残業、満員電車、職場ストレス…現状を見つめ直す

日本のカイシャに属して初めて、海外との大きなギャップに直面。日本の「普通」は海外の「スタンダード」じゃない現実。カイシャを辞めるキッカケになったお話。

その現状を変えられるのは「あなた」だけ

 

 

「何かが違う」 と思いながら、

 

 

4年半の期間を日系大手のカイシャで過ごしていました。

 

 

仕事内容は悪くない。でも、まったく楽しめていない。

 

 

「何かが違う……。」

 

 

毎日のストレスで淡々と過ぎる日々の中、カイシャ生活はまったく充実していませんでした。

 

 

カイシャが憂鬱たっだ原因は様々です。

 

  

考え方が根本的に違うカイシャの人間

 

 

慢性化している無意味な残業

 

 

集団行動と年功序列で成り立つ組織

  

 

これらに付き合い続けること、4年半……。

 

 

とうとうカイシャを辞めました

 

 

カイシャ自体は決してブラックではなく、残業手当もちゃんと出るような、ある意味一般的な日系大手企業。

 

 

見る人によっては「うらやましい」とも言える環境だったのかもしれません。

 

 

それでも、

 

 

毎日が葛藤な日々を送っていました

 

 

働いている理由を明確に見出せないまま、ズルズルと過ぎ去るカイシャ生活。

 

  

 そのうち、大学時代を海外で気ままに過ごしていた日々を懐かしむようになり、

  

  

「あの時は楽しかったな…」 

  

  

「なんで、今この仕事をやっているんだろう…」

 

 

と、考えるようになっていたのです。

 

 

サラリーマンとカイシャと現実

 

 

子供の頃、電車に乗ったときに見た光景。

 

 

何やら険しい表情のサラリーマンと、怒涛の通勤ラッシュ。

 

 

前日の疲れが抜けないまま吊革にもたれる人や、肩がぶつかったからと罵声を発する人。

 

 

それを見て、「うわぁ…」と、子供心に引きました。 

 

 

どの顔を見ても、全然楽しそうじゃあない。

 

 

満員電車に揺られて行き着く先に、楽しみがないのだろうな……。

 

 

それでも毎日毎日出社していくサラリーマンたち。

 

  

そんなサラリーマンに、しかも日本のカイシャでなるとは……。

 

 

本当に想像さえしていませんでした。 

 

 

ドイツと日本という2つの母国を持つ、わたくしコダモン。

 

 

日本の小中高を出て、ドイツの大学を卒業してきましたが、日本で就職するという選択肢は考えていなかった。

 

 

それでも、グローバル企業という名の下に海外事業を展開するその1部上場企業に入社したのは自然な流れでした。

 

 

ドイツ語を活かせる対外ビジネスの促進という、当時の自分からしたらベストマッチな就職先に見えたから。

 

 

しかし……その考えはちょっと甘かったです。

 

 

海外に「ストレス大国日本」の異名を轟かせる、日本のカイシャとサラリーマン。

  

 

4年半のカイシャ生活でたっぷり体感してきました

 

 

ハーフという特殊な立場?だったけど、全く無意味。

 

 

学校の延長のような集団意識。 

 

 

上司の顔色を伺いながら仕事する同僚達。

 

 

毎日当たり前のように行われている残業。

 

 

とにかく周りに合わせることを求められ、それに従わないと「出る杭打たれる」状態。

 

 

(半分外国人だから、そもそも「出る杭」だったけど)

 

 

いずれにせよ、 

 

 

「それが社会人になったということだ!」

 

 

と言われればそれまでですが……。

 

 

あまりに世界の常識から外れた「社会人」の実態に、哀愁を感じました。

 

 

10年以上にも及ぶ海外生活で、「個」の重要性をしっかり学んでいた、わたくしコダモン。

 

 

「何でこうも違うんだろう?」と、本気で悩みました。

 

 

そして、次第に昔を懐かしむようになり、やがては、 

  

  

「こんなはずじゃなかったのになぁー…」

 

 

と、一人つぶやくようになっていたのです。 

 

 

周りから見たら、自分が子供の頃に見ていた「疲れきったサラリーマン」のように映っていたかもしれません……。

 

 

自分は何のために働いているの?

 

 

自分で選んで「日本のサラリーマン」になったわけですが……。

 

 

次第に「いつ辞めるか」を真剣に考えるようになりました。

 

 

カイシャがお腹いっぱいになった原因は、数え上げたらキリがありません。

   

 

ただ、ひとつだけ共通して言えることは……。

  

  

カイシャという組織とそこでの慣行で消耗する

 

 

ということ。

 

 

周りに合わせながら働き続けることの苦痛。

 

 

業務内容では無く、ただオフィスにいるだけでも疲れる。

 

 

ハーフで海外経験が長かったからかもしれませんが、カイシャの独特な雰囲気と「周りに合わせる働き方」が最後までつきまといました。

 

 

……。

 

 

例えば、2017年の3月頃に国をあげて議論された:

 

 

「繁忙期の残業上限、月100時間未満」

 

 

日本のサラリーマンの「働き方の闇」が浮き彫りになっています。 

 

 

過労死ラインの月80時間残業のさらに上をいく、ありえない基準設定。

 

 

そして、それが国を挙げて承認されている……。

 

  

欧米では「ジョークだろう?」と笑い飛ばされるほどの、ありえないレベルの議論です。 

  

(あわせて読みたい) 

 

 

このような環境で、「ワークライフバランス」をキープすることは、ほぼ不可能。

 

 

実際に見て、経験して、辞めてきた身として断言できます。

 

 

出勤時の満員電車と人間関係のストレスで疲れ、 

 

 

毎日毎日夜遅くまで働き、

 

 

家に帰っても家族と過ごす時間も満足にない……。 

 

 

結局何のために働いてるの?

 

 

家族と自分を幸せにするために、カイシャで頑張ってるんじゃなかったの……?? 

 

 

……。

 

 

頑張っている姿勢を評価するシステムで、消耗させていくカイシャ。

 

  

また、それを「普通」と捉えるカイシャの人間。

 

 

そのような環境下で、自分自身もその色に染まっていき、

 

 

いつしか心身が消耗される働き方をしている

 

 

……。この時点で赤信号です。 

  

 

「カイシャ」は変わらない

 

 

仕事量や負荷をコントロールできない、日本のカイシャ。 

 

 

残業が当たり前過ぎて、それ前提での仕事量が与えられます。

 

 

ちなみに、わたくしコダモン……。

 

 

入社後の仕事にも慣れ、定時でルンルン帰宅していたら、

 

 

いつのまにかしっかり仕事を増やされました

  

 

……。

 

 

ダモン:「お先に失礼しマース」

 

上司:「ちょっと」

 

コダモン:「はい?」

 

上司:「最近早いな、そろそろ○○の件も兼務してみるか」

 

コダモン:「えっ」

 

上司:「もう前から話していて部長承認もあるから。明日の朝会で決定しよう」

 

コダモン:「え……」

 

 

といった具合(笑)

 

 

「ヒマそうだね」と言わんばかりに

 

 

定時で帰宅するハーフは異端児たっだのでしょうか……。

  

 

とにもかくにも、実体験。そこから学んだことも多いです。

 

 

まず、カイシャに所属しているうちは……。

 

 

あなた自身にコントロールできる術がありません

  

 

なぜなら、

 

 

誰もが「周りと同じ働き方」を暗黙の了解としているから。

 

 

カイシャと職場、そして部署。

 

 

そこに、小さいながらも慣行に則った1つの世界が出来上がります。

 

 

定時に帰宅しているだけで、「周りと違う働き方」として槍玉にあげられる。 

 

 

組織全体が、これまでの歴史や慣例にしがみつき、「1人の社員にできること」を上手に制限しています。 

  

  

「郷に入っては郷に従え」の如く。

 

 

新卒時代から"カイシャイズム"を叩き込まれ、ところてん式に「従順な働き手」へと育っていくカイシャの人間。

 

 

彼らは……

 

 

おとなしくムダ残業を続け、どうでも良い慣行を守り続けます

 

 

そして、その「考え方」と、カイシャという組織は今後も変わらない。

 

 

カイシャとそこにいる人間が変わらないなら、

 

 

答えはひとつしかありませんね。

 

 

変わるのは「あなた」

 

 

カイシャが変わらないなら、こっちが変わるしかない。

 

 

ここで大事なのは、

 

 

「自分が変わる」のでは無く「自分で変える」

 

 

ということ。

 

 

カイシャにあなたが合わせる必要はありません。

 

 

ターゲットは、あなた自身

 

 

カイシャを変えることができればベストでしょうが、それはほぼ不可能。

 

 

ならば、

 

 

あなたの置かれている状況を変えるしかない

 

 

何度も言いますが、

 

 

日本のカイシャで「普通とみなされること」は、カイシャぐるみで組織立てられ、そこに属しているサラリーマンには選択の余地がありません。

 

 

職場慣行やら、残業やら、付き合いやら、ムダ会議やら……。

 

 

それらに平伏するかの如く働く、カイシャの人たち。

 

 

この図式は、今後も続くでしょう。

 

 

だからこそ、忙しい日々の中で足を止めて考えてみるのです……。

 

 

「このままでいいのだろうか?」

 

 

日本の「普通」は「海外スタンダード」ではない

 

 

カイシャを辞めるとき、海外経験が非常に役に立ちました。

 

 

特に、「考え方」の部分で。

 

 

ドイツでは、週40時間勤務が実際に行われています。

 

 

残業した分は、繰り越しで早退や代休へと割り振れるシステム。 

 

  

有給休暇の取得にカイシャ人生を捧げているのも、欧米人の特徴。

 

 

年間を通しての休暇予定を立てて、

 

 

いかに繁忙期であっても予定通りしっかり休みを取っていきます

 

 

こんな夢のような話が現実に行われているのが、欧州の企業。

 

  

ドイツで駐在員を経験した時に、しっかりその事実を見てきました。

 

  

これらが可能になるのは、仕事量の割り振りを適材適所で行い、企業側がコンプライアンスを非常に気にしているから。

  

  

毎月20~30時間程度の残業も、野放しにはされません。 

 

 

……。

 

 

「はぁー……」

 

 

思わずため息が出ちゃうくらいの違い。

 

 

なぜ海外でできて日本でできないの??

 

 

「できない」のではなくて、「やらない」が正解ですが。

 

 

① 誰もが機械的にカイシャ規定を守り「周りに合わせる」サラリーマン

 

 

② そんな社員に甘えきって、体制を変えようとしない日本のカイシャ

 

 

この2つの組み合わせが、「ワークライフバランス」を不可能にします。

 

 

「カイシャ」を辞めた

 

 

欧州では「ワークライフバランス」が1番大事

 

 

これを実際に体験して、日本のカイシャに見切りをつけました。

 

 

欧州のサラリーマンがオフィスに留まる時間は、必要最低限。 

 

 

週40時間勤務以外の時間を、各々の趣味や家族との時間にしっかり使っていきます

 

 

家族を「幸せ」にするための働き方。

 

 

長期有給休暇で定期的にリフレッシュをしながら、ストレスなく働いていたドイツ人たち。

 

 

これらは、日本のカイシャには無い「ワークライフバランス」。

 

 

わたくしコダモンは、

 

 

カイシャに必要以上の時間と労力を費やすことに嫌気がさして辞めました

 

  

搾取されている自分が、アホらしくさえ思えました……。

 

 

最後に。

 

 

国がどこであれ、文化と社会がどうであれ、 

  

  

あなたのその現状は、あなた自身の決断によるもの

  

  

「また今日もカイシャか…嫌だなぁ…」と思って通勤している人も。 

  

  

「今日もまたこんな時間だよ…」と深夜までオフィスに残っている人も。 

  

 

あなた自身の決断で、今そこに身を置いているのです 

  

 

グローバルの波に完全に乗り遅れている日本のカイシャ達は……。

 

 

今後も変わらない。 

 

    

その中で、あなたがどういう決断をしていくのか?

 

 

それだけが重要です。

 

 

ちなみにわたくしコダモンは、外資系に転職しました。 

  

 

まずは「サラリーマンでも仕事が楽しく思える」経験をしてみたい 

  

  

今は、ただそれだけです。 

 

 

そこに「ワークライフバランス」を見出せなかったら、また自分を見つめなおします。

 

  

あなたの人生をコントロールできるのは、あなただけ 

  

  

忙しい毎日でも、ふと足を止めて考えてみましょう。

 

 

あなたの現状は、いかがですか?