働き方改革で残業が減ると弊害があるらしい?

管理職が若い世代の仕事やってその場をしのいでるの? チマチマやってないでさっさとマジで残業減らそうよ。

上司が肩代わり?結局減らない残業の闇

 

 

コダモンです。

 

 

相変わらずドイツで気楽にサラリーマンをやっています。

 

 

日系の一部上場のカイシャで働いていた時代とは、明らかにストレスの度合いが違う。

 

 

基本的には毎日定時に退社し、ワークライフバランスは充実しています。

 

 

周りのドイツ人同僚も、もちろん同様。

 

 

誰もが週40時間労働をベースに働いているのですが、ドイツ人は朝の7時半などの早い時間帯に出社する人が多い。そして、16時半などにさっさと帰る。



日々の業務の中で、16時以降に会議が設定されるようなことは、ほぼありません。

 

 

余暇がしっかりとキープできる働き方なので、家族や友人との時間がもてる。

 

 

そのため、普通に仕事をしていても、働いている人の心の余裕が伝わって来ます。

 

 

プライベートを本気で楽しんでいるので、仕事で抱えるストレスなどがうまい具合に相殺される。良い具合でバランスが保たれているのです。

 

 

怒りにまかせて怒鳴り散らすような人もいない。22時などのありえない時間まで働いている人も、もちろんいない。

 

 

4年半で日本のカイシャがお腹いっぱいになり、スパっと転職した、わたくしコダモン。

 

 

今現在は、ドイツの働く環境に身を置いているため…。

 

 

「日本の働き方」が心配でしょうがない

 

 

働き方改革が提唱されているのに、減らない残業。

 

 

いや、カイシャ達は残業をなんとか減らそうとしているけれど…。どうやらそこには、弊害が発生しているらしいのです…。

 

 

「働き方改革」と若い世代の社員たち

 

 

現在、色々なところでまことしやかに流れる「働き方改革」に関するニュース。そして、ネットでもよく見かける、その「働き方改革」を実施してみた各企業の実施例。

 

 

某首相が掲げる、「一億総活躍社会」。それの実現のために、「働き方改革」が必須になるわけですが…。

 

 

残業が減るどころか「改革の弊害」で残業が増えている

 

 

そんな話が出て来ているのです。

 

 

……。

 

 

少子高齢化の中で、「数十年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で誰しもが活躍できる社会」。それがいわゆる「一億総活躍社会」の目標なのですが…。

 

 

「働き手」がこれから減っていくことが確実なので、生産力の低下国力の低下が避けられない。



国が廃れるような状況になったらマズイですよね。

 

 

そんな少子高齢社会をうまく乗り切るためにも、今から「働き方」を変えなければいけないのです。その中でも、「生産性を上げる」ことがマスト。

 

 

そのためにも、国民には子供もたくさん作って欲しいし、働き手もたくさん増えて欲しい。

 

 

それを可能にするためには、まずその根本の問題である「労働環境」を改善する必要がある…ということ。

 

 

言い換えれば…。

 

 

残業大国の「日本のカイシャ」を変える必要がある

 

 

というわけです。

 

 

働き手が「働きやすい環境」を作らないと、過労死などのテーマが無くならないし、仕事と労働に対する「負のイメージ」が払拭されない。

 

 

もっと言えば、今の現状では…。カイシャのストレスと残業まみれで、いつまでたっても心の余裕と余暇が持てない。そして、それが原因で子作りもできていないかもしれない。

 

 

これを変えるのが、「働き方改革」だということです。

 

 

そして、その改革の中身として、真っ先に槍玉に上がるのが、残業となるわけですね。

 

 

「残業を効率的に減らす」こと。それを国を挙げて実施しようという試みが、今まさに行われているのです。

 

 

残業時間に上限を設けたり、時間外労働賃金の割増率をあげたり。全体的に残業をするハードルが上がっているのは事実のようです。



良い傾向ですね。

 

 

しかしながら…。 

 

 

終身雇用がもはや神話となった今、「働けば働くほど待遇があがっていくような状況」は、期待できません。

 

 

そして、特に今の若い世代は、彼ら/彼女らを取り巻くこの環境の変化を、よく知っています。

 

 

カイシャで身を粉にして働く意味がない

 

 

そのように理解しているわけです。そして、その期待値のまま、颯爽と日本のカイシャに入社。

 

 

しかし…。

 

 

いざ入社して仕事を始めてみると、まだまだ「古い考えと慣行」で仕事をしている上司がたくさんいる。そこには、「働き方改革」がまだまだ存在していないことに、気付かされるのです。

 

 

これが弊害が生まれてしまう原因です。


     

残業を減らした時の「弊害」は2通り

 

 

「働き方世代」の台頭。

 

 

この「働き方世代」というカテゴリは、とある記事で目にしたものです。

 

 

「ゆとり労働で“働き方世代”誕生? 残業短縮がもたらす弊害」

(出典: AERA dot. https://dot.asahi.com/aera/2018091200063.html?page=1, 2018年9月15日現在)

 

 

その記事の中には、まずこんな一文がありました:

 

 

『30年後には、学校の授業時間が少なかった「ゆとり世代」のように、労働時間が短い「働き方世代」と称されるのではないか。』(原文ママ。同上)

 

 

なるほどね…。

 

 

前述のような「働き方改革」が行われている中、そのタイミングで入社となった未来の社員たちを「働き方世代」と呼んでいる。そして、その存在を危惧しているのです。

 

 

要するに…。

 

 

「残業をしなくてもいい!」

 

 

「仕事なんて楽勝!」

 

 

…。そのように思って働いている今の若い世代の今後を、心配しているのです。

 

 

でも…。

 

 

それのどこがいけないの?

 

 

仕事なんて、楽勝でいいじゃん。

 

 

働く時間が少ないのにも、それに越したことはない。



「余暇ファースト」で働きたい、若者たち。

 

 

「残業をしない前提」で働きたい若い社員。かたや、「残業をして当然」と思ってゴリゴリ働いている年配社員。その間でおこる摩擦が、最初の「弊害」です。

 

 

中間管理職世代の人たちは、若い世代を心配するのもいいけれど、そもそも自分たちの働き方を見直すべき。

 

 

「自分は多くの修羅場をくぐって来た」という自負と自尊の念があるのは素晴らしい。けれど、そんなモノにしがみついている内は、「働き方世代」とのギャップは無くならないでしょう。

 

 

顧客も自社内も、「残業込み」の仕事量だけで回っている、日本のカイシャたち。

 

 

釈然としないまま、もう少し記事を読み進めてみます。

 

 

『取引先との会食の席で、部下のスマートフォンがメールの着信音を鳴らした。だが会が終わってもメールを確認しない。わけを聞くと、「勤務時間外ですから」。続けて、「この接待が残業にならないのは、どうしてですか?」』(原文ママ。同上)

 

 

これも、まさに若い世代どのギャップ…。

 

 

ゴリゴリの日本式の働き方で叩き上げられた、現在の管理職ポジションのサラリーマンたち。彼らからしたら、部下たちの働き方が心配なのですね。

 

 

残業が当然のように必要な状況でも、「帰ります」「やりません」と言うような世代が増えて来てしまうのではないか…?

 

 

このように言っているわけです。

 

 

…。

 

 

だからそれのどこがいけないの? (2回目)

 

 

正直に言って、日系を4年半経験してきたハーフから言わせれば、これは素晴らしい風潮です。

 

 

カイシャが、部署が、組織立って残業していた、当時の職場。そこには、いつまでも周りに合わせて残業する働き方しかなかった。

 

 

そのような現場には、今の若者のように、「極端に残業しない姿勢」が必要なのです。

 

 

しかし、ここで1つ問題なのは…。「残業が前提で設けられた仕事の行方」

 

 

例の記事では、このような仕事が全て管理職に回っていると言っています。

 

 

パワハラとかもうるさい昨今なので、部下に仕事を押し付けることが難しい。

 

 

そして、定時で帰れない仕事量を若手の部下に与え続けていると、もしかしたら辞めちゃうかもしれない。

 

 

そんな状況なので、全ての仕事が自分にかえってきてしまうのだとか。

 

 

残業手当がつかない、記録に残らない、管理職たち。

 

 

彼らが、泣く泣く部下の分の仕事をこなしているようなのです。コレが、違う意味での「弊害」となっています。

 

 

うーん…。

 

 

「働き方改革」は素晴らしいのですが、コレではまったく解決になっていない。

 

 

そして、記事の中では、こうも書いてありました:

 

 

『午後8時の強制消灯の直前になると当番がスイッチの近くに構え、照明が消えると同時につけ直す。残業手当はつかないが、仕事を続けたければできる。帰りたければ帰っていい。会社に内緒で、いわば非公式に社員が「残業する」「帰る」を選べるようにしたわけだ。』(原文ママ。同上)

 

 

このように、「仕事を通して純粋に学びたい人」は居残りができるようなシステムを考案しているカイシャもあるのだとか。

 

 

しかし…。

 

 

これでは「残業」がいつまでたっても減らない

 

 

「強制消灯」などのシステムがあるうちは、これからも残業は減らないでしょう。

 

 

心身ともに健康で働くのが「働き方改革」

 

 

働き方改革では、様々な角度からの改善を行っているそうです。

 

 

法改正による時間外労働の上限規制の導入

 

 

勤務間インターバル制度導入の環境整備

 

 

健康で働きやすい職場環境の整備

 

 

しかし…。今のところ、それらがどれだけの効果を示しているのか…? 実態は不明確です。

 

 

そもそも、その改革を推進している「国」が残業している現状だし。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

そんなこんなで、日本のカイシャにおける「残業事情」は、今後もあまり大きな変化は無さそうです。

 

 

これからもカイシャ勤めを続ける人たちは、必要以外は「残業しません」のスタイルを貫くことが求められます。

 

 

周りが残業していても、上司から時間外の追加仕事依頼が来ても。

 

 

「自分は今日は残業しない」という意思表示を、ぶつけてみる。

 

 

カイシャという集団行動が支配する世界でそれを実行するのは難しいのですが、少なくとも昨今の厳しいコンプライアンス事情が後ろ盾になります。そして、今までになかった「働き方改革」の時代背景が、手伝ってくれることでしょう。

 

 

 

そこまで極端に行動へ移してみないことには、何も変わらないのです。

 

 

そういった意味でも、「働き方世代」の台頭は、良い結果をもたらすと思っています。

 

 

誰もが残業を拒否した上で、「行き場をなくした仕事」たち。それらは、その量を減らして労働効率を上げない限り、いつまでたっても無くならないのです。

 

 

本当にその仕事を減らすには、役員レベルの決裁で事業から撤退したり、企業をあげて「弊社では18時以降はメールが読まれない」と告知するなどの具体策が必要。このように、まさに経営レベルでの議論が必要なのです。

 

 

そして、そこまで重い腰を上げるカイシャが、果たしてどれくらいいるのだろうか…。

 

 

……。

 

 

誰もが心身ともに健康に働ける職場と仕事環境。

 

 

ドイツには、それがあります。

 

 

ドイツにできて、日本にできないことはない。

 

 

今後の、本当の意味での「働き方改革」に注目しています。

 

 

コダモン