新入社員(新卒)でもカイシャと職場が嫌になったら辞めればいい

「カイシャはとりあえず3年続けろ!」なんてよく聞くけど、何の根拠もないよ。もし今の現状が本当に無理だったら、カイシャは辞めて良い。

カイシャにしがみつく理由は無いよ?

 

 

コダモンです。

 

 

今年も、日本のカイシャにはたくさんの新入社員(新卒者)たちが入社。

 

 

それぞれ、期待と不安の入り混じった気持ちでの入社だったことでしょう。

 

 

「就職活動」という、新卒一括採用をベースとしている鬼門をなんとかくぐり抜けて、ようやく入社へと至った若者達。

 

 

ドイツハーフとして、海外で大学を卒業したコダモンは、日系の一部上場企業へ中途採用で入社。いわゆる「就職活動」は経験していませんが、日本のカイシャにほぼ新人として入社した経歴を持ちます。

 

 

そのため、入社前〜入社後という時期の、気持ちの変化もよくわかる。

 

 

いろいろと面倒なのもカイシャ

 

 

勤めた先は決してブラックでは無かったにしろ、入社後の新人研修で既に消耗しました。

 

 

ドイツで暮らしていた事実も重なり、凱旋帰国でいきなり「カイシャという組織」を経験したら、カルチャーショックどころか、マジでひきました。

 

 

社訓の唱和とか。

 

 

(何コレ。戦時…?)

 

 

なにはともあれ、コダモンは「カイシャ」を知っています。

 

 

そのため、とても良くわかるのです。

 

 

入社後もうすぐ1ヶ月が経とうとするこの時期……。

 

 

もう、カイシャ辞めたい

 

 

そのように思っている人が、たくさんいることを。

 

 

 

 

悩まないで!そのカイシャ、辞めちゃいな。

 

 

まず、結論から。

 

 

もし既に、あなたが今のカイシャで、パワハラやセクハラ。労働基準法に違反するようなことを経験していたら……。

 

 

明日にでも退職届を出してください

 

 

後先考えなくていいんです。

 

 

違法なカイシャに入ってしまっているのなら、すぐに辞める。

 

 

このようなケースは、辞めることが間違った選択にはならないケースです。カイシャが明らかに違法行為を行うなど、「超明確な辞める理由」で退職した場合は、その後の転職活動で不利になることなどありません。

 

 

仮にあなたが…。

 

 

「前職では教育の域を超えたパワハラを受けていました。それが退職理由です。」

 

 

と、転職活動時に面接で伝えたとしましょう。

 

 

その時に……。

 

 

「そうですか…。ただ、入社後1ヶ月だったんですよね? ウチでもすぐに辞めてしまう可能生があるっていうことですか……。」

 

 

こんな返答があったとしたら。

 

 

それはもう単純明快。

 

 

「そのカイシャもヤバい」ということがわかるだけ

 

 

「普通」で健全なカイシャだったら、あなたの前職での待遇を面接官も同情してくれるはずです。

 

 

結局何が言いたいのかと言うと……。

 

 

「カイシャを辞めたい。でも入社後1ヶ月しか経ってないし…。」

 

 

このような考え方を捨ててください。ということ。

 

 

国が定める基準を超える違法な労働・長時間の残業

 

 

上司や先輩などによるセクハラ・パワハラ

 

 

手当が出ない・サービス残業を強いられている

 

 

これらは、迷うことなくカイシャを辞める立派な理由です。

 

 

「もう明日カイシャに行きたくない……。」と考えている、そこのあなた。もし仮に上記のような項目が当てはまっている場合は、明日にでも上司に退職の意思を伝えてください。

 

 

「まだ入社したばかりだろう」

 

 

「まだ何も成し遂げていないないのに、もったいない」

 

 

「今退職して就職先が見つかるわけがない」

 

 

このような声には、耳を貸さない。

 

 

とりあえず辞めて、そこから考えればいいのです。

 

 

新卒者の場合は、いわゆる「大人の社会人」が勝手に決めたルールや慣例、しきたりに対して、何の免疫もありません。そして、カイシャ側に不信感や不満を感じ始めても、十分に自分の意見を言えずに受け入れてしまうこともあるかと思います。

 

 

しかし、それが原因で心の病になってしまったり、心身がズタボロな状態になってしまっては、どうにもなりません。とりあえず今の過酷な状況から逃げ出すこと。それは決して恥ずかしいことではありません。

 

 

自分が再起不能になる可能性があるほど搾取されていると感じたら、すぐさまハンドブレーキをひいてください。

 

 

そして、それは「辞める」という決断で間違いありません。

 

 

新入社員の離職率は高くなっている

 

 

事実、今の日本の会社員の現状として……。

 

 

業界全体の約30%の新卒たちが3年以内で辞める

 

 

そんな事実があります。

 

 

厚生労働省が正式に発表している数字です。

 

 

新規学卒就職者の3年以内の離職率は新規高卒就職者40.8%、新規大卒就職者32.2%

(出典: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553.html, 22.04.2018)

 

 

コダモンは個人的に、これは良い傾向だと思っています。

 

 

ドイツでは、「最初の職場は3年で辞めろ」なんていう事も言われていますから。

 

 

「大卒で最初の職場に就いたら、およそ3年で仕事の基礎と自分の専門分野のノウハウを吸収できる。だから、そこから最初のキャリアアップを3年以内にしなさい。」という事です。

 

 

そのため、上記の厚労省の数字は、別段悲観するものではない。

 

 

むしろ、未だにブラック企業が多数のさばっている日本の現状では、もっと離職者が多くても良いとすら思っています。

 

(合わせて読みたい)

 

 

結局のところ、「辞める理由」がハッキリしていれば、いつでもカイシャは辞めて良いのです。

 

 

コダモンは、日本の一部上場の製造業の分野のカイシャに中途採用で入社しました。そして、すぐにそのカイシャが自分に合わないと判断した。ドイツハーフにとっては、衝撃の連続だった日本のカイシャ。なんだかんだでズルズルと4年半も勤めていましたが、それはドイツ駐在などがあっての話。

 

 

いつでも辞めてやろうと思っていました

 

 

そして、頃合いを見計らったらスパッと辞めた。

 

 

新卒だろうが、入社後3ヶ月だろうが、勤続4年だろうが…… 関係ないです。

 

 

そう、その「期間」自体は全く考慮しなくていいのです。

 

 

重要なのは「辞める理由」

 

 

なんでもかんでも辞めてはダメ

 

 

パワハラを例に見てみましょう。

 

 

未だに定義が曖昧なところも多いパワハラ問題ですが、具体的な例を見ながら考えてみます。

 

 

まず、昨今の新卒者たちは、「長く続かない」とのレッテルが貼られやすいみたいですね。

 

 

コダモンのカイシャ時代の人事も、ボヤいていました。事実、コダモンの同期だった新卒者の中でも、何人かは3〜4年以内に辞めていた。

 

 

「ゆとり世代はすぐカイシャを辞める」

 

 

「最近の新入社員は甘えている」

 

 

「昔の新卒たちに比べて最近のは根性がなくなった」

 

 

オッサン世代の、こんなコトバが飛び交っているカイシャは、少なくありません。

 

 

しかし、実際のところ、誰がどう見ても「辞めるに値しない」理由でさっさと辞めていってしまうケースもあるみたいですね。

 

 

コレは是非避けたい。

 

 

転職時にも「マイナス」な理由になってしまうような時期尚早な決断は、やめましょう。

 

 

 

では、どのような時が「間違った辞め方」なのか……??

 

 

前述のパワハラをテーマに見て見ましょう。

 

 

……。

 

 

あなたのカイシャは9時が始業時間。

 

 

新卒で年齢も一番下のあなたは、始業と同時に各デスクの電気を点けるのが、暗黙のルールとして決まっています。

 

 

そして、もちろん出社時間も周りより早い。部長がカイシャに来る前にデスクに座っているのがベスト。

 

 

お昼休みも、仕事が残っていれば、取ることができない。

 

 

そして、部署の飲み会がある日などは残業もできないため、デスクにかじりついて仕事をします。もちろん、飲み会を断るなんてもってのほか。

 

 

……。

 

 

こんな状況下で、次のようなことを上司に言われたとしましょう……。

 

 

「最近毎日8:45くらいに出社しているな。この間は電気も点け忘れていたし…。たるんでいるんじゃないのか?」

 

 

「昼休み取るのはいいが、例の案件の納期は今日だろう? そんなんで18時までに提出できるのか?」

 

 

「部長も出席するんだ。そんなメンツの飲み会を断るなんて聞いたことないぞ?」

 

 

……。

  

 

こんなことを言われたからといって……。

 

 

カイシャを辞めてしまってはダメ

 

 

日本のカイシャの現状では、こんな程度ではもちろんパワハラにもなりません。

 

 

非常に煩雑なルールのもと仕事をしなければいけないのが、日本のカイシャの特徴なのです。

 

 

「そうじの時間」があったり。

 

 

年功序列で上の人間が幅を利かせていたり。

 

 

仕事の延長でしかない飲み会ばかりだったり。

 

 

どれも非常に「面倒臭い」。業務や仕事の内容では無く……。人間関係とか見えないルール。これらが煩雑です。みんなが皆、周りばかりを気にして働いている。その為、そのような組織で「やる気が削がれる」経験をするのも、みんな一緒。

 

 

いろいろと面倒なのもカイシャ(2回目)

 

 

この事実は変えられません。

 

 

そのため、それを理由にさっさと転職してしまってはダメ

 

 

カイシャ特有のルールやしきたりは、残念ながら常に存在しています。そして、その色に染まりきった上司たちも。そのような組織に属することで、人間関係の摩擦も、当然のように生まれます。

 

 

いわゆる団塊の世代との意識格差は、カイシャの中に常に存在しているのです。

 

 

彼らは、年功序列と終身雇用という過去の産物でカイシャに属しています。何もカイシャの仕組みを知らない学生だった頃から、「おれは転職しない」と決断して、勤続ウン10年。

 

 

そのような人たちが上司のカイシャなので、昨今の柔軟な思考を持った世代とはまったく合いません。

 

 

カイシャの人間を変えることは、できないのです。

 

 

ここはもう目をつぶって、「継続はチカラなり」と捉えましょう。そして、あなたが思う転職のタイミングまで続けてみる。どの仕事にも、あなたのスキル向上につながる経験が含まれます。そして、どのカイシャでも、業務を通して自分の自信につなげられる「財産」ができます。

 

 

それが、仮にダメなカイシャであっても、です。

 

 

まずは自分の経験値アップのためだと、割り切りましょう。

 

 

……。

 

 

ちなみに、逆に辞めても良いケースです:

 

 

「お前の出社時間はそもそも8:00だろう!? 部長からのクレームが俺に来るんだよ。電気つけるくらいの仕事もできないアホなのか??」

 

 

「バカヤロウ! 何を昼休み取ろうとしてるんだ!? 例の案件の納期に資料を提出できなかったらクビだぞ!」

 

 

「お前ごときが断れる飲み会は無いんだよ! 昇進できるかどうかは俺が決めるんだぞ!?」

 

 

……。「辞める」という選択肢を考慮すべきでしょうね。

 

 

カイシャを経験するも辞めるも良い経験

 

 

ハーフが「カイシャ」に就職してみた。

 

 

ドイツで通算10年以上暮らして来たハーフにとって、日本のカイシャはけっこう衝撃でした。

 

 

そして、そんな「ダメもと」で入社したカイシャには4年半で見切りをつけ、さっさと転職していきました。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

その、カイシャに属していた4年半……。

 

 

ずーっと辞めたかった

 

 

楽しい思い出より、苦い思い出。

 

 

残業もして、休日に出張もして、どうでもいい飲み会にも出席して……。

 

 

「日本の社会人」を経験することで、たくさんの知識経験を身につけました。残念ながら、とても効率の悪い形で。

 

 

それでも、日本のカイシャに4年半在籍した経験は後悔していません。

 

 

なぜなら、外資系企業に転職した今……。

 

 

何が本当に「ダメ」なのかを判断できる

 

 

このスキルが身についたからです。

 

 

ドイツハーフで「カイシャ」を経験したコダモン。半分日本人の思考と経験を持ちながら、外資系企業に勤めている現在、唯一無二の観点から物事を捉えることができています。

 

 

日本のカイシャを4年半経験したこと。それは、海外ビジネスにおける組織の動きで「何がダメ」で「何が良い」のかを、判断するのに役立っているのです。

 

 

制度がとても良く整っている日本のカイシャを経験したことで、海外の適当な制度を疑問に思えたり

 

 

「育成」の部分がないがしろにされやすい海外ビジネスで、日本の丁寧な仕事の仕方を基準にできたり

 

 

これらは全て、あの「嫌で嫌で仕方なかったカイシャ」を4年半経験したからこそ、身についたもの。

 

 

……。

 

 

カイシャに新卒として入社して、もうすぐ1ヶ月になる人へ向けるメッセージです。

 

 

「明日もカイシャだよ…もうイヤだなぁ……。」と思ったら、その理由を冷静に振り返って見ましょう。

 

 

意外と、「どうにでもなる」ことが多いです。

 

 

コダモンの場合、実際にそうでした。

 

 

休日に出張した時も。

 

 

ウザい上司がストレスだった時も。

 

 

行きたくない飲み会に駆り出された時も。

 

 

それでも、明日はまた来る (笑)

 

 

カイシャはいつでも辞めていい。

 

 

あなたのカイシャに違法行為を感じたら、入社4年目だろうが1週間だろうが、スパっと辞める。

 

 

もし単純に「やる気がない」時は、その原因を冷静に振り返ってみてください。

 

 

ドイツハーフのカイシャでの4年半は、捨てたもんでも無かった。

 

 

転職1年目の現在。コダモンの日系大手での4年半の経験は、いろいろな場面で反映されています。

 

 

自分の経験の為に、もうちょっとだけ頑張ってみるのはアリですよ。

 

 

 

 

コダモン