海外の職場実態 - カイシャでの服装は??

日本のカイシャで、「スーツが当たり前」を叩き込まれていたら、海外に駐在した時に衝撃を受けた。

「基本スーツ着用」は日本だけ??

 

 

コダモンです。

 

 

最近、こんな記事を見かけました:

 

 

「クールビズの季節も『就活黒スーツ』は異常だ」

(出典: 東洋経済 http://toyokeizai.net/articles/-/182938, 2017年8月6日現在)

 

 

毎年かなりの猛暑となる、日本の夏。湿気も高くジメジメで、汗をかいたら服がベターっとくっついて…。気持ち悪い。

 

 

カジュアルでさえ夏は大変なのに…。酷暑などは、できれば半袖のシャツで顧客訪問したい日もあるほど、サラリーマンの服装は夏がしんどいです。

 

 

それなのに…。

 

 

日本のカイシャの3社に1社しか学生にクールビズを推奨していない

 

 

…という、衝撃の事実が掲載されていました。

 

 

クールビズについてはよくわかりませんが。真っ黒なリクルートスーツを夏に着るのは地獄です。

 

 

リクルートスーツ着たことないけど。見ればそのツラさはわかる。

 

 

汗だくでの就活行脚。

 

 

お気の毒……。

 

 

記事の中の学生コメントには…。

 

 

「クールビズ推奨と書いてあったため、ネクタイをせずに選考に参加したところ、次の選考ではネクタイをしてくるようにと面接官に言われた」

 

 

という内容のものもあった。

 

 

「社会人 = スーツ」

 

 

「カイシャ = スーツ」

 

 

などという、思考回路停止なカイシャ特有の姿勢が際立ちます。

 

 

全く融通の利かない、日本のカイシャ。

 

 

海外のサラリーマン達は、どのような服装で出勤しているのでしょうか?

 

 

同じカイシャでも、日本を出れば服装は自由

 

 

ドイツハーフで、日本と海外の経験が半分半分な、わたくしコダモン。

 

 

日本で日系の一部上場企業に、4年半勤めていた。

 

 

そこでカイシャ生活を送り、「ニホンの社会人」をせっせとやっていた頃…。

 

 

本社の人間は100%スーツ姿でした。

 

 

都内の一等地に本社をかまえるそのカイシャでは、オフィスで見かける同僚も上司も、みんなスーツ。

 

 

いわゆるクールビズがOKだったので、ネクタイは無着用でしたが、周りは一律シャツに革靴スタイル。

 

 

まぁ、どこのカイシャでもよく見る光景ですね。

 

 

なんの面白みもない、ただただ周りに合わせたスタイル。

 

 

かくいうコダモンも、ドイツの大学を卒業して自由な空気を吸っていたのですが…。郷に入れば郷に従えということで、カイシャ生活ではしっかり周りに合わせて、スーツで出勤していました。

 

 

その後、ドイツに出向して駐在員として働いたのですが……。

 

 

ドイツでは千差万別な服装とスタイルが横行していた

 

 

ポロシャツで出勤する人もいれば…。

 

 

普通にTシャツ姿にジーンズでオフィスに来る人も。

 

 

デニムにシャツというスタイルの人も多かった。ドイツ人が着ると、けっこう絶妙な「半オフィススタイル」のように見えます。

 

 

靴も、スニーカーを履いて出社する同僚が多かったです。

 

 

彼らは…。

 

 

顧客訪問などの時のみ臨機応変に正装します

 

 

とてもリーズナブルですよね。

 

 

あとは、社内で役員などとの打ち合わせがある時など。事前に正装が求められるようなシチュエーションに合えわせて、その日だけ服装を変えてくるのです。

 

 

そのため、普段からカジュアルな同僚が、パリッとしたスーツ姿で出勤してくると…。「おっ、今日はお客さんのところに行くの?」という会話が生まれます。

 

 

自分のスケジュールと照らし合わせながら、オフィス作業の時はラフな服装。

 

 

業務における効率も上がります。

 

 

ちなみに、コダモンがドイツの同僚で経験した「ラフな格好ベスト1」。

 

 

それは、なんと…。

 

 

アロハシャツに短パン、ビーチサンダルでした(笑)

 

 

本当にツワモノがいたものです。

 

 

確かに暑い日だったのですが、廊下ですれ違った時に思わず自分の目を疑いましたね。

 

 

その彼はエンジニアだったのですが…。

 

 

さすがに後日上司から服装を改めるよう言われたそうな。

 

 

国と文化が変われば、そこでの習慣も違ってきます。

 

 

それでも…。

 

 

日本では考えられないほどの、規定の柔軟性。

 

 

無精ヒゲを生やして出勤する人もいます。そこでは、基本的には「個」が尊重され、優先されます。

 

 

実際、事業部長クラスの人間も、ポロシャツで出勤していました。

 

 

成果主義、そして「個人主義」の世界が支配している、欧州のビジネス現場。アウトプットという形で貢献さえできていれば…。

 

 

社内の服装などの小さなことにこだわらない

 

 

こんなことを、まざまざと経験しました。

 

 

「クールビズ」なんてコトバも存在しないんですよね……。

 

 

外資系もやっぱり服装が自由だった

 

 

そんなこんなで、日本のカイシャがお腹いっぱいになり、4年半でさっさと辞めてきました。

 

 

年功序列とか、意味のわからない社内ルールとか、古い慣行とか…。辞めた理由を挙げたらキリがないのですが、マジで最後はスパっと辞めてやりました。

 

 

ちなみにその後は、ドイツで外資系に転職したのですが…。

 

 

そこでも服装は基本的に自由

 

 

けっこう自由です。 

 

 

女性社員の中には、スニーカにーTシャツという人も多い。

 

 

そして、そのシャツの袖からタトゥーが丸見え(笑)

 

 

でも、それで当たり前なのです。

 

 

ドイツに本社を構えるその企業では、ジーンズ姿で出勤する現地の人が、たくさんいます。

 

 

そんなドイツ企業の「日本の支社」はというと…。

 

 

日系企業よりは自由な社風といったところ。

 

 

それが服装にも反映されており、エンジニアの人などはポロシャツで出勤したりしていました。

 

 

ドイツからビデオ会議などに参加すると、画面の向こう側にいる日本の同僚たちは、みなけっこうカジュアル気味な服装です。

 

 

しかし、そこはやはり日本。

 

 

日本人の人事がたまに目を光らせており…。もさもさ生えたヒゲなどの、「度を過ぎた外見」や、スニーカーなどのラフ過ぎる格好には、NGが出るみたい。

 

 

それでも…。

 

 

「スーツ出勤がmust!」という日本のカイシャよりは、気持ち的に余裕を持って出社できますね。

 

 

真夏でも汗だくでスーツ着ている、日本のサラリーマン。

 

 

そして、ただでさえ煩雑な「就職活動」を、暑っ苦しいリクルートスーツに身を包んで頑張る、就活生たち。

 

 

そんな学生に対して、「服装は自主性に任せている」とは言いつつ…。

 

 

実際クールビズをする学生を見たことがない

 

 

というのが現状のようです。

 

 

うーん…。

 

 

入社前からしっかりと日本のカイシャ色に染められていく、学生達。

 

 

これから「組織に属す事」を考えると、そこに反骨精神を持ち込むのは難しい。それは理解できます。

 

 

しかし、日本のカイシャをドップリ経験したドイツハーフから言わせてもらうと…。

 

 

周りに合わせることは百害あって一利なし

 

 

どうせ日本のカイシャ組織というものは、年功序列のシステムのもと、「社員が辞めない事」を大前提に運営されている…。そして、そこでは誰もが、周りに合わせる働き方をしています。

 

 

自分のストレスを最小限におさえるためにも、ギリギリまで自分の道を貫くのが正解。

 

 

「ウチはクールビズを推奨しています!」

 

 

と謳っているカイシャの面接で…。

 

 

「はぁ? あなた何でネクタイしてないの?」

 

 

などと言われたら…。

 

 

そんなカイシャにはさっさと見切りをつけましょう。

 

 

そもそも、日本の就職活動と「リクルートスーツの存在」は、グローバルスタンダードではないことだけは、頭の片隅に置いておいてもらいたい。

 

 

日本も欧米のスタイルに学びつつ、「就活黒スーツの異常さ」には、いつか気づいて欲しいものです。

 

 

コダモン