ドイツ人も残業するけど日本の働き方は絶対にしない

「ほら、ドイツ人だって残業するじゃん!」って言うけど日本みたいな『ヤバい残業』はしてないわけ。



ドイツ人は基本的に残業しない

 

 

コダモンです。

 

 

今勤めているドイツ企業に転職してから、半年以上が過ぎました。

 

 

以前は日本で、日系の大手企業でストレスまみれのサラリーマン生活を送っていたけど、それももう一昔前の出来事のように思えて来た。

 

 

今はドイツで気ままに会社員をしています。

 

 

前職と同じセールス/マーケティングですが、グローバルに活躍できるフィールドで楽しく仕事ができています。

 

 

その業務内容は自分にしっくりきているし、何よりもストレスが日本の時より断然少ないです。


 

毎日だいたい8時くらいに出社して…。

 

 

17時前に退社する事が多い

 

 

本当に、ありがたい環境です。

 

 

日本では基本的に激務と言われる営業職。でも、現在勤めているドイツ企業では、18時以降オフィスに残っている事は逆に珍しいくらい。

 

 

まぁでも…これがドイツでは当たり前の働き方なのです。

 

 

日本のサラリーマン時代にドップリと日本式の働き方に浸かっていたドイツハーフは、その違いにビックリしました。

 

 

業種や職種は変わっていないのに、『ドイツで働いている』というだけでストレスが格段に減ったのです。

 

 

国とメンタリティが変わるだけで「こうも違うのか…」と愕然としました。本当に不思議でしょうがない。

 

 

日本にいた時は…。

 

 

 

夜10時過ぎまで残業したり

 

 

 

行きたくもない飲み会に駆り出されたり

 

 

 

有給休暇を1日取るだけでも超苦労したり

 

 

 

そのような事の繰り返しでした。ストレスを抱えながら働くことは日常茶飯事で、当時はたくさん心身を消耗しました。

 

 

昔から『海外』が身近だった自分にとっては、年功序列や下積み精神を良しとする日本の社会人のあり方に、最後まで理解を示すことができませんでした。

 

 

そして、日系の大手企業に勤めていた4年半…。

 

 

ずーっと辞めたかった

 

 

自分が経験した日本の会社員生活は『ストレスまみれ』という表現がピッタリでした。

 

 

何はともあれ、典型的な日本のカイシャ生活を一通り経験してきた、わたくしコダモン。日本とドイツの働き方の違いを実際に経験しています。



今回のテーマは、社会人生活の中で最も煩雑な『残業』です。

 

 

ドイツの職場環境。そして、ドイツ人の残業との向き合い方。

 

 

日本とドイツの両方の国でサラリーマンを経験したハーフが、語ります。

 

 


ドイツ人の働き方

 

 

まず、ドイツ人について。

 

 

ヨーロッパ有数の経済大国であるドイツですが、そこで企業勤めをするドイツ人たちは家族ファーストで働いています。

 

 

そして同時に、自分ファーストでもある。

 

 

企業に対する帰属意識などサラサラなく、働く姿勢はあくまでも『個人主義』です。周りに頼ることは無いし、会社に守ってもらおうなどと考えるドイツ人もいない。各々のスキルと経験だけを頼りに社会人をしています。


 

そんなドイツ人は、仕事の場にも惜しみなく「家族」「自己都合」を持ち込んで来ます。

 

 

事実、今現在のコダモンのドイツ人上司は…。

 

 

「今日は娘の誕生日だから」

 

 

そう言って、金曜日の14時に退社していったことがありました。

 

 

おエライさんのOKも簡単にもらって、昼食後にさっさと帰り支度をはじめる上司。

 

 

「今日は娘さんの誕生パーティーか、奥さんによろしくな」

 

 

そのような声もかけてもらい、オフィスの中の「見えない同意」もしっかりゲットながら、そそくさと帰宅していったのです…。

 

 

コレ、どう思いますか?

 

 

 

日本ではまずあり得ないですよね。

 

 

 

少なくとも、自分が日本で働いていた時のオフィスには、そのような光景は一切無かったです。

 

 

こんなこと、仮に日本のカイシャでやっていたら…。

 

 

「はぁ? お前仕事ないのか?」

 

 

とか…。

 

 

「どうでもいいけど、半休を取ってから行けよ」

 

 

そのような事を、容赦なく言われていたはず。

 

 

そもそも、日本では『娘の誕生日』などがカイシャを早退する理由にならない。そのような家庭のイベントは仕事の場では全く理解されないし、周りから認められないでしょう。

 

 

「あいつ、『家族の誕生日だから帰ります』って言って帰ろうとしたらしいぜ…」

 

 

そうやって社内で変なウワサが広がりそう(笑)

 

 

日本では、そのような『自分・家族ファースト』な行動は、必ず冷ややかな目で見られます。それほど、ドイツ人と日本人の会社における働き方とその考え方は『違う』のです。

 

 


ドイツ人はいつでも『家族と自分優先』

 

 

ドイツ人は、プライベートを理由にいくらでも仕事を放り出します。

 

 

そして、それが仮に自己都合であっても、各自が『最適な判断』だと考えたら、周りの目など気にせず行動に移します。

 

 

「息子が風邪を引いたから今日はもう帰る」

 

 

「明日は出張で朝早いから、今日はもう切り上げる」

 

 

そうやって、仕事の途中でもさっさと帰宅していくドイツの同僚たち。

 

 

彼ら/彼女らがオフィスで働くためのベースは、あくまで『家族ファースト』。そして同時に自分ファーストなのです。

 

 

そのような働き方がドイツで可能なのは、企業や部署全体の『理解』があるからです。

 

 

職場の誰かが早く帰るからと言って、「あいつこんな時間にもう帰るのかよ…」などと考えるドイツ人はいない。

 

 

ドイツのオフィスでは各自が自分の仕事だけに専念しているので、他人がどうこうじゃないのです。ましてや、『他人の目』なんて全く気にしない。

 

 

ドイツの社会人が会社で求められるのは『アウトプット』だけです。そのため、結果を出すまでの過程には誰も文句を言わないのです。日本のように周りを気にする集団意識や、ガチガチの職場ルールもない。

 

         

そのような環境で自由に働くドイツ人は、家族のため余暇のために仕事を調整します。オフィスでは自分の仕事だけに集中して、それが終わればさっさと帰宅。

 

 

そして、そのように働く部下や同僚に対して誰も残業を期待しないし、各々の裁量と判断で職場がまわっています。上司たちも、そのお手本となるように残業を極力しない。

 

 

「お先! あんまり長くやり過ぎるなよー」

 

 

そう言い残して、午後5時に帰宅していくドイツ人の上司たち。

 

 

ワークライフバランスを実践している職場環境が、そこにはあります。

 

 

『部下が残業しない仕事量』を上司がキッチリと調整しているため、基本的に残業が発生しない。また、企業側もコンプライアンスをとても重視する。

 

 

 

日本とは大違いです…。

 

 

 

日系の大手のカイシャに勤めていた当時と比べたら、雲泥の差。当時のドイツハーフは、社内の面倒な人間関係とも戦いながら、毎日なんとか定時に帰宅しようと努めていました。

 

 

仕事も終わり、定時の午後5時半に帰ろうとしたら…。

 

 

「お前最近帰るの早いな。ヒマなの?」

 

 

そう言って、仕事を増やされました。ちょっとしたトラウマです (笑)

 

 

残業をするのは当たり前!

 

 

みんな残業しているのに1人だけ早く帰るのはおかしい!

 

 

そのような思考停止の職場環境で、4年半ほど奮闘しました。

 

 

その日系企業では午後8時前に帰宅する上司はめったにいなかったし、終電を逃して近くのカプセルホテルに泊まる人もいた。カイシャに寝泊まりするような人も…。

 

 

今思い返しても日本の働き方は本当にありえないです。


 

仮にドイツで残業を強要するような部署が存在したならば、そんな所には人が定着しないし社内でめ槍玉に挙げられて上司がクビになるでしょう。そんな環境はそもそも存続すらできないのです。

 

 

ドイツでは、週40時間勤務のノルマをこなしたら、あとはとっとと帰るだけ。

 

 

朝7時など早めに出社し、夕方の4時半にはもう帰宅。

 

 

そうやって月曜日から木曜日まで働き、金曜日には、コアタイムのギリギリとなる14時半くらいに家族のもとへ帰って行きます。

 

 

家族でゆっくり食事をしたり、パーティーに行ったり、友人と飲みに行ったり、映画を観たり…仕事以外にやりたい事がいくらでもあるドイツ人は、オフィスで働く時間は必要最低限に抑えます。

 

 

『残業』の2文字は、基本的に存在しないのです。

 

 


ドイツ人が「残業をしない」のはなぜ?

 

 

まず、ひとつだけ断っておきたいのですが…。

 

 

ドイツ人も残業をします

 

 

…というか、そもそも「残業をしない働き方」は世界のどこにも存在しない。

 

 

民間企業勤務であれ、公務員であれ、フリーランスであれ…。

 

 

個人や組織の利益のために仕事に従事しているうちは、絶対に『他者』と『他社』が関わってきます。そのため、どのような仕事でも、1年を通して『全てを常に時間内に終わらせる事は不可能』ですよね。

 

 

自分1人で仕事をコントロールできる環境では無いわけですから。必ずどこかで時間外労働が発生します。

 

 

どのような業種、職種、ポジションであっても、そこには必ず一定量の残業があるわけです。

 

 

いかに業務内容や責任を明確にする欧米とは言っても、自分1人だけで仕事が完結しないため、残業をしなければいけないシチュエーションは発生します。それはドイツも同じ。ビジネスの相手である顧客事情まではコントロールできませんから。

 

 

そのような単純な観点からも、ドイツ人は残業をするという事です。

 

 

顧客から「コレ、どうしても今日中にお願い!」などと急に言われれば、既存のビジネスを失わないためにも対応するのは当たり前。

 

 

そのような場合に「いや、今日はもう帰ります」などと言うドイツ人は、あまりいない。

 


いかにワークライフバランスを重んじるドイツ人であっても、自分のクビは大事なので、時と場合によっては適宜に残業をするのです。

 

 

しかし…それでも『日本の残業事情とは決定的に異なる事実』があります。

 

 

それは…。

 

 

 

『残業は最終手段である』ということ

 

 

 

本当にそれが不可避な時にだけ、ドイツ人は残業します。

 

 

前述のように、顧客から思いがけないタイミングで短納期の依頼が来た時など。

 

 

企業の利益やブランドイメージが左右されるような重要な局面にだけ、ドイツ人は止む無く残業をするのです。

 

 

逆に言うと、そのような緊急の場合でなければ…。1日くらい余裕で顧客を待たせます(笑)

 

 

それに対して、日本の場合…。

 

 

 

残業をする理由とシチュエーションがいくらでもある

 

 

 

本当に、エンドレスで残業してます。ムダ会議やダメ上司など、どうでもいい事が原因で残業が常態化している。

 

 

「おっ! こんな時間まで働いてるかー感心感心」

 

 

部下に対してこのような声をかける上司がいる、日本のカイシャ。組織ぐるみで『残業が美化』されてしまっているのですね。

 

 

そんな職場環境だから、みんなたくさん残業して『苦労している姿勢』を見せることで評価を得ようとする。そうやって、周りがみんな残業する体制が整っていく。

 

 

年功序列が支配する環境の中で「上の人が帰らないから」という意味不明な考えも生まれる。部長が帰るまでオフィスに残り続ける課長など。

 

 

日本にいた当時は、当然のように毎日残業が繰り返されていました。

 

 

しかも、「みなし残業代含む」などという項目が契約書に含まれている。実際に、当時のコダモンの給与形態にも月20時間のみなし残業代が含まれていました。「とりあえず月20時間は最低残業する」という事が、働く前から前提にされているわけですね。

 

 

事実…月の残業が20時間以下だったことなんて無かった。

 

 

ドイツでは、残業した分だけ『別日に早上がり』するので実質残業ゼロで働けるのに…。

 

 

 

 

上司が、部署が、カイシャが。全てが組織立って残業している日本のカイシャ。

     

 

終業時間間際に「これもやっておいてよ」と平然と仕事をふっかけて来る、日本の上司。どうせ自分が夜遅くまで残業をするものだから、いつ何時でも部下に仕事を投げつけます。

 

 

さらにさらに、日本に存在する『客様は神様』の精神。

 

 

コレのせいで…。

 

 

「納期は絶対に厳守!」

 

 

「顧客のリクエストにはいつ何時でも応える!」

 

 

そのようなプレッシャーが、エゲツないのです。

 

 

反面、ドイツ人は上司ぐるみで平気で顧客を待たせます。

 

 

良い意味で、精神的に余裕のある働き方ができるのもドイツの特徴です。

 

 

何はともあれ…。

 

 

ドイツでは、基本的には残業は行われません。

 

 

ドイツ人がやるのは「不可避な残業」だけ

 

 

しかし…。

 

 

日本では「残業が不可避」

 

 

社員が自分で『働き方』を決めるドイツには、残業のストレスが無いのです。

 

 


ドイツ人が残業する時

 

 

ドイツ人の中には、「バリバリ働いてキャリアを築きたい!」という理由で、率先して残業をする人もいます。

 

 

成果主義の世界なので、『他人よりさらに成果を出して結果を残す』ということで数少ない昇進の枠に入り、キャリアを築くことができる。それを自ら買って出る人もいる、というわけです。

 

 

そのような働き方を選んだ人には、もちろん『残業』がついてまわります。

 

 

なぜなら、ドイツにおける「週40時間でこなせる仕事」とは、単純に上から与えられた「こなせて当然の仕事」であるからです。

 

 

そのため、人よりさらに成果を出して出世したい場合や、結果を残して上層部からの評価を得るためには、人一倍働く事が必須です。つまりは、残業をして必要以上の仕事をするという事ですね。

 

 

このような人たちは、偉くなって社会的地位をゲットしたり、たんまりお金を稼ぎたい人たち。ダイレクターや役員などを虎視眈々と目指します。

 

 

しかし…。

 

 

そんな彼らでさえも、エンドレスな残業には身を投じないのです。これがドイツの凄いところ。

 

 

その理由は、ドイツ人の根本的な人生観が関係しています。

 

 

そうです。

 

 

『家族ファースト』

 

 

そして、自分ファースト。

 

 

いかにバリバリ残業をして、血眼になって出世を目論むドイツ人でも…。「家庭の幸せ」や自分の趣味の時間までは犠牲にしないのです。

     

 

 

 

社内の地位が高い人すらも、ワイフや子供の記念日のために仕事や出張の日程を調整する事だってある。

 

 

トータルの結果として、ドイツにおける残業時間は、日本の比ではないほど少ない範囲で収まるのです。

 

 

日本にいた当時、よくこんな事を耳にしました↓

 

 

「ヨーロッパでは誰も残業しない」

 

 

「ドイツでは残業をしなくても経済が回っている」

 

 

実際に日本とドイツの両方で社会人をやってみたけれど、確かにドイツ人は基本的に残業をしない。そして、止む無く残業をする時でも、その残業時間は必要最低限。

 

 

ドイツ人にとっての残業は、日本人のソレとは中身がまったく違う。

 

 

働く人の健全な生活を蝕む「残業」

 

 

時には命さえも奪う事のある「長時間労働」

 

 

ドイツの職場は、そんなものとは無縁です。

 

 

日本とは、労働に対する価値観と、人生における仕事の占める優先順位が違うのです。

 

 

仕事以外に、いくらでもやりたい事があるのがドイツ人。

 

 

そして、その反対に位置するのが…。かわいそうなくらいカイシャに縛られた人が大勢いる日本の企業組織。

 

 

コダモンが日本でサラリーマンをしていた当時も、『ありえない働き方』をする人はたくさんいました。

 

 

毎日夜遅くまでカイシャに残って残業する人

 

 

カイシャに寝泊まりする人

 

 

始発で帰宅してシャワーだけ浴びてまた出社する人

 

 

…。

 

 

このような働き方を、ドイツ人は絶対に受け入れません。

 

     

国は違えど、たかがサラリーマン。されどサラリーマン。

 

 

残業が少ないに越したことはありません。

 

 

これからも、「家族ファースト」でやっていこうと思います。

 

 

コダモン

 

 

関連する記事を読む: