ドイツの就職に学歴なんて関係ない

日本は就活で「学歴フィルター」がかかるんだとさ。めんどくさ…。ドイツは実力主義だから出身校とかは何の意味も持たないわけよ。

実力主義のドイツは学歴にこだわらない

 

 

コダモンです。

 

 

ドイツの大学を卒業してから、日本のカイシャに就職しました。

 

 

ドイツ語と日本語が母国語なドイツハーフなのですが…。日本で生まれ育ったため、いつでも得意な言語は日本語でした。

 

 

そのため…。ドイツで大学に通う事は、けっこう至難の技だった。

 

(合わせて読みたい)

 

 

そんなドイツの大学では…。

 

 

何をするにも「自分頼り」

 

 

誰もかまってくれないし、大学は基本的に学生をほったらかし。

 

 

よく「海外は実力主義だ」と言いますよね? まさにソレです。

 

 

その実力主義の社会は、社会人だけでは無く…。大学生活の中でも明確に現れます。

 

 

自分で卒業までの道筋を立てて、自分に合ったスケジュールで講義を組んだり、自分でインターンシップ先を模索したり。教授たちのサポートもありますが、ドイツの大学では基本的に何をするにも「自分で計画を立てる」必要があります。

 

 

そんなドイツ人は、かなり早い段階で「自立」への道を進み始める。

 

 

デュアルシステム制度が導入されているため、日本でいうところの小学生の段階で、自分の今後の進路を選ばなければなりません。

 

 

いわゆる学術的教育と職業教育が、連携されていて…。自分が将来「手に職をもって」働くのか? それとも大学に進学するのか? それを、若干10歳そこそこで決めなくてはならないのです。

 

 

将来の決定がとても早く、同時に「個」のスキル習得も早期に求められている。大学に進学する進路の人は、このような叩き上げの環境を経験しながら、意気揚々と入学してきます。

 

 

そんな教育システムで鍛えられているため…。ドイツの学生は基本的にマジで優秀なのです。

 

 

彼らは…。日本的な見方をすれば早熟だし、学生の段階でも思考が既に「大人」です。

 

 

日本の生ぬるい環境でぬくぬくと高校生活を送っていた、わたくしコダモン。当時は自分が恥ずかしくなるぐらいのギャップを痛感しました。



周りのドイツ人学生に比べたら、自分は何もできない「子供」にさえ思えた。

 

 

何をするにも、周りのアドバイスがないと右も左もわからなかった、ドイツハーフ。同じ講義に参加する学生たちの個々のスキルの高さに舌を巻きつつ、当時はなんとか必死に食らいついていました。

 

 

そして、そんな大学生活でドイツ人が何よりも重視するのが、卒業する成績です。

 

 

なぜなら、コレが後の就職にも影響してくるから。

 

 

そう…。ドイツの大学は卒業するだけではダメなのです。

 

 

大学時代にどんな実務経験を積んだのか?

 

 

どのレベルの環境でどの成績を収めたのか?

 

 

これが大事。

 

 

まさに「実力主義」です。

 

 

そして、それらが求められる理由は単純明快。

 

 

なぜなら…。ドイツ企業は常に「即戦力」を雇いたいからです。

 

 

ホワイトカラーの就職にあたっては、「大学を卒業している」などというのは、もう当たり前。むしろ最低限の前提です。

 

 

その中でも、新卒という「アマちゃん」が、いかに採用する企業側の関心を惹きつけることができるか…?  

 

 

この対策を、ドイツ人は学生時代から考え実行しているのです。

 

 

具体的に言うと…。大学での専攻、専門知識、卒業成績、そして実務経験など。

 

 

自分は将来どの分野の業界でどのタスクを担うのか?

 

 

ドイツ人学生たちは、このようなピンポイントの目標を置きながら、「個の力」で社会に挑んでいきます。

 

 

そのため…。

 

 

「自分は何々大学出身です!」

 

 

そんなどうでもいい事実には、ドイツでは誰も関心がない(笑)

 

 

「良い大学」も「悪い大学」も無いわけです。

 

 

あるのは、大学によってその規模や歴史が異なったり、「専攻科目における充実さ」が変わってくることなど。

 

 

そのため…。

 

 

ドイツでは学歴自体がナンセンス

 

 

大事なのは、「大学名」ではなく「大学在学中に何を成し遂げたか」です。

 

 

 

就職活動を行う本人が、大学で何を学び、どの成績を収め、どのような実務経験を積んできたか? それだけが問われます。

 

 

採用する企業側は…。

 

 

企業が欲するスキルを身につけているか?

 

 

専攻以外に語学などのソフトスキルがあるか?

 

 

即戦力となり得る実務経験をインターンで得ているか?

 

 

それが知りたい。

 

 

そして、その対象が新卒であっても、転職を目論む人材でも、まったく関係ナシ。

 

 

「まずは将来を見据えての育成から」というようなスタンスの企業は、そもそもあまり存在しません。

 

 

日本の新卒採用とは大違いの「就職事情」が、ドイツにはあるのです。

 

 

「学歴フィルター」って何よ?

 

 

最近、こんな記事を目にしました。

 

 

「就活『学歴フィルター』復活の兆し、巧妙化する手口と実態」

 (出典: https://diamond.jp/articles/-/184504, 2018年11月10日時点)

 

 

…。何コレ(笑)

 

 

「学歴フィルター」なんて単語はじめて聞いた。

 

 

この記事によると、どうやら日本の就職活動では…。

 

 

「学歴」によって就活生たちの扱いが変わる

 

 

そのようなのです。

 

 

…。ヤバくないですかコレ?

 

 

そもそも、コレが事実ならば、学歴とかよりも「平等性に欠ける審査」が行われているのが問題です。

 

 

何はともあれ、どうやらこの「学生フィルター」は、次のような事例から明るみになったらしい…。

 

 

中堅大学の就活生によってツイッターに投稿された申し込み画面の写真2枚が物議を醸した。その男子学生がアップした1枚目の写真は、自分の所属する大学名で申し込もうとすると、画面が『満席』と表示されてしまったもの。ところが2枚目の写真は、東京大学で申し込んだもので、『予約可能』と表示されているのだ。これによって『学歴フィルター』が実際に存在したことが明らかになり、ネット上で炎上騒ぎとなった。」(同上)

 

 

そして、昨今は同じような書き込みが、ネット上に相次いだこともあり判明した。

 

 

どうやら採用する企業側が学生に対して応募段階で既に「フィルター」をかけているらしいのです。

 

 

学歴にこだわってどうするの?

 

 

日本の新卒一括採用って、かなり独特のシステムですよね。

 

 

どの大学生も、とりあえず「新卒」という位置付けで、基本的にはみな横一線に並ばせれます。

 

 

そして誰もが、周りの学生に習うように、同じタイミングで全国で解禁される「就職活動レース」に参加。

 

 

ここから「よーい、ドン!」で、心身を消耗する就活がはじまります。

 

 

自分の配属先と仕事が何になるかもわからないまま、「内定」というゴールだけをひたすら目指し、何十社もの説明会に参加したり履歴書を書いたり。入社する前から疲れてしまう就活生が大勢いるらしい…。

 

(合わせて読みたい)

 

 

 

有名企業や大手企業には、応募が殺到するため、すべての学生のエントリーシートをチェックする時間がない。そこで、「学歴フィルター」を通して、事前に学生を選別するのだとか…。

 

 

そして、そのフィルターの対象になるのは、他でもない。

 

 

その応募者の「大学名」

 

 

ドイツだったら誰も全く気にしない、その学生の「出身校」です。

 

 

就活生が「大学で何を成し遂げた」かもわからないのに…。偏差値がイマイチの大学をフィルターで落とすの?

 

 

ドイツの大学を経験したドイツハーフから言わせてもらえば、そもそもかけるフィルターが間違っている気がする。

 

 

確かに、日本の大学受験事情は、ドイツのそれとはまた違います。

 

 

東京大学に入学できるような人材には、それ相応の優秀な頭脳を持ち合わせた学生が確実にいるのでしょう。学歴の高さと仕事の出来の良さが比例することもあり得るのかもしれない。

 

 

しかし…。

 

 

偏差値の高い大学にいた学生が「有益なスキルを持ち合わせているか否か?」というのは、まったくの別問題だと思うんです。

 

 

だってそうですよね?

 

 

早稲田とか慶應大学に入学して、極端な話、遊び呆けても卒業だけはできるわけですから。

 

 

大学でどのような良い成績を収めたのか?

 

 

インターンシップを通して有益な実務経験を持ち合わせているか?

 

 

そのような大事な要素には目もくれず、「大学名」にフィルターをかけるカイシャたちの愚かさよ…。

 

 

いや、そもそも採用以前の公募の段階でフィルターをかけちゃダメなんですけどね。

 

 

うーん…。



やっぱり、新卒一括採用のシステムは特殊。

 

 

4年生になって求人にエントリー。ESや適性検査、面接などの選考過程を経て「内定」を獲得したら…。10月とかに内定式があり、卒業と同時に就職する。

 

 

しかも、そこには大学のサポートもある。在学中にそこまで面倒を見てくれるというのは、ドイツではあり得ません。

 

 

大学の卒業も就職も、全てが「個人戦」だったドイツを経験したから分かるのですが…。



日本式の採用方式には違和感を覚えます。

 

 

カイシャ側にも、「まずはとりあえず雇ってじっくり育成」というスタンスが多いのも、また日本企業の特徴。

 

 

これらが見事にマッチした結果、学歴重視という社会になってしまっているんですね。

 

 

そして、なんとか良い人材を有効に募集しようとするカイシャ達が、今回のようなフィルターをかけて学生を「学歴」で選別しようとする。

 

 

今後も売り手市場が続く日本の就職事情の中で、このような選考の方法にどれだけの意味があるのか。甚だ疑問です。

 

 

コダモン