「給料と昇進」よりも「家族と趣味」でリッチに

「年収380万円でも勝ち組」は無理がある? お金があれば幸せとは限りません。

年収380万円でも勝ち組

 

 

コダモンです。

 

 

「『昇給が8年ない』低収入のサラリーマン、断捨離で物欲だけでなく昇進欲まで捨てた諦めの境地」

 (出典: https://nikkan-spa.jp/1337207, 2017年6月3日時点)

 

 

という日刊SPA!の記事。

 

 

とあるサラリーマンの男性のインタビュー記事ですが…。

 

 

「低収入」と言われているその人の年収は、380万円。

 

 

昇給がずーっと無く、年収も8年間変わっていないのだとか。

 

 

380万円かぁ…ちょっとキツいかも。

 

 

日系のカイシャで、入社数年の社員がそのくらいの年収になるのかな?

 

 

しかし、この記事でクローズアップされている、この男性…。

 

 

既婚で子供が2人いる

 

 

コレはさすがに無理があるのでは…。

 

 

しかも、奥さんは専業主婦。という事は、この家庭は…。男性の馬力のみで稼いだ380万円が4人家族を養うための収入の全て。

 

 

…足りる? (笑)

 

 

そして、住宅ローンもあるのだとか。

 

 

家賃が無くなるとはいえ、住宅ローンの月々の支払いは高額なはずです。

 

 

いやー…。

 

 

これはさすがにキツ過ぎる気がする。

 

 

やはり年収380万円ではとても足りないのでは?? と思ってしまいます。

 

 

ちなみに、あくまで比較程度に。

 

 

厚生労働省の統計調査を見ると…。

 

 

東京(1位)の平均年収:582万円

(出典: https://careerpark.jp/4882, 2017年6月3日時点)

 

 

そして…。

 

 

一般企業での新卒社員の平均年収:200〜230万円前後

(同上)

 

 

このように見ると、前述の年収380万円という数字に、がぜん現実味が帯びてきます。

 

 

決して高くない、年収380万円。

 

 

そんな数字で始まる今回のテーマは、「低収入でも幸福」です。

 

 

収入が上がったら激務でボロボロ?

 

 

「サラリーマン」とは、その名が示す通り「給料をもらう人」。

 

 

出世や転職で年収増を目指すのが、サラリーマンの本懐です。

 

 

一昔前の日本なら、終身雇用の制度と年功序列の組織の中で、黙ってても昇給・昇級ができていた。

 

 

そうやってエスカレータ式に給与を上げて、年収増を目指す人が大半でした。

 

 

逆を言えば…。お金が伴わないサラリーマンは、非常に割に合わない。

 

 

自分の限られた稼働時間の中で、できる仕事にも限界があるなら…。給与は高いに越した事はありません。

 

 

ところが…。

 

 

収入が上がっても気が抜けないのがサラリーマン

 

 

管理職になった途端に残業手当もつかなくなり、カイシャからはエンドレスで残業ができるポジションだと目をつけられる。

 

 

事実、コダモンが4年半勤めていた日系のカイシャにいた上司たちは、いつまでも残業してました。

 

 

終電も無くなり、会議室の椅子をうまく並べてベッド代わりにして寝ていたり。

 

 

休日にも仕事したり。

 

 

激務に追われる毎日の中で、カイシャ以外にまったく時間を作れず、家では家族サービスもままらない。

 

 

たまの休みでも、仕事のメールばかりを気にして、ゆっくりリラックスすらできない、サラリーマンたち。

 

 

まさに社畜

 

 

カイシャでの煩雑な人間関係も、このストレス過多な働き方に、拍車をかけます。

 

 

ほぼ強制の飲み会とか、ゴルフとか。

 

 

このような過度の労働と、職場でのやりきれない立場に感傷的になり…。

 

 

最終的に身体を壊してしまうというネガティブな一面が、カイシャ生活の中には存在するのです。

 

 

前述の記事の中では、このような状況を「高収入プア」と呼んでいます。

 

 

要するに…。

 

 

「収入は高いが激務とそのストレスで私生活がズタボロ」

 

 

このような人たちを総称して、「高収入プア」という事です。

 

 

高収入なのに、その実態は「貧しい = プア」。

 

 

「年収が1千万」と言えば聞こえは素晴らしいいけど、その裏で朝から晩まで休む暇も無く働いていたら、どう頑張っても私生活を充実させる事ができない。

 

 

趣味の時間も、家族との時間も作れない。

 

 

心に何のゆとりも無くなる、まさにプアな状態です。

 

 

生活の中に幸福を見出すために高収入を目指した結果…。周りを見たら、誰も付いて来ていない。

 

 

本末転倒となってしまうパターンですね。

 

 

「世帯年収400万円でもリッチ」と断言する人

 

 

以下、冒頭の記事からの抜粋です:

 

 

「大手レンタルビデオチェーンの店長職で、年収380万円の横田さん。30年の住宅ローン、専業主婦の妻、子供2人と“重荷”が多いが、『現在は心身ともにかなり身軽ですよ』と明るく話す。『妻のすすめもあり、引っ越しごとに断捨離をしていったのが大きい。新居購入時には、僕の荷物なんてトランク一つ分くらい。現代はパソコン一台さえあれば生きていけますからね(笑)』奥さんも物欲が少ないロハス系で、ライフスタイルの理想が一致したのも大きい。スモールサイズの生活を心掛けているため、横田さんは『昇給が8年ない』状態と明るく話す。諦めの境地ではあるが、長年の現場勤務で『上手な手の抜き方』を熟知しており、趣味にも時間を費やせるようになったと話す。」(原文ママ)

 

なるほどねぇ…。

 

 

非常に逞しい。頼もしささえ感じます。 

 

 

この男性が、冒頭で紹介した年収380万円の人です。

 

 

「380万円じゃあさすがにキツイだろう…」

 

 

そう思って記事を読み進めたのですが、彼は「勝ち組」だったのです。

 

 

年収が380万円でも側にいてくれる奥さんの存在

 

 

2人の子供に恵まれた家庭

 

 

新居で子供の成長を見守れる安心した環境

 

 

これだけで、この男性が「勝ち組」だとハッキリわかります。

 

 

お金では手に入れられない大切なモノ。そのどれもを、既に手に入れている。

 

 

そんな彼は、まさしく「リッチ」。

 

 

高収入プアと対極にいるのが、まさしくこの男性です。

 

 

ちなみに、日本のカイシャに4年半ドップリ浸かってみた、わたくしコダモン…。

 

 

4年半でマジで消耗した

 

 

別に高収入でも無かったので、ただのプアでした。

 

 

日系で、日本の組織の中で働くのは、もうウンザリ。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

ムダ残業もたくさんしたし。

 

 

行きたくもない飲み会に、何度も駆り出された。

 

 

その時は独り身で、何のプレッシャーも無かったはずなのに…。

 

 

自分の時間もロクに持てず、周りの同僚や上司にならうように、「頑張って働く姿勢」を見せていた。

 

 

そして…。それは絶対に間違っていた。

 

 

その理由は単純です。

 

 

まったく幸せじゃなかったから

 

 

前述の男性のコメントの中には、「趣味にも時間を費やせるようになった」とありました。

 

 

これはマジで大事なことです。

 

 

ワークライフバランス無しで働くことは、百害あって一利なし。

 

 

周りの見えない働き方では、人はいずれカイシャの歯車となり、そして資本主義の奴隷と成り下がってしまいます。

 

 

そこにどのようなバランスを持たせるか?

 

 

これは、誰もが自分自身で見つける必要があります。

 

 

物質的な欲求は必要最低限と捉え、家族と自分が幸せになる程度の収入を得るという考え方

 

自分の趣味と家族サービスに費やす時間を、カイシャ生活から捻出する働き方 

 

 

年収が380万円でも、「勝ち組」。

 

 

その男性は、「仕事を最低限のストレスでこなす」こと、そして、「仕事以外の時間を家族と自分に費やす」ことを、実行に移せています。

 

 

生活に心の豊かさをもたらす働き方は、まさに「リッチ」。

 

 

低収入でもワークライフバランスがしっかり維持されている

 

 

まぁ…。欲を言えば、もうちょっとだけお金があれば、オマケ程度に選択肢が広がりますけど(笑)

 

 

イシャから得る対価に見合うだけの「働き方」で業務をこなす。そうすることによって、人生の中に余力が生まれます。

 

 

その「余力」でもって、健康な思考と態度で家族と向き合う。

 

 

理想のライフスタイルです。

 

 

奥さんと子供2人に囲まれながら、マイホームで家族と趣味に勤しむ生活ができることの幸福。

 

 

そんな彼は…。

 

 

「年収380万円」でも立派な「勝ち組」

 

その反面、高収入でも日々ビジネスに追われる「高収入プア」たち。

 

 

激務と余暇のないストレス三昧の働き方で、家族と自分の趣味にも時間を費やせない。ワーカホリックのような人たち。

  

 

彼らの懐には、お金は十分にある。

 

 

でも、そこまで頑張って稼いだお金の使い道は?

 

 

…。

 

 

稼いだ「お金」で幸福にするはずの家族や趣味活動などに時間を費やすこともできず、ワークライフバランスを崩壊させる働き方。

 

 

それで本当に幸せなのだろうか。

 

 

昇進や昇級の重要性を、自分なりに考え直すことは大事です。

 

 

コダモンは、「何かを犠牲にしなければいけない働き方」はもうしません。

 

 

自分は何の為にお金を稼ぐのか?

 

 

自分のキャリアに固執し、周りを見渡せば、いつのまにか自分1人だけ。

 

 

そうならないためにも、その「お金」で自分はどう幸せになりたいのか? をじっくり考えることは、とても大事。

 

 

「低収入でもリッチ」と断言できる人たち。

 

 

高収入プアの対極にいる彼ら/彼女らは、今日もまた幸せな家庭、幸せな自己実現のために、働いています。

 

 

「年収380万円でも勝ち組」

 

 

自分と周りの大切な人を知らないうちに不幸にしていた、日本でのサラリーマン時代。そんな自分を思い出して、ちょっとだけ悲しくなりました。

 

 

日々の業務と社内の人間関係で消耗してしまう、日本のカイシャ生活。

 

 

そこには、ワークライフバランスが必ず必要です。

 

 

 

コダモン