日本の会社の飲み会と海外ドイツはこんなに違う

日本の会社で経験した飲み会は全部『仕事延長』でつまらなかった。ドイツの飲み会は果たして…?


「人と人重視」の飲み会がない日本と対照的なドイツ

 

 

コダモンです。

 

 

同じ会社員でも、ドイツと日本の働き方はまったく違います。

 

 

ドイツ人はほぼ残業をしないし、社内の人間関係も、年功序列などのめんどうなルールが無いためとてもバランスが良い。

 

 

仕事をしていても、取引先の相手が午後4時にはとっくに帰宅しているなんてこともザラなので、社会全体として定時に帰る習慣があります。

 

 

企業に根付く風土やしきたりは、日系企業とは根本的に違うし、日本のカイシャでは当たり前な先輩後輩の関係や、集団行動から来る『見えないルール』なども外資系企業には無い。

 

 

その中でも最近気になったのが、同じ部署の人たちと行く飲み会に関する違いです。

 

 


日本とドイツはまず『働き方』が違う!

 

 

当時勤めていた日系の大手を辞めてから、早いものでもうすぐ1年半が経とうとしています。

 

 

日本のカイシャに在籍していた当時は、日々の仕事の中でいくらでも嫌なことがあったのですが…。今こうして冷静に振り返ってその内容をブログで書くと「苦い思い出」よりも「懐かしさ」を感じられるようになりました。

 

 

月日が経つと嫌なことも水に流される…ということですかね?

 

 

 

残業も、休日出勤も、飲み会も… 日本のサラリーマンとして何でも一通り経験しました。そして、そのどれもが苦痛だった。

 

 

都内の本社に勤務していた当時は、休日などのプライベートな時間でさえ仕事の事を考えてしまうほど、「仕事」が人生をむしばんでいました。

 

 

勤めていた企業は決してブラックでは無く、仕事もそこまで激務では無かったのに。

 

 

それでも、気がついたら自分は疲れ切っていました。

 

 

海外を経験したドイツハーフには、「日本のサラリーマン」がそもそも向いていなかったのかも。

 

 

日本では当たり前の働き方と、日系のカイシャでは当たり前な年功序列と古い慣行に、悪戦苦闘しました。ストレスまみれの生活に、最後まで馴染めなかったのです。

 

 

なんだかんだでズルズルと4年半も勤めていましたが…。

 

 

日々の業務の中ではたくさんの貴重な経験もできたのですが、当時のカイシャ生活は基本的にいつでも辞めたかったです。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

日本とドイツでは、ワークとライフの関係性がまったく異なります。

 

 

そして、そのような『違い』は会社における飲み会事情にもしっかりと反映されているのです。

 

 


誰も参加したくない『日本の飲み会』

 

 

日本で働いていた時は、けっこうな頻度で「飲み会」が開催されました。

 

 

歓送迎会などのオフィシャルな飲み会から、「今日ちょっと飲みに行かない?」などの爆弾的なお誘いの飲み会まで。

 

 

「飲みニケーション」なんて言葉もあるほど、日本のカイシャでは飲み会が浸透しています。

 

 

『飲み会に誘われること』自体は、喜ばしいことなのかもしれません。

 

 

チームビルディングのためとか、結束を高めるためとか、上司と打ち解けるためとか…。「飲み」というフランクな雰囲気を通すことによって、ある程度の効果も期待できるのかもしれません。

 

 

しかし…。

 

 

カイシャ生活の中に「楽しい飲み会」はありませんでした。

 

 

どの飲み会も、先輩後輩のマナーや上司の世話などに気を使う「めんどう」なものでした。

 

 

完全に仕事の延長です。

 

 

飲み会の場を『ストレスのはけ口』にする悪い輩もいるし。

 

 

ただでさえ日々の業務の中でも憂鬱な人間関係なのに、何が悲しくて仕事の後にも社内の人間に付き合わなきゃいけないの…? 

 

 

入社当初は、社内での交流を大事にする意味でも、たくさんの飲み会に参加しました。部署の飲み会から、役員クラスの偉い人が同席する飲み会まで、どれも一通り経験してきたつもりです。

 

 

その結果としての「カイシャの飲み会つまらねぇ」という事です。

 

 

そして、そのように感じていたのは、ドイツハーフだけではない。

 

 

明らかに「飲み会に乗り気でない人」は、周りにたくさんいました。

 

 

隣の社員に「明日の部署の飲み会ですけど…」と話を切り出すと、「ゲッ! そうだったー忘れてたよ…」みたいな反応で、露骨に嫌な顔をする人とか。

 

 

はたまた「俺、明日の飲み会は出張とカブったから参加できないんだわー」と、明らかに清々しい顔で言う人とか。

 

 

結局誰も参加したくないんじゃん (笑)

 

 

それでも開催される『カイシャの飲み会』って…? 何の意味があるんでしょうね。

 

 

特に女性社員などは、お世辞にも飲み会を好んでいるようには見えませんでした。

 

 

「よーしこれから二次会だー!」みたいなノリの男性社員を横目に、「お先に失礼しまーす」と言って、さっさと帰宅していく女性社員。

 

 

彼女たちも、仮にその飲み会が楽しければ、単純にどんどん参加していたはず。それでも、基本的にはみんな「もう帰りたい」という気持ちが先行しているので、1番早く帰れるタイミングでさっさとその場を去るのです。

 

 


日本の飲み会で『ひいた話』

 

 

また、飲み会を拒否できない雰囲気づくりも、日本のカイシャの特徴だと思います。

 

 

実際に飲み会を楽しんでいるのは、家に帰ってもやる事がない人。または、カイシャだけが「生きがい」のような古い社員のみなさん。そんな彼らは、部下や若手を引き連れて飲み屋をハシゴすることに悦びを感じているのです。

 

 

酒癖が決して良いとは言えない上司もいたり。それこそ、自分は経験しませんでしたが、パワハラまがいの「飲み強要」とか、訳の分からない説教が始まったりするケースも多々あります。

 

 

どれもこれも、「カイシャの飲み会」だからこそ発生するシチュエーション。そんなものは迷惑でしかないし、今時の若者が敬遠するのは当然です。

 

 

コダモンが日本で営業をしていた時の上司の中には、勤続ウン十年の古参の人がいました。

 

 

その上司が語る「10数年の飲み会」の話は、想像を絶していた。

 

 

「俺の噛んだガムなら噛めるだろう!?」と、酔った上司から言われたり。

 

 

「俺がつぐ酒が飲めねえのか!?」と、これまた酔った上司が自分の脱いだ靴にビールをついで、それを部下に飲ませようとしたとかしなかったとか…。

 

 

この話を聞いた時はマジでひいた。

 

 

昔の話とはいえ、完全にパワハラです。今だったら訴訟沙汰にもなっちゃうかも。

 

 

何はともあれ、古い上司のみなさんは、みんなそのような激動の時代のカイシャ生活を経験してきた人たち。そして、『飲み会の過酷な状況』にもこれまで散々耐えてきたのです。

 

 

先輩後輩の縦社会で、上司を相手に「上手に飲み会に付き合う事」がそのまま評価につながる事だってあります。

 

 

そんな上司たちが、その "伝統" を今の世代にも引き継ごうとしているのかも…。いずれにせよ、こちとらいい迷惑です。

 

 

そのため…。

 

 

飲み会の場が楽しいわけがない

 

 

年功序列と集団行動が社内のみならず、仕事が終わってからの「飲み会」にもしっかりと現れるのです。

 

 


とてもサッパリしているドイツの「飲み会」

 

 

そんな日本と対照的なのが、ドイツで経験した飲み会。

 

 

それはとてもサッパリしているものです。

 

 

「行きたい人は行く」。そして「行かない人はいかない」。

 

 

だたそれだけ。

 

 

そもそも、ドイツ人を例に見る欧米諸国の人たちは、仕事とプライベートをしっかりと切り離します。

 

 

仲が良い同僚同士で仕事の後に飲みに行くことや、オフの時間に同僚と会うケースもありますが、それはあくまで例外。

 

 

仕事が終わったらすぐに帰宅するのがドイツ人です。

 

 

上司の顔色を伺って残後したり、ムダ残業をする人なんていません。

 

 

家族と過ごす時間や、趣味の時間など、仕事以外の時間がいくらあっても足りないのがドイツ人なのです。

 

 

そのため、ドイツ人を「飲み会」ごときの名目で仕事の後に拘束するのは、そもそも至難の業。

 

 

「行きたい人がいけば?」

 

 

「私は今日はパス」

 

 

そうやっていとも簡単に、ドイツ人は「飲み会」キャンセルします。

 

 

ドイツは企業組織の中に年功序列のシステムが無いので、そもそも「先輩の誘い」などという意識も無い。上下関係はフラットなのです。

 

 

コダモンが転職した先のドイツ企業で経験した飲み会は、年に数回程度のチームでの集まりのみ。

 

 

年に2回ほど行われるチームでの会議の後に「チームビルディング」という名目で、いわゆる飲み会のようなパーティーが開かれます。みんなで街に繰り出し、酒場なりレストランなりへ行く。

 

 

いわゆる一次会はゴハンも食べながら21時くらいまで。二次会は、自由参加ながらほぼ全員参加で、だいたい23時くらいまで。そしてお開きです。

 

 

開催頻度は少ないし、そこにはちゃんとした理由もある。

 

 

このようにドイツの飲み会はとてもストレスフリーなのです。

 

 

みんなそれぞれのタイミングで飲むし、各々が勝手に注文する。年功序列など気にしないし、めんどうな『お酌』などもない。

 

 

日本で経験したビール瓶のラベルを上司に向けて置く』などの意味不明な飲み会のマナーもありません。(知っている人いますかコレ?)

 

 

ドイツの飲み会は本当の意味で「自由参加」です。その場にいない同僚の事を悪く言う人など、一人もいません。一次会で帰る人も、別に理由をつけないで勝手に帰る。二次会へは行きたい人だけが行きます。

 

 

そのようなドイツの飲み会は、毎回楽しいです。そこに「強制的に参加させられている」という気持ちが無いからでしょうね。

 

 

和やかな雰囲気でお酒は勝手に進むし、仕事以外の話でとても盛り上がります。上司の意外な一面なども垣間見れたりする。このような飲み会こそ、コミュニケーションを深めるための「有意義な時間」だと言えます。

 

 

あくまでチームとしての意識向上とコミュニケーションの場として、とてもサッパリとしているのです。

 

 


「飲みニケーション」が再評価されている?

 

 

コダモンが経験してきた日本とドイツの飲み会。

 

 

その中身はとても対照的だし、もちろん後者の方が断然自分には合っていました。

 

 

そんな中、最近このような記事を目にしました:

 

 

「飲みニケーション復権? 合理化一回り、人と人重視」

 (出典: https://mainichi.jp/articles/20181130/k00/00e/020/212000c, 2018年12月12日時点)

 

 

この「飲みニケーション」って言葉、嫌いです (笑)

 

 

当時の飲み会を思い出すし、なにかこう「強制」をにおわせるような表現が気になるから。

 

 

何でコミュニケーションをするのに「飲み」が必要なんだ…? という具合に。

 

 

何はともあれ、この記事の中では、飲み会のあり方も変わって来ているという部分が語られていました。

 

 

しかし…。その中で気になったのが、こんな一文:

 

 

「かつては日常風景だった職場の飲み会は、若者に敬遠されがちだ。シチズンが昨年、社会人1年目に上司や先輩との飲み会の頻度を尋ねたところ、『1カ月に1度もない』との回答が42%を占めた。」

 

 

…。何か問題でも? 

 

 

入社1年目の社員が「1ヶ月に1度も先輩と飲み会がない」と、何かヤバいことでもあるの?

 

 

そうやって『飲み会頻度』などを基準にするから、日本の飲み会には強制感が無くならないんですよ。

 

 

そもそも、飲み会の「頻度が疑問視される事」が間違っている。

 

 

入社1年目の若手だって、もし先輩上司たちとの飲み会が楽しければ「また行きましょうよ!」と誘うでしょう。

 

 

そうでない場合は、それなりの理由がある。

 

 

それを汲み取らないで「若手が飲みに行かなくなった!」なんて騒いだって仕方ない。

 

 

「飲みニケーション」という単語はもう死語だと思うけど、日本の飲み会も自由参加型のフランクなものにすればいいのに。

     

 

「人と人を重視した飲み会」なら、カイシャの人達もみんな少しは楽しめるのかもしれませんね。

 

 

 

コダモン

関連する記事を読む: