日本の会社の飲み会と海外ドイツはこんなに違う

日本の会社で経験した飲み会は『仕事の延長』でつまらなかった。ドイツの飲み会は果たして…?



 

 

コダモンです。(@_kodamon)

 

 

同じ会社員でも、ドイツと日本の働き方はまったく違います。

 

 

ドイツ人はほぼ残業をしないし、年功序列や先輩後輩の面倒なルールも無い。職場の人間関係もとてもサッパリしています。

 

 

 

ドイツと日本の両方で社会人を経験し、日本とドイツの両方で企業勤めをしてみたのですが…ドイツと日本のワークライフバランスは雲泥の差。今現在働いているドイツのドイツ企業の同僚たちは、みんな毎日とてもイキイキ働いています。

 

 

 

その中でも最近特に気になったのが、ドイツと日本の会社の飲み会の違いです。

 

 


1. 日本とドイツはまず『働き方』が違う! 

 

 

日系の大手企業を退職してから、早いものでもうすぐ1年半が経とうとしています。

 

 

日本の会社に在籍していた時は、残業や休日出勤など、典型的な日本のサラリーマンの働き方を経験しました。そして、毎日が苦痛だった。

 

 

その当時は休日などのプライベートでさえ仕事の事を考えてしまうほど、仕事のストレスが人生に悪影響を及ぼしていました。勤めていた企業は決してブラックでは無く、ごく一般的な日系企業だったのに…。

 

 

海外経験が長かったドイツハーフには、『日本のサラリーマン』がそもそも向いていなかったのかもしれません。日系企業では当たり前な年功序列や古い慣行に、最後まで馴染めなかったのです。

 

 

「上司が帰らないから残業する」「みんなが参加するからとりあえず会議に出る」などなど。集団行動で周りに合わせることを『良し』とする環境の中で働いていました。

 

 

そのような不効率な働き方が当たり前の日本で4年半サラリーマンをしていましたが、いつしか耐えられなくなりドイツ企業に転職しました。

 

 

そして、今現在はドイツで会社員をしているわけですが…。

 

 

ドイツでは毎日とてもストレスフリーに働いています。

 

 

個人主義と成果主義のドイツの職場では『周りに合わせる』必要はない。ドイツでは、「上司も部下も早く帰る」「会議への参加は各自の自己判断」というのが普通なのです。

 

 

そのような働き方の違いは、アフターファイブの飲み会にもキッチリ現れます。

 

 


2. 日本の会社の飲み会 - 本当は誰も参加したくない?

 

 

日本で働いていた時は、けっこうな頻度で『飲み会』がありました。

 

 

歓送迎会などのオフィシャルな飲み会から、「今日ちょっと飲みに行かない?」などの爆弾的なお誘いの飲み会まで。

 

 

「飲みニケーション」なんて言葉もあるほど、日本のカイシャでは飲み会が浸透しています。

 

 

上司などから飲み会に誘われることは、本来は喜ばしいことなのかもしれません。

 

 

チームビルディングのためとか、結束を高めるためとか、上司と打ち解けるためとか…。『飲み』というフランクな雰囲気を通すことによって、ある程度の効果も期待できるのかもしれませんね。

 

 

それでも…日本で会社員をしている時に楽しい飲み会は無かったです。

 

 

なぜでしょうね。本当にどれもこれも面倒で退屈で、時間の無駄でした。

 

 

日本の飲み会というものは、先輩後輩のマナーとか、上司や目上の人の世話に気を使う場です。気楽に楽しむこともできない、完全に仕事の延長のようなもの。

 

 

一緒に飲みに行くメンバーが『職場の人間』というのがツライところです。

 

 

日本の職場の人間関係はとっても煩雑です。『お局様』みたいな老害のおばちゃん社員がいたり、勤務年数だけムダに長くて無能な上司が幅を利かせたり。相手にするだけで疲れてしまう人がいる職場環境はストレスです。

 

 

さらにさらに、「みんなしてるんだから残業しろ!」「みんなが働くんだからお前だけ休むな!」というような無意味な集団意識もスゴイ。

 

 

そのような職場の人間関係はだたでさえ毎日憂鬱なのに、何が悲しくて仕事の後にも会社の人間に付き合わなきゃいけないの? という具合で、そもそも飲み会に行く前からウンザリなわけです。

 

 

入社した当初は、社内での交流を大事にする意味でも、たくさんの飲み会に参加しました。部署の飲み会から、役員クラスの偉い人が同席する飲み会まで、どれも一通り経験してきました。

 

 

その実体験から、「カイシャの飲み会つまらねぇ」と断言できます。

 

 

本当に時間のムダ。そして、そのように感じていたのは、ドイツハーフだけではないのです。

 

 

当時の職場には明らかに『飲み会に乗り気でない人』がたくさんいました。「ゲッ! 忘れてた! 今日部署の飲み会じゃん…」と言って露骨に嫌な顔をする人とか。

 

 

「俺、明日の飲み会は出張とカブったから参加できないんだよね!」と、明らかに清々しい顔で言う人とか。

 

 

結局誰も参加したくないんじゃん (笑)

 

 

それでも繰り返し開催される『カイシャの飲み会』って…一体何の意味があるんでしょうかね。

 

 

女性社員なども、お世辞にも部署の飲み会を楽しんでいるようには見えませんでした。「よーしこれから二次会だー!」と言うノリノリの男性社員を横目に、「お先に失礼しまーす」と言ってそそくさと帰宅していく女性社員たち。

 

 

彼女たちも、仮にその飲み会が楽しければドンドン参加するはずです。でも、やっぱり日本の飲み会というものは基本的には誰もが「もう帰りたい…」という気持ちが先行してしまっているのです。だからみんな、1番早く帰れるタイミングでさっさ去っていくわけですね。

 

 


3. 日本の飲み会で『ひいた話』

 

 

飲み会を拒否できない雰囲気づくりも、日本の会社の飲み会の悪いところ。

 

 

年功序列と先輩後輩の関係のせいで、「上司の言葉は絶対!」「先輩の誘いは絶対!」みたいなところがあります。

 

 

また同時に、職場の集団行動が過ぎるあまり、飲み会を断ると「あいつは組織の和を乱している!」「自分勝手だ!」となるわけです。たかが飲み会なのに…。断った次の日は、部署の人が冷たかったりもする。

 

 

何はともあれ、実際に飲み会を楽しんでいるのは家に帰ってもやる事がない人だけです。会社だけが『生きがい』のような古い社員のみなさん。そんな彼らは、部下や若手を引き連れて飲み屋をハシゴすることに悦びを感じているのです。

 

 

そのような人の中には、決して酒癖良いとは言えない上司もいます。自分は経験しませんでしたが、パワハラまがいの『飲み強要』とか、飲みの席で訳の分からない説教が始まったりするケースは多々あります。

 

 

どれもこれも、会社の飲み会だからこそ発生するシチュエーション。そんなものは迷惑でしかないし、最近の若者が飲み会を敬遠するのは当然です。

 

 

わたくしコダモンが日本で営業部に所属していた時の上司の中には、勤続ウン十年の古参の人がいました。

 

 

その上司が語る「昔の飲み会の話」は、想像を絶していた。

 

 

「俺の噛んだガムなら噛めるだろう!?」と、酔った上司から言われたり。

 

 

「俺がつぐ酒が飲めねえのか!?」と、これまた酔った上司が自分の脱いだ靴にビールをついで、それを部下に飲ませようとしたとか(しなかったとか)…。

 

 

この話を聞いた時はマジでひいた。

 

 

大昔の話とはいえ、完全にパワハラです。今だったら訴訟沙汰にすらなっちゃうかも。

 

古い上司のみなさんは90年代の激動な社会人生活を送ってきた人たちであり、彼らが経験してきた飲み会は体育会系まっしぐら。過酷な状況にこれまで散々耐えてきたという自負があるため、部下にもそれを求める『めんどくさい人』となるわけです。

 

 

上司に気に入られてスムーズに昇給や昇級をするのは大事です。でも、それ以上に誰も好き好んでオッサン達の道楽に付き合いたくないというのが、会社員たちの本音でしょう。

 

 

アフターファイブの飲み会ですらリラックスできない日本。そのような飲み会の場が楽しいわけがないのです。

 

 


4. とてもサッパリしているドイツの「飲み会」

 

 

そんな日本と対照的なのが、ドイツで経験した飲み会。

 

 

それはとてもサッパリしているのです。

 

 

ドイツの会社の飲み会は「行きたい人は行く」「行かない人はいかない」という感じで、とてもシンプルなもの。

 

 

そもそも、ドイツ人を例に見る欧米諸国の人たちは仕事とプライベートを切り離すのが当たり前です。

 

 

仲が良い同僚が飲みに行くことはあるし、オフの時間に社員同士が集まる事もあります。ただしそれは、あくまで会社とは無関係。ドイツ人にとって飲み会は『プライベートなもの』という認識が強いので、そこに職場や上司などの要素がズカズカと侵入する余地はありません。

 

 

ドイツ社会は個人主義であり『個』が常に尊重されます。日本のような集団行動がないので、上司に合わせて残業をする人もいない。仕事が終わったらすぐに帰宅するのがドイツ人です。家族と過ごす時間や、趣味の時間などが最優先なのです。

 

 

仕事で関わる上司や部下などの人間は全て『仕事の関係』だとキッパリ割り切っているので、ドイツ人を『職場の飲み会』という名目で仕事の後に拘束するのは、そもそも至難の業なのです。

 

 

「行きたい人がいけば?」

 

 

「私は今日はパス」

 

 

そう言って、いとも簡単に「会社の飲み会」をキャンセルするドイツ人。

 

 

日本だったら「自分だけ断れない…」「みんなが行くなら行かなきゃ…」と気にするところですが、ドイツではまったくおかまいなし。

 

 

ドイツには年功序列のシステムも無いので、そもそも『先輩の誘い』などという意識がドイツ人にはありません。年齢や入社時期はまったく関係なく、職場の人間関係はフラットです。

 

 

ちなみに、わたくしコダモンが転職したドイツ企業で経験した社内の飲み会は、年に2回程度のチームの集まりだけです。

 

 

「チームビルディング」という名目で、いわゆる飲み会のようなパーティーが開かれるのですが、日本と同じようにみんなで酒場なりレストランなりへ行きます。いわゆる一次会はゴハンも食べながら21時くらいまで。二次会は、自由参加ながらほぼ全員参加で、だいたい23時くらいまで。そしてお開きです。

 

 

このようなチームの集まりは、ある程度事前に予定が組まれます。「今日飲みに行くかー」というようなお誘いが一切ない職場なので、こうした集まりは逆にちょっとしたイベントになります。

 

 

それでも、ドイツの飲み会はあくまで自由参加だし、飲み会が開かれるタイミングと頻度が明確です。そこにはちゃんとした『開催理由』もある。

 

 

そして何より、ドイツの飲み会はとてもストレスフリーです。

 

 

飲みの席でもみんなそれぞれのタイミングで飲むし、各々が勝手に注文する。年功序列など気にしないし、お酌とかの面倒なマナーもない。若手が店員の相手をするようなことも無いし、何なら上司が自ら率先してみんなの世話をして和やかな雰囲気づくりを心がけます。

 

 

日本で経験したビール瓶のラベルを上司に向けて置く』などの意味不明なしきたりも、もちろんありません。(コレ知っている人少なそう…)

 

 

ドイツの飲み会は自由です。そして、その場にいない同僚の事を悪く言う人など一人もいません。一次会で帰る人も、別に理由をつけないで勝手に帰る。二次会へは行きたい人だけが行きます。

 

 

そして、そのようなドイツの飲み会は…ちゃんと毎回楽しいです。

 

 

個人的な見解もあるかもしれませんが、一番の理由は「強制的に参加させられている」という気持ちが無いからなのだと感じます。日本のように、「みんなが参加するから」「上司に嫌われたくないから」などと、いちいち気にしなくていい。

 

 

ドイツの飲みの席はリラックスムードでお酒は勝手に進むし、仕事以外の話でたくさん盛り上がります。そして、普段はバリバリの成果主義と個人主義の職場なので、フランクな飲み会を通して社員同士のつながりが強くなるのです。このような飲み会こそ、コミュニケーションを深めるための「有意義な時間」だと言えるでしょう。

 

 

あくまでチームとしての意識向上とコミュニケーションの場として、ドイツの飲み会はとてもサッパリとしているのです。

 

 


5. 日本の「飲みニケーション」は無意味

 

 

コダモンが経験してきた日本とドイツの飲み会。

 

 

その中身はとても対照的だし、もちろん後者の方が断然自分には合っていました。

 

 

そんな中、最近このような記事を目にしました:

 

 

「飲みニケーション復権? 合理化一回り、人と人重視」

 (出典: https://mainichi.jp/articles/20181130/k00/00e/020/212000c, 2018年12月12日時点)

 

 

この「飲みニケーション」という言葉、嫌いです (笑)

 

 

当時の嫌だった飲み会を思い出すし、なにかこう…『強制』をにおわせるような表現が気になるから。

 

 

何でコミュニケーションをするのに『飲み』が必要なんだ…? 何はともあれ、この記事によると、飲み会のあり方が昔と今では変わって来ているとのだとか。

 

 

その中で気になったのが、こんな一文です:

 

 

「かつては日常風景だった職場の飲み会は、若者に敬遠されがちだ。シチズンが昨年、社会人1年目に上司や先輩との飲み会の頻度を尋ねたところ、『1カ月に1度もない』との回答が42%を占めた。」(出典: 同上)

 

 

…コレ、何か問題でもあるんでしょうか? 

 

 

 

入社1年目の社員が「1ヶ月に1度も先輩と飲み会がない」と、何か不都合でもあるんですかね?

 

 

 

この記事にはまったく共感できません。そうやって『飲み会の頻度』などを基準にしたりするから、日本の飲み会はいつまで経っても強制感が無くならないんですよ。

 

 

入社1年目の若手だって、もし先輩上司たちとの飲み会が楽しければ「また行きましょう!」と誘うでしょう。仮にそうでない場合は、それなりの理由があるだけのこと。

 

 

そのような事情を汲み取らないで、ただ単純に「若手が飲みに行かなくなった!」などと騒いだって…何の意味も無いと思います。

     

 

ドイツのように飲み会を開く理由がちゃんとあって、『強制感』のない自由な雰囲気であれば…日本の会社の飲み会も、少しは楽しめるのかもしれませんね。

 

 

 

コダモン

関連する記事を読む: