カイシャに「そうじの時間」があることにビックリ

はじめて「カイシャ」に触れる機会となった、ドイツでの日本企業面接。そこで知った「カイシャの実態」に驚愕。

欧米では絶対に理解されない風習

 

 

コダモンです。

 

 

「そうじの時間」って、学校の時にありましたよね?

 

 

日本のド田舎で生まれ育ったコダモンは、小中高とずーっと「そうじの時間」がありました。

 

 

放課後の前に15分くらいかけて、グループに分かれてワイワイガヤガヤと掃除をする時間。

 

 

小学校の時などは、すごく真面目にせっせと雑巾掛けなどをしたものです。

 

 

思い出しても懐かしい学校の掃除の時間。

 

 

実はコレ…そもそも日本特有の慣行です。

 

 

海外の学校にはちゃんと清掃員がいます。

 

 

子供達が帰った後に、清掃の方々が一通りキレイにしていくのです。

 

 

海外から見れば、日本の学校にある掃除の慣例はビックリでしょう……。

 

 

ドイツなどからは「学校は清掃員を雇うお金もないの!?」という声が聞こえてきそう(笑)

 

 

そんな日本の伝統?とも言える、「そうじの時間」。

 

 

それが……まさかカイシャでも行われているとは……!!

 

 

 

学生時代にはじめて「日本のカイシャ」と面接

 

 

ドイツの大学在学時に、初めて「日本のカイシャ」に触れた時の話。

 

 

当時は、大学生活も中間に差し掛かっていた時期でした。

 

 

つまり、インターンができる企業や研修先を探している最中。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

 

そんな時、都合よく興味深い募集要項を目にしました。

 

 

場所は、大学にある日本語学科の構内。

 

 

日本のとある大手の食品会社のインターンの案内です。

 

 

日本語を話せるドイツ人を相手に、自社のドイツ支社で研修をしてもらい、あわよくばそのまま卒業後に就職してもらう……という狙いですね。

 

 

これは、大学生からしても職務経験を短期間ながらゲットできる好条件。

 

 

自信のバックグラウンドでもある「日本」も活かせるし……と、さっそく応募!

 

 

営業について学べる内容だったので、興味津々でした。

 

 

そして運良く面接のはこびとなり……

 

 

面接当日。

 

 

面接場所に指定されたのは……市内のカフェ

 

 

「…んっ?」と思いつつ、とりあえず向かいました。

 

 

先方は、担当者レベルの方が1人のみ。

 

 

まぁ、大学生を仮採用するようなノリなので、そんなものでしょうね。

 

 

そして、面接の前に「その場で必要書類記入」という変わったスタイル。

 

 

自分のプロフィールをスラスラと書きます。

 

 

面接官は、どうやら「ドイツ人学生」しか来ないと思っていたらしく、ハーフながら日本人なコダモンにちょっとビックリ。(ちなみに相手も日本人)

 

 

事前に提出済みの書類に加え、そのまま「志望シート」のような先方のフォーマットの書類も記入。

 

 

それを「ふんふん…」と読みながら、面接が始まりました。

 

 

現在の専攻に関する質問から、どのような仕事を期待しているか等々。

 

 

まぁ悪くない雰囲気の中、基本的な質疑応答が一通り。

 

 

しかし、面接も終盤に差し掛かった時、あの質問が来たのです……

 

 

 

「ちなみにウチは海外でも毎朝掃除をするんですけど、ソレは大丈夫ですよね?」

 

 

 

……「え??」

 

 

掃除って……あの「そうじの時間」? 

 

 

「そうじの時間」に面接でひいた

 

 

一瞬、質問の意味がわからず、フリーズしてしまいました。

 

 

「そうじ?」

 

 

日本で小中高とやってきた、あの「そうじの時間」??

 

 

思わず「どういうことですか?」と、直球で質問を投げ返すコダモン。

 

 

詳しく聞くと……

 

 

どうやら本当に、デスク周りなどを一斉に整理整頓する時間のことのよう。

 

 

それが毎朝決まった時間に設けられているのです。

 

 

「なるほど……」

 

 

この時は完全に目が泳ぎました(笑)

 

 

「大丈夫ですよね?」の質問だったので、思わず「大丈夫です」と応えました……

 

 

…が、この時点ですでに心ここにあらず。

 

 

あとは、

 

 

「面接よ…早く終わってくれ!」

 

 

と祈るばかりでした。

 

 

……。

 

 

いやーそれにしても、「掃除」です。

 

 

ドイツで大学生活を送り、海外スタンダードに慣れてしまっていたコダモンにとっては、衝撃でした。

 

 

後からネット検索して、どうやら本当に「そうじの時間」を設けるカイシャが日本にはあるらしい……と知って、マジでひきました。

 

 

「非効率的」のど真ん中を行く日本のカイシャ

 

 

そうじ……。

 

 

さすがにこれは、大人になったら各々に任せて欲しい

 

 

自分のデスク周りをキレイに保つかそうでないかは、従業員の自由でしょう。

 

 

日本特有の「周りに合わせる」集団行動の美徳。

 

 

学校時代はまぁ受け入れますけど……まさかそれが「カイシャ」に引き継がれているとは!

 

 

そして、今現在でもどうやら日本のカイシャでは「そうじの時間」がボランティアとカウントされるのか、それとも労働時間に入るのか……といった議論があるらしい。

 

 

ドイツではありえない話です

 

 

まず、前述の通り、ドイツでは学校で掃除をするような習慣がほぼ皆無。

 

 

ドイツ人は「公共の場でそうじをする」ことを知りません。

 

 

だって清掃員がいるから。

 

 

そのため……

 

 

集団行動的に行う「掃除の習慣」がそもそも存在しない

 

 

コレが前提にあります。

 

 

面接の時に「半分日本人」のコダモンですらビックリした、そうじの時間。

 

 

あの質問、そのまま他のドイツ人学生にもしちゃったのかしら。

 

 

「ウチのカイシャは毎朝決まった時間にそうじするけど大丈夫?」 とドイツ人に投げかけたら、そもそも会話が成立しないかも(笑)

 

 

それほど、カイシャでの「そうじの時間」は非日常的なことです。

 

 

学生時代から、「掃除をする人」が当たり前のように存在している欧米諸国。

 

 

それを自分が仕事の場で実行するなど、到底想像できないでしょうね……。

 

 

そしてもっと言えば、合理性を重視する欧米人には、この「そうじ」のメリットを理解させることは不可能。

 

 

例えばコレ、時給になおして考えてみてください。

 

 

この「毎朝決まった時間に行うそうじ」。

 

 

超高給な「そうじの時間」です

 

 

とても高給なオフィスワーカー達。

 

 

彼らの労働時間内に「仕事の一環」として掃除をさせる事は、非常に高価

 

 

それが5分でも10分でも、変わらない。

 

 

いわゆる掃除のおばちゃんに行ってもらう掃除の比じゃありません。

 

 

ドイツ人は基本的に残業しませんから……

 

 

この「そうじの時間」を、しっかりと「労働時間」とカウントするでしょう。

 

 

……。

 

 

そうじは、日本固有の信仰でもある神道の清浄感などにも起因しているらしいですね。

 

 

それはそれで良いことだと思います。

 

 

ただ、やはりグローバルスタンダードの観点からは、歓迎できません。

 

 

何より効率が悪い

 

 

この事実が存在しているうちは、どこからも理解されないでしょう。

 

 

コダモンが4年半勤めていた、日系の一部上場のカイシャ。

 

 

そこには、「そうじの時間」はありませんでした。

 

 

不幸中の幸いとでも言えばいいのか……。朝礼や、朝のそうじを行うカイシャは多いようです。

 

 

……。

 

 

ドイツで学生時代に経験した、日本の大手食品メーカーとの面接。

 

 

「ウチは毎朝掃除の時間があるけど、大丈夫だよね?」には、うまく表現できないショックを受けました。

 

 

いわゆる社会人になってまで「半ば強制的」にそうじをさせるカイシャ。

 

 

「それがウチの企業理念だ!」と言われればそれまでですが……

 

 

「個」を重視する欧米、そして昨今のグローバル化の進む企業体系からは、完全に出遅れています。

 

 

 

コダモン