ハーフのいいところ

ハーフに対しては色んな意見あるけど、ドイツハーフが実体験から全部語るよ?

ハーフで良かった!

 

 

コダモンです。

 

 

みなさん、「ハーフ」と聞くと、どんなイメージを持ちますか?

 

 

見た目は外国人だけど、日本人。片親が「外国人」である人を指して、ハーフと言います。

 

 

日本では、多くの人がハーフは美形でスタイル抜群と思っているけど、それはけっこう誤解かなーと。

 

 

完全なイメージ先行型で、「ハーフは華やか!」とか「ハーフはモデルが多い!」と思われがちだけど、それに当てはまるハーフもいれば、当てはまらないハーフも当然存在します。

 

 

それでも、モデルのように容姿端麗なハーフがテレビで活躍していることもあり…。「キレイ!」とか「カッコいい!」というイメージを持っている人が、多いかと思います。

 

 

理想的な存在とされがちだけど、けっこう複雑でもある、ハーフたち。

 

 

何はともあれ…。みんな同じ人間だし。そこに存在する「違い」は、ただの「個性」です。

 

 

「外国語が話せて羨ましい!」などという意見も多く聞きますが…。日本で実際にバイリンガルに育つハーフは、意外と少なかったりするんですよね。

 

 

そんなハーフとして日本で生まれ、日本で育った、わたくしコダモン。

 

 

育った田舎では「町で唯一のハーフ」というような、とても貴重な体験しながら成長しました。半分外国人として、いろいろな体験をした。

 

 

世間が持つ一般的なハーフのイメージと、実際に日本で暮らすハーフたちの日常生活の間には、大きなギャップがあることも知っている。

 

 

 

そんなハーフの「いいところ」。

 

 

30と数年をハーフとして過ごして来たコダモンが、独断と偏見でお伝えしていきます。

 

 

ふたつの国の文化で育つ

 

 

コダモンは、後にも先にもコレが1番の「ハーフのいいところ」だと思っています。

 

 

日本にいながらにして2つの文化で育つ

 

 

ハーフの絶対的な特権です。 

 

 

日本で普通に暮らしているけど、家庭の中には「もう一つの外国」が存在している。片親が外国人なので、当然と言えば当然ですね。

 

 

コダモンはドイツとのハーフ。

 

 

両親の片方が、ドイツ出身の外国人です。

 

 

そのため、家庭の中ではドイツ語での会話が自然とあった。学校では毎日日本語をを話し、近所の友達と遊んだりする時も、もちろん日本語。しかし…。一歩家に足を踏み入れれば、そこは半分外国なのです。

 

 

そのようにして育つと、自然と「もう一つの国の考え方」が身につきます。

 

 

コトバだけでなく、その国の文化や風習、マナーなどにも触れるからです。

 

 

親が子供を教育するにあたって当然のことながら、その国の常識で指導と教育をしますよね? ハーフの場合は、それが単純に「倍」なのです。

 

 

例えば、イースター。ドイツでは祝日だし、宗教的背景から来ている「復活祭」と呼ばれるものですが、最近は日本でもハロウィン的な扱いでお祭り騒ぎの対象にされています。

 

 

最近でこそ、このイースターは日本でもゆっくり定着しつつありますが…。コダモン家では、子供の頃から家庭の中で行う「祝い」が毎年ありました。

 

 

庭に隠されたカラフルな卵を探したり。(詳細は割愛)

 

 

そのような環境で育つため、自然と「ドイツ文化」やドイツ人の思考が身につきます。

 

 

同時に、もちろん七五三も祝ってきたし、新年には初詣にも行く。

 

 

何でもダブルな環境で育った

 

 

こうやって18歳まで日本で暮らしてきたので、日本のことはもちろん熟知している。それに平行して、普通に生活している中で「ドイツ式」にも育てられたのです。

 

 

激動のグローバルビジネスの現場に身を置く現在。この幼少期の「マルチカルチュラル」な体験が、とても役に立っています。

 

 

日本人との交渉の場と、ドイツ人やその他欧米人を相手取った場とでは、その対応の仕方は180度変わります。

 

 

日本語とドイツ語、英語を交えた「コトバのコミュニケーション」は、できて当たり前。そこから一歩先を行くのが、グローバルコミュニケーション。

 

 

コレが得意なのも、子供の頃からのハーフとしての日常があったからです。

 

 

いやー…。いろいろと感謝。

 

 

「ふたつの国の文化で育つ」こと。

 

 

これは、大人になってから気づくハーフの恩恵です。

 

 

しかしながら…。

 

 

日本で生活するハーフの中には、この部分をひた隠しにする人もいます。

 

 

「日本しか知りません」

 

 

「日本語しか話せません」

 

 

そういうハーフ。

 

 

コレが意外と多いのです。

 

 

もちろん、ハーフと言っても千差万別。アジア圏のハーフも入るし、見た目がまったく「日本人」と変わらないハーフもたくさんいます。各々の家庭事情もまったく異なるので、誰しもが「ふたつの国の文化」で育つとは限りません。

 

 

それでも…。それが可能な環境にいながら、まったく「もうひとつの文化」を知ろうとしないハーフもいます。

 

 

ハーフの誰もが持つ、もうひとつのアイデンティティ。これは素晴らしいものです。

 

 

素晴らしいもの、なのですが…。

 

 

幼少期からの成長の過程で、その「独特の見た目」からイジメや差別を経験するハーフもたくさんいます。

 

 

コダモンも、もちろんその内の1人。

 

 

思春期などの多感な時期に…。「外人!」とか言われて、ケンカになったり。

 

 

街を歩いているだけでジロジロ見られたり。まぁいろいろ経験しました(笑)

 

 

そのように、子供にとっては過酷とも言える環境を経験してきたハーフたちの中には、「心が折れてしまう人」もいるのです。

 

 

自己を形成する上でとても大事な思春期などに、自己のアイデンティティーでもある「もう一つの国」を、周りから執拗にけなされてしまう。そうなると…。

 

 

自分のハーフである根本となる「もうひとつの国」を、「邪魔臭いもの」として、心の奥底に閉じ込めてしまうハーフもいる。

 

 

しかし…。

 

 

この部分に関しては、声を大にして言いたい。

 

 

日本にいながら2つの国の文化で育つのは素晴らしい事

 

 

生まれてついてくる、ギフトです。

 

 

家庭料理がもうひとつの母国の料理であったり

 

 

来ている服が伝統衣装の時があったり

 

 

その国のしきたりや宗教などによる季節ごとのイベントなどがあったり

 

 

そのどれもが素晴らしい! と、コダモンは思います。

 

 

「もうひとつの母国」がある!

 

 

幼い時から、片親とその親族が外国人。そして、それが当たり前。

 

 

おじさん、おばさん、おじいちゃんやおばあちゃん。みーんなドイツ人です。

 

 

彼ら/彼女らに会いに行くときは、もちろんドイツ。そのため、久しぶりに「帰省」すると…。そこで暮らしている人々は、みんな当然のごとく「外国人」。

 

 

家族にくっついて海外に行くと…。日本生まれ日本育ちのコダモンは、うまくコトバが出てきません。

 

 

家では普段ドイツ語を話すのですが、「話し相手が急に変わると喋りづらくなる」のです。まだまだドイツ語能力に長けていなかった当時は、しどろもどろになることが多かった。

 

 

それでも、幼い頃に経験したドイツの空気は、今でもハッキリと覚えています。

 

 

欧州のレンガ造りの建物で実家の独特の香り

 

 

おじいちゃんに乗せてもらったトラクターの音

 

 

おばあちゃんが作ってくれた手料理の味

 

 

そのどれもが、ドイツで暮らす今になっても、自分の中で「落ち着き」を感じられるような思い出なのです。

 

 

それは、日本の田舎に帰省する時などに「日本人」が経験するのと、まったく同じ感覚なのではないでしょうか。

 

 

 

…。

 

 

日本にいながらにして、もうひとつの母国があることの恩恵。

 

 

嫌々ながら日本でドイツ語を勉強したのも、いい思い出です。まだ小学生だったコダモンは、「ドイツ語を勉強する意味」を理解できないまま、しぶしぶ机に向かっていた。

 

 

それが、もうひとつの母国で家族と会う時に、「もしかしたら自分はこのために勉強しているのかも…?」と思い始め…。

 

 

大学からドイツに渡った時などは、「もうちょっと勉強しておけば良かった!」と後悔した(笑)

 

 

そんなこんなで…。小学校から中学校へと成長する過程の中で、「海外が身近」だという事に気付いたのです。

 

 

そして同時に…。

 

 

自分の周りに同じ経験をしている友達がいない

 

 

ということにも、いろんな意味で気づかされる。

 

 

「もうひとつの母国」がある生活の中で、「ハーフである自分」が、周りよりも特別だと実感し始めるのです。

 

 

そのような流れで、自然と「もうひとつの母国」が気になりだし…。

 

 

高校生になる頃には、将来の自分を海外に見据える選択肢を真剣に考えるようになったのです。

 

 

自分のもう一つのアイデンティティを、「スキル」と捉える事を、学びはじめるのもこの時期。

 

 

自己の成長と、特殊な過程環境の自然な流れの中で…。グローバルコミュニケーションのスキルが身につく。そして、そのスキルを活かすための海外を、身近に感じるのです。

 

 

大人になってからは、言うまでもなく、面接やビジネスの現場において、「他人との差別化」につながる、絶対的な強みとなった。

 

 

「もうひとつの母国がある」からこその恩恵だと思っています。

 

 

ハーフである自分は、「海外」を日本にいながらにして自然と知ることができた。

 

 

生まれと育ちは、日本のド田舎。

 

 

友達もたくさんいたけど、周りに子供にからかわれたり、コワがられたことも何度もあった。辛い経験もあったし、1人でなす術もなく、途方に暮れるような体験もした。

 

 

しかし、その特殊な家庭環境だからこそ、文化の違いに触れることができた。

 

 

読んでくれる絵本が日本語じゃなかったり

 

 

塾へ行く変わりにドイツ語を学んだり

 

 

そうやって育ってきたので、それが当たり前。家庭の中で2つの国が存在して当たり前なのです。

 

 

そこに「もうひとつの国」が常にあったことで、今のコダモンがあります。

 

 

「ハーフのいいところは何?」と聞かれたら…。

 

 

真っ先に「もうひとつの国の文化を知れること」と答えます。

 

 

…。

 

 

「異文化」とも呼べる、もうひとつの国の文化。

 

 

これはハーフの恩恵なのですが、その中身は基本的には「見えない」です。メディアで取り沙汰されることもないし、テレビなどでも、ハーフは基本的にその「見た目」ばかりが注目されます。

 

 

ニーズが無いから、と言われればそれまでですが…。

 

 

グローバル化が進む現在の日本の中では、生まれながらにしてグローバルコミュニケーションに長けているハーフたちは「とても貴重な存在」だと思います。

 

 

「ハーフで良かった!」

 

 

…と、大きな声で胸を張って言える。

 

 

そんなハーフの「いいところ」は、生まれながらにしてもっている「もうひとつの母国と文化」です。

 

 

 

コダモン