ハーフがカイシャに就職してみた_第7話〜入社編(part1)〜

日本のカイシャに入社してみた、ドイツとのハーフ。海外でせっかく大学を卒業したのに、なぜ日本のカイシャに…?

入社編part1 - 日本のカイシャに入社することに…

 

 

コダモンです。

 

 

ハーフであるコダモンが、日本のカイシャに就職してみた話。

 

 

第7話は:「とうとう日本のカイシャに入社してみた」

 

 

(大学編_第1話はコチラ)

 

 

まずは、欧州の大学を無事卒業した後の話から……。

 

 

当時は、どこの国で働くべきか悩みました。

 

 

在学中に、ドイツや中国などで海外生活を長期経験してきた、わたくしコダモン。

 

 

「就職する」という事は、「まず国はどこにするか?」という所からのスタートでした。

 

 

贅沢な選択肢のようにも見えますが、「自分の好きな環境で働きたい!」と考えていただけ。

 

 

ただ、実際に働くことを考えると、どこでも好きな国に行けるわけではないんですよね。

 

 

 国よっては就労ビザなどのテーマもありますし……

 

 

もちろん、世界中をターゲットにしていたわけではありません(笑)

 

 

最終的に候補に残ったのは、やっぱりドイツ or 日本

 

 

「2つの母国語を仕事で活かそう」

 

 

これがモチベーションでした。 

 

 

せっかくハーフに育ったわけだし……

 

 

日本生まれ日本育ちだけど、第二の母国のドイツではガッツリと大学に通っていた。そのため……どっちの国も、居心地は良かったのです。

 

 

ただ、2つの国の違いも月とスッポン。

 

 

ドイツを去るということは、「自由気ままな日常生活」からおさらばするということ。

 

 

逆に、日本へ帰国するということは……

 

 

世界で1番美味しい日本食をたらふく食べられるというメリットもある。(これ大事)

 

 

「うーん……。」

 

 

悩みます。

 

 

日常生活だけを考えれば、どっちの国にもメリットがある。

 

 

しかし…今回ばかりは少し勝手が違ったんですよね。

 

 

なにしろ、これからはどこかしらの企業に属して「働く」のです。

 

 

「就職」と「サラリーマン」の二文字がチラつく

 

 

日本には、"ヤバいカイシャ"が存在する恐怖を知っているコダモン……。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

ここは慎重に考えなくてはなりません……!!

 

 

日本に行くことになった

 

 

どこの国で働くのであれ……

 

 

「グローバルな企業」で働くのは大前提でした

 

 

まぁ、カンタンに言うと大きいカイシャ。

 

 

世界に拠点を持ち、「ドイツ語」と「日本語」のスキルが重宝されるようなところを選びました。

 

 

そして、その選択で大事だったのが、「どの国の文化を背負って組織されている企業か」という部分。

 

 

もう少し具体的に言うと:

 

 

日本に支社があるドイツ企業またはドイツに支社のある日本企業

 

 

自分の両方のルーツに必ず関わりが出てくるであろう職場。

 

 

ここを目指しました。

 

 

ピンポイントで攻めること数週間。

 

 

いくつかのオファーをゲットしつつ。お断りも入れつつ……

 

 

最終的に2~3社が選択肢に残りました!!

 

 

履歴書作成〜内定一歩手前まで、およそ1ヶ月の道のりだったでしょうか。

 

 

ちなみに、ドイツで大学を卒業したばかりだったので、「ドイツでの就職活動」でした。

 

 

日本のカイシャには、メールと電話で対応してもらったのですが……

 

 

当時の「就職活動」が日本じゃなくて、本当に良かった。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

ちなみにコダモンの場合、在学中に仕事やインターンをしていたので……

 

 

いわゆる中途採用の枠でした

 

 

日本では「キャリア採用」とも言うみたいですね。

 

 

とにかく、「新卒」という枠組みから外れていたのは嬉しかった。

 

 

……。

 

 

なにはともあれ、最終的に候補に残ったカイシャたち。

 

 

その中に、ガッツリ日系企業の大手のカイシャが1社残っていたのは、もう既に運命的な何かだったのかもしれません……

 

 

そのカイシャは:

 

 

「あなたのこれまでのグローバルな経験を、是非弊社でいかして欲しい!」

 

 

と、かなりのラブコールをくれました。

 

 

そして、その中身(提示された業務内容)も悪くない。

 

 

「うーん……」

 

 

実は、この時点ではもう一社の「ドイツ系企業」に非常に興味がありました。

 

 

製造業の分野でしたが、「ドイツの会社」に対する憧れと安心感があったから。

 

 

ただ、その日系企業とは何かの縁があったようで……

 

 

まさかの一時帰国と「役員面接日程」が丸かぶり

 

 

超偶然でした。

 

 

もともと、年に1回帰国しようとしていたタイミングで、そのカイシャとの役員面接日程が提示されてきたのです。

 

 

日本のカイシャによくある1次〜2次面接は電話で行われたのですが、その進捗具合が絶妙にマッチして、最終的にトップとの面接が帰国のタイミングと重なった。

 

 

「……どうしよう」

 

 

全てがうまくいっていたのですが、内心は複雑です。

 

 

本当にこのまま日系のカイシャに入社していいのか……?

 

 

「日本の本社で一定の経験を積んだ後、是非欧州のビジネス促進を!」

 

 

とまで言ってくれた、そのカイシャ。

 

 

東京に本社を置くその一部上場企業は、とても良いカイシャにも見えます。

 

 

提示された内容、また今後のビジョンという観点からは、ほぼ相思相愛。

 

 

ただし、「日本のカイシャ」……。

 

 

悩むこと数日。

 

 

とうとう決めました。

 

 

「日本のカイシャ」的な先入観は捨てて自分の目で確かめよう!

 

 

…と。

 

 

後から思えばナイーブな考え方ですが、「自分が働いてみれば、日本のカイシャでも変わるのではないか?」…当時はそんな思いもありました。

 

 

そして……

 

 

「月20時間分のみなし残業代含む」に違和感を覚えても。

 

 

「定時で帰宅できないこともある」という面接官のコトバがひっかかっても。

 

 

「まずは日本のカイシャを学んでいただきたい」と言う役員のコトバに疑問を抱いていても。

 

 

……。

 

 

「なんとかなるだろう!」と思っていました

 

 

……。

 

 

こうして、コダモンの「カイシャ生活」がスタートしていきます。

 

 

高校卒業後、長期をドイツで過ごしてきた人生。そこに、いったんピリオドが打たれたのです。

 

 

 

「ハーフが『カイシャ』に就職してみた」の入社編。

 

 

まだまだスタートしたばかりです……。