ドイツ人も残業するけど日本の働き方は絶対にしない

「ほら、ドイツ人だって残業するじゃん!」みたいな記事見たけど、日本みたいなヤバい残業はしてないわけよ。

ドイツ人は基本的に残業しない

 

 

コダモンです。

 

 

今勤めているドイツ企業に転職してから、半年以上が過ぎました。

 

 

日本で、日系のカイシャでサラリーマン生活をしていた時期も、一昔前の出来事のように思えて来た。

 

 

今は、ドイツで気ままに会社員をしています。

 

 

セールス/マーケティング職で、グローバルに活躍できるフィールドの中、楽しく仕事もできている。

 

 

その仕事はもちろん自分にしっくりきているし、何よりストレスが日本の時より断然少ない

 

 

毎日だいたい8時くらいに出社して…。

 

 

17時前に退社する事が多い

 

 

本当に、ありがたい環境です。

 

 

日本では基本的に激務と言われる営業職ですが、現在勤めているドイツ企業では、18時以降までオフィスに残る事は、逆に珍しいくらいです。

 

 

まぁでも…。これがドイツでは当たり前の働き方なんです。

 

 

日本のカイシャ時代に、ドップリと日本の働き方を経験したドイツハーフは、その違いにビックリしました。

 

 

業種や職種も変わっていないのに…。国とメンタリティが変わるだけで、こうも「働き方」が違ってくるのか…と。

 

 

22時まで残業したり

 

 

行きたくもない飲み会に駆り出されたり

 

 

有給休暇を取るのに超苦労したり

 

 

そんな事が日常茶飯事だった日本のカイシャ生活に、当時はマジで消耗しました。

 

 

「海外」を知っていたハーフは、年功序列とか「下積み精神」みたいなモノに、最後まで理解を示すことはできなかった。

 

 

そして、日系の民間企業に勤めていた4年半…。

 

 

ずーっと辞めたかった

 

 

そんなこんなで、「典型的な日本のカイシャ」を一通り経験してきた、わたくしコダモン。

 

 

今回のテーマは、その中でも最も煩雑なテーマ。「残業」です。

 

 

ドイツでの「残業環境」。そして、ドイツ人の「残業」との向き合い方。

 

 

日本とドイツの両方の国で、サラリーマンを経験したハーフが、語ります。

 

 

ドイツ人の働き方

 

 

まず、ドイツ人は、あとにも先にも家族ファーストです。

 

 

そして、自分ファースト。

 

 

彼らは、仕事の場にも、惜しみなく「家族」「自己都合」を持ち込んで来ます。

 

 

事実、今現在のコダモンの上司は…。

 

 

「今日は娘の誕生日だから」

 

 

と言って、金曜日の14時退社していったこともありました。

 

 

しかも、さらに上のおエライさんにも進言した上で、です。

 

 

「娘さんの誕生日か、奥さんによろしくな」などと声をかけてもらい、部署全体の「見えない同意」をしっかり得ながら、そそくさと誕生パーティーに向かっていった…。

 

 

日本ではまずあり得ない

 

 

こんなこと、仮に日本のカイシャでやっていたら…。

 

 

「はぁ? お前仕事ないのか?」

 

 

とか…。

 

 

「どうでもいいけど半休を取って行けよ」

 

 

みたいな事を言われてたはず。

 

 

というか、そもそも「娘の誕生日」がカイシャを早退する理由にならな過ぎて、周りから認められないでしょう。

 

 

「あいつ、『家族の誕生日だから帰ります』って言ったらしいぜ…」

 

 

日本だったら、そうやって社内でウワサが広がりそう(笑)

 

 

そしてそのまま、完全に「浮いた存在」になりそう…。

 

 

それほど、ドイツと日本の会社は「違う」のです。

 

 

「息子が風邪を引いたから今日はもう帰る」

 

 

「明日は出張で朝早いから、今日はもう切り上げる」

 

 

そうやって、15時や16時にさっさと帰宅していく、ドイツの同僚たち。

 

 

彼らがオフィスで働くためのベースは、あくまで「家族ファースト」。そして「自分ファースト」なのです。

 

 

そしてさらに、企業や部署全体がそれらを理解する環境があります。

 

 

上司たちが、お手本となって「さっさと帰る」のです。

 

 

「お先! あんまり長くやり過ぎるなよー」

 

 

そう言い残して、17時に帰宅していく上司。

 

 

ワークライフバランスのお手本のような働き方が、そこにはあります。

 

 

部下が残業しない仕事量を与え、上司自身も極力残業を避ける働き方。

 

 

日本とは大違いです…。

 

 

日本のカイシャ時代の当時。ドイツハーフとして、頑張って仕事をこなして、定時に帰宅しようと努めていた、わたくしコダモン。

 

 

定時の17時半に帰っていたら…。

 

 

「お前最近帰るの早いな。ヒマなの?」

 

 

そう言って、仕事を増やされました(笑)

 

 

残業をするのが当たり前だった、日本のカイシャ生活。

 

 

20時前に帰宅する上司は、めったにいなかったです。終電も逃して、カプセルホテルに泊まったりする人もいた。カイシャに寝泊まりする人も…。

 

 

ふぅー…。

 

 

仮にドイツで「残業を強要」する部署などが存在したとすれば、それは社内で真っ先に槍玉に上がることでしょう。

 

 

ドイツでは、週40時間勤務のノルマをこなしたら、あとはさっさと帰るだけ。

 

 

朝の7時など、早めに出社し、夕方の16時半には帰宅。

 

 

そうやって月曜日から木曜日まで働き、金曜日になると、コアタイムのギリギリとなる14時半などに、いそいそと家族のもとへ帰って行きます。

 

 

そして、日本の華金のように…。パーティーをしたり、友人と飲みに行ったり、映画館に行ったりと、各々が有意義に過ごせる時間を確保していくのです。

 

 

そう、ドイツ人の働き方は、基本的に…。

 

 

オフィスに止まる時間は必要最低限

 

 

「残業」の2文字は、ドイツ人の働き方には、「基本的に存在しない」のです。

 

 

ドイツ人が「残業をしない」のはなぜ?

 

 

まず、ひとつだけ断っておきたいのですが…。

 

 

ドイツ人も残業をします

 

 

…というか、そもそも「残業をしない働き方」は存在しないでしょう?

 

 

民間企業勤めであれ、公務員であれ、フリーランスであれ…。

 

 

利益を得るために「仕事」をしているうちは、絶対に「他者」と「他社」が関わってきます。そのため、どのような仕事でも、1年を通して「全てを常に時間内に終わらせる」事は不可能ですよね。

 

 

どのような業種、職種、ポジションであっても、そこには必ず一定の「時間外労働」が発生してしまいます。

 

 

いかに業務内容や責任を明確にする欧米とは言っても、自分1人だけで仕事が完結しない内は、残業をしなければいけないシチュエーションは発生します。

 

 

顧客の事情まではコントロールできませんしね…。不慮の残業などは、必ずどこかのタイミングで発生する。

 

 

そのような単純な観点からも、ドイツ人は残業をするという事です。

 

 

「ドイツ人は残業しない」とよく聞きますが、それは無い。

 

 

顧客から「コレ、どうしても今日中にお願い!」などと急に言われれば、既存のビジネスを失わないためにも、対応するのは当たり前です。

 

 

また、「納期が迫るのに、社内のプロセスが適宜にまわっていない」時など。そのような、明らかに残業が不可避なシチュエーションには、もちろん対応しなければなりません。

 

 

そのような場合に、「いや、今週はもう十分働いたので帰ります」などと言うドイツ人は、あまりいない。

 

 

いかにワークライフバランスを重んじるドイツ人であっても…自分のクビは大事ですから。

 

 

チームが危機的状況にある時に協力しない姿勢は、ドイツでもいただけないので。

 

 

そう…。ドイツ人も、時と場合によっては、適宜に残業をするのです。

 

 

しかし、それでも「日本の残業」とは決定的に異なる事実があります。

 

 

それは…。

 

 

「残業」は最終手段であるということ

 

 

本当にそれが不可避な時にだけ、ドイツ人は残業します。

 

 

前述のように、顧客から思いがけないタイミングで短納期の依頼が来た時など。

 

 

部署、ひいては企業の利益と印象が関わる時に、ドイツ人は止む無く残業をするのです。

 

 

逆に言うと、そのような緊急の場合でなければ…。1日くらい余裕で顧客を待たせます(笑)

 

 

それに対して、日本の場合…。

 

 

残業をする理由とシチュエーションがいくらでもある

 

 

本当に、エンドレスで残業してます。

 

 

そして、どうでもいい事でもたくさん残業してる。

 

 

「おっ、こんな時間まで働いてるかー感心感心」

 

 

こんな声をかけて来る上司がいる、日本のカイシャ。その組織で「残業が美化」されている象徴です。

 

 

そんな環境だから、たくさん残業をする事で、自分に対する評価を上げようとする人が増えるのです。そうやって、「周りがみんな残業する」ような体制が整っていく。

 

 

「周りが帰らないから、私も残業しなければ…」

 

 

…みたいな感じですね。 

 

 

そして、年功序列が支配する環境の中で、「上の人が帰らないから」と、いつまでたっても帰らない上司たち。部長が帰るまで、オフィスに残り続ける課長…。そして、最後まで残る新入社員(笑)

 

 

日本では、当然のように、日々残業が繰り返されていました。

 

 

しかも、「みなし残業代含む」などという項目が契約書に含まれている。実際に、当時のコダモンの給与形態にも、月20時間のみなし残業代が含まれていました。「とりあえず月20時間は最低残業する」という事が、大前提になっているのですね。

 

 

事実、月の残業が20時間以下だったことなど無かった。

 

 

上司が、部署が、カイシャが、全てが組織だって「残業」している日本のカイシャ。

 

 

時には、ある仕事を終わらせても、すぐに上司から「これもやっておいてよ」と言われたり。

 

 

上司が、部下の仕事量をまったくマネジメントできていないのですね。

 

 

終業時間間際に、どうてもいい仕事をふっかけて来る上司たち。自分がどうせ夜まで残業をするものだから、いつ何時でも、当然のように部下に仕事を投げます。

 

 

さらにさらに、日本に存在する「お客様は神様」の精神。

 

 

コレのせいで…。

 

 

「納期は絶対に厳守!」

 

 

「顧客のリクエストにはいつ何時でも応える!」

 

 

などのプレッシャーが、エゲツないのです。

 

 

反面、ドイツ人は、上司ぐるみで平気で顧客を待たせます(笑)

 

 

良い意味で、精神的に余裕のある働き方ができるのも、ドイツの特徴です。

 

 

何はともあれ…。

 

 

ドイツでは、基本的には残業は行われません。

 

 

ドイツ人がやるのは「不可避な残業」だけ

 

 

しかし…。

 

 

日本では「残業が不可避」

 

 

両者は、単純に比べる事ができないほど、そのベースに差があるのです。

 

 

ドイツ人も残業するけど…

 

 

ドイツ人の中には、キャリアをバリバリ積みたいという理由で、率先して残業をする人もいます。

 

 

成果主義の世界なので、「人よりさらに成果を出し、結果を残す」ことによって、どんどんと昇進の枠に入り、上へ上へと登りつめたい人たちがいるわけです。

 

 

そんな彼らには、もちろん「残業」がついてまわります。

 

 

なぜなら、「週40時間でこなせる仕事」とは、上から与えられた「こなせて当然の仕事」であるからです。

 

 

そのため、「人よりさらに成果を出し、結果を残す」ためには、人一倍働く事。つまりは「残業をして必要以上の仕事をする」事になるのです。

 

 

このような人たちは、将来的にダイレクターや役員などになりたい人。

 

 

しかし…。そんな彼らでさえも、エンドレスな残業には身を投じないのです。

 

 

その理由は、「家族ファースト」「自分ファースト」。

 

 

そう…。いかにバリバリと残業をして、メキメキと出世を目論む働き方をする人でも…。「家庭の幸せ」「自分の趣味の時間」を犠牲にはしないのです。

 

 

そのような働き方の結果として、「残業時間」は日本の比ではないほど少ない範囲で収まるのです。

 

 

……。

 

 

日本で「残業」が語られる時に、こんな事をよく聞きます:

 

 

「ヨーロッパでは誰も残業しない」

 

 

「ドイツでは残業をしなくても経済が回っている」

 

 

このような見解は、わたくしコダモンから言わせると…。

 

 

80%くらいが正解

 

 

少なくともドイツ人は、基本的に残業はしない。

 

 

そして、止む無く残業をする時でも、残業時間は必要最低限。

 

 

ドイツでは…。

 

 

働く人の生活や健康を犠牲にしたり、時には命さえも奪ったりするような長時間労働は、存在しない

 

 

日本とは、そもそも労働における個の「優先順位」が違います。そして、その「働き方のベース意識」が違う。

 

 

仕事以外に、いくらでもやりたい事があるのがドイツ人。

 

 

それとは反対に、「カイシャが全て」とでも言わんばかりに、仕事に傾倒していた、当時の日系企業の同僚たち。

 

 

コダモンが日本でサラリーマンをしていた当時、「ありえない働き方」をする人は、たくさんいました。

 

 

毎日夜遅くまでカイシャに残って残業する人

 

 

カイシャに寝泊まりする人

 

 

始発で帰宅してシャワーだけ浴びてまた出社する人

 

 

…。

 

 

このような働き方を、ドイツ人は絶対に受け入れません。

 

 

余暇を重要視するドイツ人。

 

 

ドイツでドイツ企業に転職した今、ドイツ人の働き方が正解だという事は、身を以て断言できます。

 

 

国は違えど、たかがサラリーマン。されどサラリーマン。

 

 

残業が少ないに越したことはありません。

 

 

これからも、「家族ファースト」でやっていきたいな…。

 

 

コダモン