日本は「住みやすい」けど日本で働きたくない

日本での生活はとても便利で、素晴らしい国です。でも…。カイシャに人生を搾取されるのだけはご勘弁。


日本は素晴らしい国。だけど…

 

 

コダモンです。

 

 

大学へ通うために単身ドイツへ移住して、もうかれこれトータルで15年ほどになります。

 

 

日本生まれ日本育ちですが…。このままだと日本より海外生活の方が長くなっちゃうかも。

 

 

大学卒業後は日本のカイシャへ就職したこともあり、その都度日本に長期滞在する期間もありました。

 

 

しかし、現在はまた出戻りで…。ドイツでドイツ企業に就職しています。

 

 

日本とドイツという2つの先進国の「両極端な世界」で社会人を経験し、ドイツハーフである自分は両方の母国語も操れる。世界中にゴマンといる会社員の中でも唯一無二の経験をしていると自負しております。

 

 

日本で就職した当時は、日系の一部上場のカイシャに4年半勤めていましたが…。その後は日本のカイシャ生活がお腹がいっぱいになったのでさっさと外資系(今の会社)へ転職。現在はドイツで気ままにサラリーマンを続けています。

 

 

そんなこんなで、ドイツと日本のハーフである、わたくしコダモン。

 

 

 

日本もドイツも大好きです

 

 

 

どちらの国にも優劣はつけ難いし、1つの国を選ぶこともできません。

 

 

どちらも、自分にとって素晴らしい母国。

 

 

ありがたい事に、ドイツ在住である現在も、定期的に日本へ一時帰国しています。そして…。「日本へ帰国する度に思う事」がたくさんあります。

 

 

日本食が最高においしい!

 

 

日本のサービス(精神)は素晴らしい!

 

 

コンビニも24時間営業のスーパーも超便利!

 

 

都内の公共の交通手段は世界で類を見ないほど秀逸!

 

 

などなど。

 

 

日本の良いところをあげたら、キリがないです。

 

 

「いつかはまた日本で住みたいなぁ…」とも思いますし、何より自分が生まれ育った国なので、素晴らしい友人や知人たちの近くに腰を据えるという選択肢が、とっても魅力的。

 

 

「お前いつまでドイツで暮らすんだ?」

 

 

「そろそろ日本にもどって来いよ…」

 

 

居酒屋などで昔の仲間と飲んでいると、よくこのようなコトバをかけてもらい、その度に色々と考えさせられます。

 

 

日本で暮らしていくための理由は、いくらでも見つかるのです。

 

 

しかし……。

 

 

 

日本で働きたくない

 

 

 

この事実だけが致命的なんです……。

 

 


なぜかみんな「疲れている」

 

 

日本に帰国して思う事。それはポジティブな事ばかりではありません。

 

 

街ゆく人や、電車に揺られてい出勤していく人たちの顔、顔、顔……。

 

 

 

みんなとても疲れているように見える

 

 

 

電車で吊り革につかまるサラリーマンは、立ちながら眠っているし。座っているOLさんも、隣の人の肩に頭をあずけながら寝ている。

 

 

満員電車の中の会社員たちは、みんな明らかに『疲れ』が顔に出ています。

 

 

子供の頃、都内に出る時はよく電車に乗りました。そして、そこで見かけた『スーツに身を包んだ人達』の苦悶の表情を、今でもハッキリ覚えています。

 

 

みんななんとなく険しい表情して、通勤電車の中も殺伐としている。

 

 

「電車に乗って行き着く先に楽しいことが無いんだろうなぁ…」

 

 

子供ながらに思っていました。

 

 

そんな日本のサラリーマンに、自分がなるとは…。そして、4年半の期間を日本のカイシャに所属する事になるとは、当時はまったく想像していませんでした。

 

 

たくさんの人がひっきりなしに往来している都内の駅周辺。スーツに身を包んだ人達が、カイシャへ向かうために早足で通り過ぎます。

 

 

エレベーターでは、ベビーカーの妊婦さんがいるにもかかわらず、ドアめがけて真っ先に降りようとする人がいたり…。

 

 

いったい何のプレッシャーと戦っているんだ…? 出勤時間がそんなに大事か? 

 

 

そこまで急いで生きた先に、何があるんでしょうかね。

 

 

そして、夜になると…。23時を過ぎているにもかかわらず、電車の中は帰宅中の会社員でごった返しています。残業が当たり前のように行われている日本のカイシャならではの光景です。

 

 

仕事のストレスからなのか、車内で肩がぶつかっただけでキレている人も。焦燥しきった中にも、何とも言えない殺気立った空気が流れています。

 

 

そうです…。

 

 

 

みんなカイシャで消耗しきっている

 

 

 

都内の本社に勤めていた当時の同僚達も、皆そうでした。一見普通に働いているように見えるのに、その顔にはいつも「疲れ」がにじみ出ていた。

 

 

終わりなく続くムダ残業

 

 

「周りが休まないから」取りづらい有給休暇

 

 

心にまったく余裕のないピリピリした上司

 

 

コダモンはそのどれもを『経験済み』ですが、4年半の会社員生活ではやはりそのストレスの積み重ねで心身を消耗しました。そんでカイシャを辞めた。

 

 

 

 

日本のカイシャの慣行は、単純に疲れます。そして、それが最終的には嫌悪感につながる。

 

 

ハーフである自分が実際に経験してきた「日本のカイシャのヤバい事情」の数々は、恐らくまだ序の口でしょう。めんどうな事は山ほどあったけど。

 

 

『パワハラ』や『違法残業』など、本当にヤバい労働環境が支配しているカイシャは、まだまだ多く存在すると思う。

 

 

過労死という言葉が "Karōshi" として英語や他言語でも認知されるほど、日本の「ありえない働きぶり」は海外でも有名です。

 

 

年功序列が支配する「カイシャ」という小さな世界の中で周りに相談する事もできず、知らず知らずのうちにみんな消耗していきます。

 

 

毎日の出社が憂鬱になり、逃げ場のない職場と人間関係にイライラが募る。その影響は日常生活においても顕著で、家族で団欒しているにもかかわらず、日曜日の夕方になると溜息が出たり。

 

 

「はぁ〜…」

 

 

そんなカイシャ生活を5年間経験しました。

 

 

そして……。

 

 

 

カイシャがお腹いっぱいになった

 

 

 

日本のカイシャを辞めたのです。

 

 


海外を経験したら日本ではもう働けない

 

 

そんなこんなで、ドイツでドイツ企業に転職。

 

 

そこはにはしっかりとワークライフバランスがあります。

 

 

残業は実質ゼロ 

 

 

有給休暇は年間30日を100%消化

 

 

年功序列に捉われないフラットな人間関係

 

 

などなど。そのどれもが、ゴリゴリの日系企業に勤めていた当時とは雲泥の差です。

 

 (合わせて読みたい)

 

 

日本とドイツの両方で社会人をやってみて、ドイツには本当に残業をしない働き方があることにビックリしたし、同じ先進国でなぜここまで差があるのか不思議でしょうがなかった。

 

 

生産性の高い働き方だけが求められるのが、ドイツ社会です。契約書にサインした通りの職務内容をしっかりこなしていれば、「それ以上の事」も「それ以下の事」も求められません。

 

 

家族や友人、趣味の時間に全力を注ぐのもドイツ人。

 

 

オフィスに止まる時間は必要最低限で働き、常に「定時退社」を意識しながら、効率よく働こうとします。

 

 

そして、上層部含めた企業と部署のマネジメントがそのような働き方をしっかりサポートしているのです。そのため、日本によくある「みんなが残業しているから帰れない…」「周りに迷惑がかかるから休めない…」といった考えがドイツにはそもそも存在しません。

 

 

ドイツ人にとっては、企業勤めをする上で1番重要なのはワークライフバランス。

 

 

わたくしコダモンは、ドイツでドイツ企業に転職して正解だったと思う反面日本にいた当時の自分はなぜあんなに苦労して働いていたのだろうか? と、怒りとも悲しみとも取れない感情を覚えました。

 

 

日本にいた当時は、部長以下「残業が当たり前」だったし、「長時間労働は良い社員の見本」とでも言わんばかりに、みんな定時以降もひたすら仕事をしていました。自分も同じく。

 

 

そんな日本の社会人生活は、毎日がストレスと隣り合わせ。

 

 

毎日満員電車に揺られながら出勤し、時にはエンドレスな残業に従事しながら、行きたくもない飲み会に駆り出される。有給休暇もロクに取れず、一年を通してリフレッシュもできないまま、ストレス三昧で働き続ける……。

 

 

 

マジで日本で働きたくない

 

 

 

日本で暮らしたいけど、日本で働きたくない…という、なんとも言えないジレンマ。

 

 

日本とドイツの両方で社会人を経験して得た教訓は、「日本の働き方がありえない」という事でした。

 

 

ドイツの働き方を経験したら、日本のソレにはもう絶対に戻れない。

 

 

福利厚生やら各種手当の手厚さは、もちろん海外の(いわゆる外資系の)企業にはありません。それでも、毎日心身を削りながら日本のカイシャで働く気は、もうありません。

 

 

日本で起業したら楽しそうですけどね…。そのうち一念発起しようかな。

 

 

コダモン

 

 

関連する記事を読む:





コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ハーフママ (土曜日, 14 7月 2018 13:17)

    ドイツ在住、そろそろ将来について考えないといけないドイツ日本ハーフの息子を持つ母親です。日本語も結構できるので、近くの大手日本企業に買収された会社はハーフにとってどんなものかと調べていたところ、このサイトにたどり着来ました。大学の話も大変参考になりました。ありがとうございます。本当によく努力されたんだと感心しました。
    日本の企業は、親戚の話を聞いてもドイツと比べると労働条件ではほぼオールブラックですよね。あと健康保険もドイツの方が頼りになると思います。
    また読ませてもらいます。^ ^

  • #2

    コダモン (日曜日, 15 7月 2018 11:39)

    @ハーフママさん。そうですね、やはり「海外」を知ると、日系企業特有の慣行や各々のカイシャの古いしきたり、年功序列の縦社会の縮図など、「周りに合わせる働き方」に慣れるのが難しかったです。日本生まれ日本育ちでも、です。お子さんはドイツの学校に通っていらっしゃると思うので、なおさらかと…。「何事も経験!」と日本で就職し、日系のカイシャに4年半在籍しましたが、良い経験以上に消耗度が高かったです。細々と続けているブログですが、また立ち寄っていただけると嬉しいです!