日本の「就職活動」と「新卒一括採用」が欧米には無い理由

日本独特の採用手段である「新卒一括採用」からの、怒涛の「就職活動」…欧米には無いこの慣行は、良いのか悪いのか?

欧州では「就活」という概念は無い

 

 

コダモンです。 

 

 

海外ハーフとして日本のカイシャに4年半在籍していました。

 

 

中途採用で入った一部上場の大きなカイシャ。 しかし、そこで見聞きした新入社員の実態も悲喜こもごもでした。

 

 

「就職活動」と聞くと、カイシャへの入社と同じくらいの「哀愁」を感じます……。

 

 

(合わせて読みたい)

 

 

 

日本の「就職活動」は、まったくもって不思議です。

 

 

それまでは普通に大学生をしていたのに……「社会人」とやらになるために、急に駆けずり回り始める大学生たち。

 

 

慣れないスーツに身を包み、周りの流れになんとか乗りながら、「就職活動」を頑張ります。

 

 

そして、面接というハードルを何個も越えて汗水流しながら行き着く先は……

 

 

「あの」カイシャ

 

 

そう、コダモンも4年半在籍した、(日本の)カイシャです。

 

 

就職活動でうつ病になってしまうというような情報がネットでも見受けられるほど、既に入社前に大きな壁に直面する就活生たち。

 

 

そこまで身を削って「カイシャに入ろうとする」ことに違和感すら覚えてしまいます……。

 

 

「カイシャに入ること」ってどういうこと?

 

 

コダモンが中途採用で入った「カイシャ」。

 

 

1部上場の日系大手企業で「安泰」がチラつくような環境でしたが、そこに所属していた4年半は全く充実していませんでした。

 

 

今から就職活動を始める人に、そんなカイシャでの生活を「おススメするか?」と問われたら……

 

 

まぁ、答えはカンタン。

 

 

「いつでも転職する準備があるならどうぞ(笑)」です。

 

 

あくまで「経験値としては悪くない」と思う程度。

 

 

オススメは……しないかも。

 

 

ただし、ひとつだけ断言できることがあります。

 

 

それは……

 

 

就職活動もカイシャ生活も健康を害してまでやるものではない

 

 

ということ。

 

 

自分の健康に支障をきたしてまで頑張る価値は、「カイシャ」なんかにはありません。

 

 

ちなみにコダモンは、日本のカイシャがお腹いっぱいになり……

 

 

現在はドイツでいわゆる外資系に勤めています。

 

 

そこでは定時退社が当然のように行われ、有給休暇も30日がしっかりと消化されています。同じサラリーマンでも、そのワークライフバランスの充実度は、正直なところ雲泥の差。

 

 

日本のカイシャはもうお断り

 

 

と、これまでの経験からハッキリ言えます。

 

 

ただし、この結論に至るにしても、まずは経験しみないことにはわかりません。

 

 

その為、あなたが少しでも「ここで働きたい!!」と思える企業にめぐり合えるまで、気長に様子を見るのが健全でしょう。

 

 

ダメなカイシャに行き着いたとしても、そこが終着点ではありませんから。

 

 

外資系企業なり、欧米の「働き方」を取り入れている日本のカイシャなり。昨今の日本の社会情勢と労働環境の変化で、その選択肢は増えつつあります。

 

 

ただ、日本で会社員になろうとしているなら……

 

 

ワークライフバランスが大前提

 

 

後にも先にも、コレなくして日本のカイシャではやっていけません。

 

 

極端な話、そこにワークライフバランスのがあるのなら、とりあえず働いてみればいい。

 

 

しかし、残念ながらそこは「ストレス大国日本」。

 

 

ワークライフバランスをなかなか実現させないシステムが、就職活動と新卒一括採用にはあるのです……。

 

 

「カイシャ」で何をするかもわからないまま入社??

 

 

「カイシャ探しは恋人探しと同じ」

 

 

そんな言い回しに振り回されながら、さも「人生の岐路」とでも言わんばかりにプレッシャーをかけられる新卒者たち。

 

 

まぁ……単純に可哀想……。

 

 

「就職活動はその後の人生に大きく影響する」などという謳い文句で、大学生を牽制する日本のカイシャと就活事情。

 

 

ここで注目すべきは「新卒一括採用」というモノとの関わりです。

  

 

日本の就職活動は、非常に独特なシステムから成り立っている:

 

 

「新卒一括採用(しんそついっかつさいよう)は、企業が卒業予定の学生(新卒者)を対象に年度毎に一括して求人し、在学中に採用試験を行って内定を出し、卒業後すぐに勤務させるという世界に類を見ない日本独特の雇用慣行である。 」(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/新卒一括採用, 2017年4月29日現在)

 

 

コレって一体どういうことかと言うと……

 

 

完全に過去の遺産

 

 

なのですよ。はい。

 

 

なぜかというと、

 

 

「終身雇用」と「年功序列」

 

 

これらが前提でようやく成り立つような雇用の仕方だからです。

 

 

カイシャが良くてもダメでも、いったん入社までこぎつけたら、そこに死に物狂いでガッチリとしがみつく。

 

 

そして、その後はエスカレーター式に昇給·昇級……

 

 

それらを「良し」としていた時代に合うのが「新卒一括採用」

 

 

「日本人の民族性に合った方式」なんて話もよく耳にします。

 

 

ただ、海外から見たら……そこはギモンだらけ。

 

 

希望職種も、大学の専攻も、海外経験の有無も、全てが千差万別な候補者たちをどうやって「一括で採用」できるの?

 

 

……という具合に。

 

 

だってそうですよね?

 

 

面接後の内定時点では希望職種は伝えられるものの、

 

 

カイシャに入って自分が何をするかがまったく不明

 

 

……。

 

 

コレで何で、「このカイシャで働きたい」などと思えるのでしょうか??  

 

 

自分の明確な業務内容

 

 

カイシャでの(リアルな)拘束時間

 

 

これらの決定的に重要な要素は……

 

 

「ポテンシャル採用」などと美化された中でうやむやになる

 

 

給料の何十倍も大事な「ワークライフバランス」。

 

 

それをどんなにキープしたくても、

 

 

新卒たちは自分がカイシャで何をするのかすらわからない

 

 

そんな状況では、まさに八方塞がり。

 

 

就活生たちは、目隠しされたまま「カイシャ」という得体の知れない組織に放り込まれるようなものなのです……。

 

 

海外の就職事情

 

 

「カイシャにどれだけ合うか」

 

 

「組織の中でどれだけ従順に立ち回れるか」

 

 

日本のカイシャにとっては、それだけが大事。

 

 

「カイシャへの忠誠心」と「個」の組織への同化

 

 

……寒気すら覚えます(ブルッ!!)

 

 

そんなモノは欧米などでは全く重要では無くてですね……。

 

 

海外、例えばドイツなどでは、どの新卒たちも即戦力としての採用となるため、

 

 

大学での専攻、実務経験など、その「個」とスキルをフルに活かせるような採用の仕方が成り立ちます

 

 

非常にシンプル且つリーズナブル。

 

 

企業が求める「仕事」に対し、適応できるかが求められるので、単純にそれを遂行するための専門性と経験だけが重要になります。

 

 

そのため、いわゆる新卒にあたるような人たちは……

 

 

自分のスキルを如何なく発揮できる職場を目指す

 

 

ただ、それだけ。

 

 

そして、「より良い職場」を追求することは就職後も続きます。

 

 

なにはともあれ、 

 

 

"新卒"だろうが中途だろうが「何をするかが明確」なのが海外

 

 

日本ではキャリア採用などという肩書きにもなるようですが、コレって至って普通な気がしませんか?

 

 

何のために大学やらインターンシップやらで知識経験を身につけるのか。

 

 

そんなんでその他大勢と横並びにされて「一括採用」なんぞされてしまっては、たまったものじゃありません……。

 

 

……と考えるのが欧米式。

 

 

就職事情も「お国柄」と言えばそれまでですが、どっちが健全なやり方でしょうかね。

 

 

「ワークライフバランス」の無い入社

 

 

新卒一括採用を行うカイシャ側の思惑の1つに、「長期的な教育」があるらしい。

 

 

けれど、それを支える柱は過去の産物となっている終身雇用。

 

 

「教育」の名の下に一括で採用するのもいいけれど、

 

 

最終的に希望職種に就けないのもザラ

 

 

結局のところ、コレに1番悲壮感を覚えます……。

 

 

コダモンがカイシャにいた頃は、

 

 

「経理を希望したのに営業になった」

 

 

などと、ドイツでは考えられないくらいの采配で新卒者が職場に着任して(されて)いきます。

 

 

就職活動を行う大学生たちは……

 

 

自分がどの部署でどのスキルを活かせるかもわからない

 

 

自分がどの程度の仕事量でカイシャ生活を送るかもわからない

 

 

自分がそのカイシャに入りたいかもわからない

 

 

という、

 

 

わからいことずくめの中で、血眼になって就職活動を行う。

 

 

慣れないスーツに身を包み、頑張って面接に言って、理不尽な質疑応答に付き合い、周りに合わせながらなんとか「内定」をもらおうとする。

 

 

そして、そこまで心身を削って行き着く先は、「カイシャへの入社」という漂着地。

 

 

……。

 

 

「就職活動」と聞いて感じる「哀愁」。

 

 

ワークライフバランスがなければ、カイシャでの生活は続きません。

 

 

しかし、それを頭から不可能にさせる「新卒一括採用」というシステム。

 

 

「日本人固有の時間をかけて育成するという考え方」

 

 

 ……とはよく言ったもので、

 

 

「カイシャ」にとって都合の良い人材の選定システムに過ぎないのです。

 

 

……。

 

 

そのようなシステムが欧米で通用するはずは、もちろん無く。

 

 

「日本的雇用慣行」という名の通り、

 

 

これからもしっかり「ストレス大国」と呼ばれてしまう由縁の土台となっていきます。

 

 

 

コダモン