

 

 

 

オフィスにとどまる時間など、必要最低限。

 

 

 

半分日本人のコダモンは、逆に「もうちょっとだけ働いてくれ…」と思ってしまう事もあるほど。ドイツ人は、色んな意味で自分に正直に、健全に働いています。

 

 

 

日々の業務の中でも、自分の仕事をこなしたらさっさと帰宅する。職場の人間関係の中にも「人の豊かさ」が感じられるのが、ドイツの働く環境です。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

 

いただいているお給料も、日本の時より格段に多い。(コレ微妙に大事)

 

 

 

何はともあれ、ドイツにはお手本のような「ワークライフバランス」があった。

 

 

 

けど…。

 

 

 

欧州には、さらにその上をいくような「超ホワイトな働き方」があるのです。

 

 

 


ドイツ人もうらやむ仕事環境がある?

 

 

 

こんな記事をみつけました:

 

 

 

「ワークライフバランス: この国ならリラックスして働ける」

"Work-Life-Balance: In diesen Ländern könnt Ihr entspannt arbeiten"

(出典: https://www.gruenderszene.de/allgemein/oecd-studie-work-life-balance-laendervergleich?interstitial, 2018年12月26日時点) (訳: コダモン。以下同様)

 

 

 

この記事は、ドイツでドイツ語で発信されていたもの。

 

 

 

ドイツ人によって書かれた内容です。

 

 

 

記事のタイトルを見ても分かる通り…。ドイツ人目線から見ても、「さらにリラックスして働ける環境がある」と言っているわけです。

 

 

 

では、さっそくその中身を見ていきましょう。

 

 

 


「ワークライフバランスNo.1」の国は?

 

 

 

記事の中では、経済協力開発機構(OECD)が35カ国を対象に実施した調査と統計を紹介しています。

 

 

 

対象となった国で調査されたのは、「幸福の指標」(„Faktoren des Wohlergehens“)。

 

 

 

人々が、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあること。それに対する指標を調査したのです。

 

 

 

そして、その調査に際して具体的にチェックされた項目が…。

 

 

 

収入。職場。教育。そして…。ワークライフバランス。

 

 

 

その他にも、経済的、社会的角度から見たその国々の評価が加味されています。要は、福祉とか暮らしやすさとか。

 

 

 

直近では、2017年の結果が公表されているみたいです。けっこう最近…。

 

 

 

その中でも、今回は「ワークライフバランス」の項目に注目します。

 

 

 

「ワークライフバランス」に関しては…。

 

 

 

① 一週間の平均業務時間

 

 

 

そして…。

 

 

 

② 余暇に費やす時間

 

 

 

この2項目から査定されています。あくまで、仕事として企業に拘束されている時間の長さからチェックされている模様。

 

 

 

もちろん、それが短ければ短いほどベスト。

 

 

 

この「ワークライフバランス」で欧州1位に輝いたのが…。

 

 

 

オランダです。

 

 

 

次いで、デンマークとフランス。

 

 

 

…。

 

 

 

ドイツが"トップ3"にすら入っていない! (笑)

 

 

 

ドイツで転職して、ワークライフバランスの天国だと思っていたのに…。これらの国は、さらにその上をいくらしい。

 

 

 

この調査で下位に位置するトルコなどの国では、約35%の人が「労働時間が長いと感じる」と答えたとの事。逆に、1位のオランダでは、その数字がおよそ0.5%まで下がる。

 

 

 

コレってある意味、驚異的な数字…。

 

 

 

国民のたった0.5%が「自分は働きすぎと感じている」だなんて!!

 

 

 

どんだけホワイトな国なんだ…??

 

 

 

ちなみに、ドイツの「ワークライフバランス」は第8位。

 

 

 

…。

 

 

 

自分が実際にドイツで、ドイツ企業で働いてみた結果、ワークライフバランスは確実に充実していると言えます。

 

 

 

月の残業時間が20時間を超える月は珍しいし…。

 

 

 

16時にさっさと帰宅することもできるし…。

 

 

 

有給休暇は年間30日が必ず取得されている。

 

 

 

それでも8位です (笑)

 

 

 

1位のオランダとか…。一体どうなってるんでしょうかね。

 

 

 

…というわけで、調べてみました。

 

 

 

ワークライフバランス1位のオランダの労働時間

 

 

 

ワークライフバランスで1位になった、オランダ。

 

 

 

そんなオランダの労働事情は…。

 

 

 

「フルタイムで働く人の平均労働時間が週40.9時間」

(出典: https://www.handelsblatt.com/politik/international/arbeitszeiten-niederlande-rechtsanspruch-auf-homeoffice/13379278-8.html?ticket=ST-1789079-5Xn56062TeAlBhKz6GzA-ap5, 2018年12月26日時点)

 

 

 

週40.9時間…!?

 

 

 

ヤバくないですか、コレ。

 

 

 

対象となっているのは、勤務形態が「フルタイムの人」。統計の中で1番働いている人を対象にしても、この数字です。

 

 

 

実際に働いている人間たちの平均値です。

 

 

 

「残業」とか全て込みで、コレなのです。

 

 

 

1日の労働時間に換算すると、平均でたったの8.2時間。

 

 

 

8時に出勤したら、16時過ぎには帰宅している計算ですね。

 

 

 

(…残業なんて誰もして無いんじゃないのコレ)

 

 

 

みんなどんだけ余暇に時間を費やせるんだ (笑)

 

 

 

 

「ワーク」の後に「ライフ」を充実させることも、これだけの時間が確保できるのなら容易ですね。

 

 

 

ちなみに…。

 

 

 

コダモンが日系の大手で正社員として働いていた時は、9時から17時半までが就業時間でした。

 

 

 

そしてそこに、月のみなし残業20時間がプラスされてた。みなさんご存知の、契約時に勝手に書かれているやつ。

 

 

 

ここから単純計算すると…。

 

 

 

最低でも、週43.5時間勤務だったことがわかります。

 

 

 

そしてそこに、当然のように追加で残業がありました。

 

 

 

…。実際はどれくらい働いていたのだろうか。

 

 

 

残業代がしっかり出ていたのが不幸中の幸いですが、長時間労働でワークライフバランスはグダグダでした。

 

 

 

お手本のような「ワークライフバランス」だが…

 

 

 

海外、特に欧州のワークライフバランス。

 

 

 

それが「日本に比べて充実している」というのは周知の事実だと思いますが、こうして数字にして見ると、その違いが明確になりますね。

 

 

 

ストレスまみれで仕事していた、日本でのサラリーマン時代。

 

 

 

そして、転職後の、ドイツにおけるストレスフリーで仕事をしている現在。

 

 

 

自分の実際の体験から、その違いが本当にデカイことを、実感しています。

 

 

 

そして、そんなドイツのさらに上をいくようなワークライフバランスの環境を提供する国が存在している事実。

 

 

 

世界では、このような「違う働き方」が行われていることは、誰もが知っておくべきです。

 

 

 

そして…。

 

 

 

今現在の自分自身の状況と照らし合わせてみるべき

 

 

 

こうやって書くと…。

 

 

 

「日本は欧州とは違うだろ」

 

 

 

「海外で働けるわけねーだろ」

 

 

 

そんな声も聞こえてきそうですが…。いや、まぁ実際そうかもしれませんけどね。

 

 

 

「自分とは全く縁の無い話だ!」

 

 

 

そう割り切れる人は、それで良いと思います。イヤミでも何でもなく。

 

 

 

わたくしコダモンは、日本で働いている時に「絶対何かが違う」と思いながら、毎朝重い足をカイシャへと運び、モヤモヤしながら働いていました。

 

 

 

周りはみんなエンドレス残業して。

 

 

 

都内の怒涛の通勤ラッシュで毎日出勤している人もいて。

 

 

 

有給休暇が20日以上たまっていると豪語するような人などもいて。

 

 

 

そのような環境下で、自分を見失わないように必死でした。

 

 

 

「今のこの期間は『我慢の時間』なのだ…!」

 

 

 

そう割り切って、そう自分に言い聞かせながら、耐えていた日々。

 

 

 

ダラダラと4年半も勤めていましたが…。

 

 

 

当時のカイシャ生活は、まったく楽しくなかった。

 

 

 

「ダメもと」でスタートさせてみた日本のカイシャ生活は、やっぱりダメだったのです。

 

 

 

入社してスグに、自分はいつか海外で、日系企業以外で働くと、決めてしまった。

 

 

 

自分はグローバルな人間だという自負もあったけれど、それよりも何よりも、「今現在たくさんの時間と心身を搾取されている自分」が、どう見ても明確だったから。

 

 

 

そんで辞めた。

 

 

 

そして、次の行き先は自分の第二の母国。ワークライフバランスが充実しているドイツだった。

 

 

 

ただそれだけ。

 

 

 

…。

 

 

 

欧州のワークラフバランスは、よく「お手本」だと表現されます。

 

 

 

しかし、それを「お手本」のレベルでとどめておくか、はたまた実際に経験してみるか…? そのような選択肢は、確実に存在していると思います。

 

 

 

何も「オランダに移住するのが良い」などと言っているのではありません。

 

 

 

今の自分のワークライフバランスを見つめ直してみて

 

 

 

…それが言いたいのです。

 

 

 

コダモンは、過去の海外経験もあり、また、自分がハーフということもあり…。海外へ転職していくことには、何の躊躇もありませんでした。

 

 

 

そして、そんな自分は「特殊」であるという事も、認識しています。

 

 

 

誰がどう見ても、一般的な人よりは、海外へ行きやすい前提条件がそろっている。

 

 

 

それでも…。

 

 

 

大学卒業後を日本で過ごして、日系の大手企業で、「ニホンノシャカイジン」として、一通りの働き方を経験してきました。

 

 

 

残業もして、行きたくも無い飲み会に参加して、休日にもメールをチェックして、社内のどうでもいいルールにたくさん従ってみた。

 

 

 

そんな、日本と海外の両方でサラリーマンをやってみた、ドイツハーフ。

 

 

 

最後に、やっぱり確認しておきたい…。

 

 

 

あなたのワークライフバランスは大丈夫ですか?

 

 

 

コダモン