新卒一括採用から即戦力を採用する時代になるのか?

会社も新人をゼロから育成する余裕がなくなるよ。 新卒一括採用と就職活動が変わる。

リクルートスーツを着て就活する時代の終焉?

 

 

コダモンです。

 

 

日本の労働環境って、諸外国と異なる部分が多いです。 

 

 

年功序列とか。

 

 

集団意識で成り立つ組織形態とか。

 

 

そんな中でも、カイシャへ入社していく過程がとても特殊だと思うのです。

 

 

日本独自の慣行で行われている、いわゆる新卒一括採用のこと。

 

 

大学を卒業見込みの学生たちに対して一括で採用をかける企業たち。カイシャ側は、採用コストを抑えられるメリットがあったり…。また、新卒側は、流れに乗っていればいつかは「採用」へとこぎつけられる。

 

 

「新卒一括採用」のシステムが、基本的にはウェルカムな日本。

 

 

しかし…。どうやらコレが今変わりつつあるらしいのです…。

 

 

カイシャに合う「新卒一括採用」のシステム

 

 

毎年決まった時期にぞろぞろと就職活動が行われ、夏ごろに企業から内定が出てくる「新卒一括採用」。

 

 

「周りに合わせること」が大好きなカイシャからすれば、至極カンタンで利にかなったシステムです。

 

 

日本に合うスタイルとして確立された新卒一括採用

 

 

そのため、「終身雇用」とセットにすることで、良い人材を早めに囲い込もうとするカイシャ側の思惑とピッタリなのです。

 

 

「育成」を前提に、いわゆる「ポテンシャルのある人材」を効率的に確保するのが目的。

 

 

「ウチで定年まで働くんだからじっくり育成してやるぞ?」というカイシャの姿勢は、終身雇用ありきの考え方です。

 

 

「社員が辞めないこと」を前提としているので、その社員をカイシャ色に染めていくのにこれほど好都合なシステムは他にない。

 

 

そんな「新卒一括採用」ですが…。

 

 

わたくしコダモンは、正直そのメリットが今でもわからない。

 

 

学生にリクルートスーツを着せて就職活動させる意味も、未だに不明。

 

 

(あわせて読みたい)

 

 

そんな中、もし新卒一括採用が無くなったら…。日本はどうなっちゃうんでしょうかね?

 

 

日本の採用方式が、欧米のように「即戦力採用」になったら…?

 

 

新卒たちに、就職と同時に「知識経験」が求められるようになり、その企業の貴重な戦力として、すぐに従事してもらう。

 

 

そんな欧米では当たり前の「就職」は、日本でも行われるのでしょうか?

 

 

「新卒一括採用が無くなる」とはどういうこと?

 

 

「…。そんな新卒一括採用だが、2020年までにはかなり廃れてしまうだろう。企業の側に、新人をゼロからじっくり育成する余裕がなくなってきたためだ。」(出典:文春オンライン, http://bunshun.jp/articles/-/2239, 2017年8月20日時点)

 

 

とある記事の抜粋です。

 

 

要するに…。

 

 

「これからはカイシャ側には人手もお金も足りなくなるので、すぐ使える人材のみ採用しよう!」

 

 

と言っているのです。

 

 

うーん…。

 

 

欧米では、新卒も中途も、ほぼ横並びの扱いになることが多いです。

 

 

要するに、大学在学中にできるだけ「実務経験」を学んでもらうというトレンドがあり、卒業していく学生達には、ある一定のスキルが既に身についているのです。

 

 

もちろん、企業で開発や技術、チームの中での営業活動に関わることで、その「伸びしろ」はまだまだ期待できます。

 

 

それでも、どの新卒も「完全な個人戦」で企業側へとアプローチしていく必要があるのです。

 

 

日本のように「一括で新卒を採用するシステム」が無いので…。卒業見込みの学生達は、各々のタイミングと技量をもって、交渉を行います。

 

 

そう…。ドイツなどでは、学生といえどもある程度のポテンシャルが考慮され、まずは即戦力だけが求められます。

 

 

前述の記事の中では、ざっくりとまとめると…。

 

 

「これからの時代、会社じゃなくて仕事で選ぶべき」

 

 

そのような熱いメッセージを投げています。

 

 

その背景として、2000年以降の大量リストラを挙げ…。

 

 

「大企業だから安心」という時代が終わった

 

 

としているのです。

 

 

うーん…。まぁこの意見には納得です。

 

 

ここで1番肝心なのは:

 

 

カイシャに依存しないスキルが求められる

 

 

ということです。

 

 

将来的には少子化と労働力不足で、カイシャ側ではなく、「採用される側が仕事を選ぶ立場」になります。売り手市場となり、転職もこれまでに無いほど容易になるでしょう。

 

 

この流れを汲んで、日本の採用事情も「即戦力採用」になる可能性がある、というわけですね。

 

 

売り手市場な環境の中、また、転職も活発になるため…。1人の社員にかける費用と労力を見直す必要があるということ。

 

 

ある程度のスキルを身につけた人を採用すれば、それだけコスパも良い。

 

 

そして、それが中途採用者だけにとどまらず、新卒たちにも言えることだと…。

 

 

もう少しカンタンに言えば、今の「中途採用」や「キャリア採用」の概念が新卒にも適用されるということです。

 

 

 

大学生もカイシャも変わる必要がある

 

 

当たり前ですが、それを本当に実行するのであれば、相当の変化が必要です。

 

 

これまでのように、「とりあえず就職活動をして、具体的な担当業務も配属先もわからぬまま内定だけを貰う」というような考えは、もう通用しなくなります。

 

 

自分が「カイシャで何をするのか?」という事を明確にしながら、企業にアプローチする必要があるからです。

 

 

そして、まずは欧米諸国のように、学生達に在学中のインターンシップや実務経験の充実が求められます。

 

 

(あわせて読みたい)

 

 

これまで重要視されていた、「◯◯大学卒」などという肩書きが全く意味を持たなくなることになるのです。

 

 

学生達には、「入社後いかにアウトプットを出せるか?」ということが、すぐに問われるようになります。

 

 

つまるところ…。大学を卒業していることが当たり前になり、さらにその先、「個々のスキル」が判断基準になるということです。

 

 

「社会人経験を在学中にしておけ! 」となるのです。

 

 

今の、のほほんとした日本の学生たちには、ちょうど良いカンフル剤にも見受けられますが (笑)

 

 

ちなみにカイシャ側にも、それ相応の変化が求められます。

 

 

そうです…。志願者のスキルを面接でしっかり見極める必要に迫られるのです。

 

 

「一括採用」が無くなることから…。

 

 

新卒に提示する条件も給料も千差万別

 

 

こうなります。

 

 

「大卒初任給23万円」「院卒初任給25万円」などの、これまで当然のように横一線にさせられていた給与事情が通用しなくなる。

 

 

採用する人材のポテンシャルとスキルを考慮して、それなりの条件を提示する必要があるのです。

 

 

新卒の採用に対する、人事の抜本的な改革が前提となるのですね。

 

 

……。

 

 

このように、仮に「新卒一括採用」が廃止となれば、かなり大きな変化が求められます。そして、それは学生側もカイシャ側も同様。

 

 

ただ、これからの少子高齢化を考えると、これは現実的な話なのです。

 

 

みんなお揃いのリクルートスーツを着て…。

 

 

みんな同じタイミングで就職活動をスタートさせて…。

 

 

とりあえず大きなカイシャを求めて内定を勝ち取って……。

 

 

という作業が「良し」とされていた時代の終焉が、もうすぐそこまで来ているかもしれないのです。

 

 

「職務経験のない学生」が、転職活動をする「職務経験者」を相手に競争するような社会。

 

 

新卒の若者が就職できにくくなる可能性があるかもしれませんが、それでも今後の少子化による「売り手市場の継続」が手伝い、一括採用のシステム存続が危ぶまれるのも、また事実。

 

 

特に、これから「就職」を控える若者たちには、そのことも念頭に置いて「個のスキル磨き」に注力すること。

 

 

採用システムに頼らずとも、グローバル化の進む社会の中で戦っていくスキルを身につけること。

 

 

「他人との差別化」がしっかりとできていれば、どんな変化も乗り切れるのです。

 

 

 

コダモン