ハーフがカイシャに就職してみた_第8話〜入社編(part2)〜

入社当日のお話。中途採用ながら、新卒メンバーの一員になってみた。

入社編part2 - 日本のカイシャに入社してみたら…

 

 

 

コダモンです。

 

 

ハーフであるコダモンが、日本のカイシャに就職してみた話。

 

第8話は、入社してみた。

 

(第7話はコチラ)

 

 

「日本のカイシャ」にまつわる先入観は捨てて、自分の目でしっかり確かめよう!

 

 

そう決意して入社を決めた、日本のカイシャ。

 

 

これまで培ってきたインターナショナルコミュニケーションと語学のスキル。そして、ドイツの大学を卒業して海外で仕事もしたという経験。

 

 

それらをベースに、営業系でビジネスに関わるノウハウを、その大手のカイシャで身につけようと思ってました。

 

 

役員面接もそこそこに、カイシャへの入社が決まった。

 

 

ただ、ここで急遽行うべき課題が1つ。

 

 

そう……「移住」です。

 

 

なぜなら……、

 

 

入社が決まった時点ではまだドイツ

 

 

生活の基盤は、ここ7〜8年来ずーっとドイツだったのです。

 

 

日本を18歳で離れてから初めて、今回の入社で久しぶりに長期滞在をするために日本へ帰国することになったコダモン。

 

 

入社が決まった後は、役所への転出届けと日本への移住準備でてんやわんやでした。

 

 

内定時点で、既に2月も後半。

 

 

勤める先は都内の一等地に本社を置くカイシャなのに…

 

 

まだ住む場所すら決まっていない(汗)

 

 

4月1日は、その他大勢の新卒達がわんさか東京で就職をスタートさせる時期。部屋探しは苦戦します。

 

 

4月1日の入社まで時間がない…!

 

 

焦るコダモン。

 

 

ドイツから不動産会社にコンタクトし、内見の予約を海外からするハメに(笑)

 

 

日本のラッシュアワーと満員電車がNGだったため、とにかく徒歩通勤できるようなエリアを候補にあげました。他に類を見ないほどあくせくしている、日本の生活リズム。都内の驚異的なラッシュアワーからほど遠い国で生活していた身としては、怒涛の通勤はまず耐えられません。

 

 

というわけで、住む場所は徒歩圏内。

 

 

その他もろもろの事前準備をドイツから進めつつ、日本へ飛び立つ日が刻々と迫ります。

 

 

住み慣れたドイツと友人達とのお別れは悲喜こもごもだったのですが、とにかく時間がない。転出届けなどの諸手続きもそこそこに……

 

 

入社2週間前にようやく日本に降り立ちました

 

 

家もないのに(笑)

 

 

友人宅に仮住まいさせてもらいながら、不動産会社のお兄さんの協力のもと、ギリギリいっぱいのスケジュールで1日に内見を5〜6件入れてもらい、打ち合わせもそこそこに……

 

 

即行で部屋を決めました

 

 

8万5000円で1Kの間取りで……こ、こんなに狭いの!?

 

 

ドイツの学生寮に、当時月々250ユーロ(だいたい3万円)で広々とした個室に住んでいたコダモン。日本(都内)の賃貸事情と、その間取りの小ささに驚愕しつつ、入社日を迎えます……。

 

 

入社初日

 

 

10年近くに及ぶ、海外経験。その「海外エキスパート」と言う肩書きをひっさげて、とうとう入社となりました。

 

 

スーツも新調し、準備は万端。家具もロクに揃っていない部屋から、コダモンの日本のカイシャ生活がスタートしていきます。

 

 

久しぶりに組織に属することに緊張を覚えつつ、まだうろ覚えの道のりですが、足取りもしっかりカイシャへと通勤。

 

 

30分後に本社へ到着……しましたが、配属先のある部署へ向かわず、事前に指定されていたとある場所へと足を運ぶコダモン。

 

 

本来ならば中途採用ということで、そのまま配属される部署に行く予定だったのですが……。

 

 

「日本のカイシャでの業務経験がないから」という理由で、

 

 

4月1日付入社の新卒達と新人研修に参加することに

 

 

まぁ、実はコレ、面接時にも言われていたこと。

 

 

「同期ができるという意味でも、入社時期も一緒なんだから新入社員たちと新人研修に参加してみたら?」…と。

 

 

コダモン的には、「まぁカイシャの組織をじっくり知れる良い機会だな…」程度のノリで、この新人研修への参加を快諾していました。

 

 

そう、入社初日に向かった先は、これから1ヶ月間新人研修の座学が行われる会場だったのです。 

 

 

キラキラな新卒達と仲良く入社

 

 

そんなこんなで、新人研修会場へ到着したコダモン。

 

 

周りをさっそく見渡すと…… 同期となる仲間は、どれもちょっと緊張した面持ちの、自分より2〜4歳は若い新入社員たち。

 

 

大卒〜院卒が大半。全部で50人くらいだったかな? これから1ヶ月行われる新入社員研修に参加するメンバーたちです。

 

 

大学を卒業したばかりの人が大半なのか、やっぱり活気溢れている。両手を律儀に膝の上に乗せたまま背筋を伸ばして沈黙している人もいれば、隣同士既に仲良くなってワイワイガヤガヤやっている人もいます。

 

 

そんな中、見た目も明らかにハーフor外国人のコダモン。

 

 

超チラチラ見られてました(笑)

 

 

そりゃそうですよねー。

 

 

周りからしたら、「この人日本語しゃべれるの…?」というレベルの見た目です。

 

 

通常だったらちょっとザワつくような状況(笑)。

 

 

ただ、この時は入社初日です。

 

 

周りの新卒たちは、人生で初めての「カイシャへの入社」。中には、「これが最初で最後の入社」というスタンスの人もいたのかも。

 

 

そのため、その場の誰もが共通して一定の緊張感を持っているようでした。

 

 

それでも、皆んな一様に「期待」に溢れているためか……

 

 

とてもキラキラしていました

 

 

大学を卒業したばかりで、まだまだフレッシュな同期たち。

 

 

そんな中、わたくしコダモン。実は、これから行われる新入社員研修も、その内容も……この時はどうでもよかったのです。

 

 

日本くんだりまでして入社した、この大手の一部上場のカイシャ。

 

 

果たして、これまでウワサに聞いていた通りの「ザ・日本のカイシャ」なのか、はたまた、グローバル企業を名乗っているように柔軟な思考を持った人間が舵取りをしている組織体制になっているのか……。

 

 

「果たして日本のカイシャでうまくやっていけるのか?」

 

 

その「見極め」だけを考えていました。

 

 

内定から4月1日のスタートまで、およそ1ヶ月という超短期間。

 

 

住居選びや周辺の下見もそこそこにスタートした、日本でのカイシャ生活。

 

 

新入社員研修の会場に、その「カイシャ」とのファーストコンタクトが始まろうとしていました……。