海外ハーフが日本のカイシャでビックリした4つのコト

日本の「カイシャ」に就職してみた、ドイツとのハーフのコダモン。漫画とかでしかありえないと思っていたビックリな世界がそこには実在していた……。

「カイシャ」とはギャップだらけ

 

 

コダモンです。 

 

  

ハーフが「カイシャ」に就職した話をこのブログに綴っている、自称グローバルなドイツハーフです。

 

 

日本のカイシャに入る前は、ドイツの大学を卒業したり、海外で働いたり。のほほんと自由気ままに生活していました。

 

 

日本とは違う形のプレッシャーもありましたが、 とても良い仕事環境、ワークライフバランスを重要視する欧米人に囲まれながら、ストレスのない日々を送れていました。

 

 

そのため、基本的には「自由な思考」のもとに行動を起こすことに慣れていたのです。

 

 

ちなみに、自分のルーツは日本とドイツで半分半分。

 

 

過ごしてきた期間もちょうど半々くらい。

 

 

生まれ育ったのは日本だったこともあり……

 

 

いつか日本へ帰国して「カイシャ」に入る事は、当の本人にとってはあまり特別なことではありませんでした。 

 

 

そんなこんなで、ドイツの大学を卒業した後に、「グローバルに活躍する人材」を探していた日本のカイシャに中途入社。 

  

 

これまでの経験と語学力を活かせそうなのが魅力でした。

 

 

「コレは自分にピッタリ。さぞ活躍の場を見出せるだろう!!」と考え、意気揚々と帰国。そしてルンルン気分で入社……。

 

 

しかし、それもつかの間。

  

 

入社直後から、

 

 

一気に幻滅してしまったのです……。

 

 

1. 「なんでウチのカイシャに来たの…?」

 

 

入社してから、何度も何度も聞かれました。 

 

 

会社員A:「へー。わざわざドイツから?」

 

コダモン:「はい、海外が長かったんですけど入社に合わせて帰国しました」

 

会社員B:「なんかコトバがすごい堪能なんだって?」

 

コダモン:「一応4ヶ国語しゃべれます」

 

会社員C:「へー…。でも、なんでわざわざウチに来たの??」

 

コダモン:「………」

 

 

こんな感じ(笑)

 

 

いやいや。「何でウチに来たの?」って言われても……。

 

 

ちなみに、誤解しないでいただきたいのは、その意味合い。 

  

 

「あなたなら、他にもっと選択肢あったでしょう?」みたいなメッセージなのです。 

  

 

勤続20年以上の部長クラスの人とかまで、本当に会う人会う人、一通りに聞かれました。

 

 

大きなカイシャで海外にもたくさん拠点があるような体制だったけど、その中身は完全に伝統的な日本の組織。

 

 

良くも悪くも、みなハーフに興味津々なのです。

 

 

そして前述の、「何でウチに来たの?」。

 

 

実はコレには謙遜的な意味合いは無くて…… 

 

  

「ウチのカイシャ、そんなにいいカイシャじゃないよ。大丈夫?」

 

 

と、真っ向から言ってきているのです。 

 

  

なんというか……。色んな意味で参りました。

 

 

当然のように、「果たしてこの入社の決断は正しかったのか……」と思ってしまいます。 

  

 

そして、実際にそのカイシャを経験してみて……

 

 

彼らの言わんとしている意味がすぐにわかりました

 

 

詳細は割愛しますが、「グローバルになろうとして全くなりきれていない」カイシャだったのです。

 

 

典型的な「ザ・日本のカイシャ」。

 

 

海外ハーフはずーっと浮きっぱなしでした。

 

 

2. 定時に帰る人が皆無

 

 

「忙しく働く姿勢」を評価されようと、頑張って残業。

 

 

本当に無意味な、日本のカイシャの慣行です。

 

  

ウワサには聞いていましたが、実際に目の当たりにして……

 

 

マジか

 

 

と思いましたね。

  

 

部長より先に帰らない課長

 

 

遅くまで残って「頑張っている感」を出す周りの同僚たち

 

 

もはや笑い話のレベルです……。

 

 

そこには何のメリットもなく。本当にただただ非効率。

 

 

仕事はとっくに終わっているはずなのに、いつまでもオフィスに残るような人もいます。周りが帰らないから。

 

 

「残業は当たり前」というメンタリティーのもと、「周りに合わせながら」エンドレスで残業……。

 

 

 

定時で帰宅しようとしていたコダモンは、常に白い目で見られ、いつしか仕事を増やされてしまいました。

 

 

「ヒマでしょ?」とでも言わんばかりに。

 

 

定時で帰宅できるように頑張って仕事を片付けていただけなのに(泣)

 

 

……。

 

  

おそらく、日本のカイシャの「残業事情」は今後も変わらないと思います。

 

  

自分達が新入の頃から「残業は当たり前」と頑張ってきた上司たち。

 

 

彼らは皆それでしっかり評価されてきたので……

 

 

「残業 = 勤勉」の意識をしっかり次の世代に植え付けていきます

 

 

残業はエンドレスなのに、出社時刻にはキビシイのも、全くもって意味不明でしたね。

 

 

3. 「飲み会」

 

 

これはわざわざ説明するまでもなく。

 

 

疑問を投げかけるのに、外国人やハーフである必要もないですよね…… 

  

 

完全に「仕事の延長」の飲み会

  

 

そんなモノに率先して参加したい人などいるはずもなく。

 

 

普通の仕事おわりの飲み会から、歓送別会、新年会、そして忘年会まで。

 

 

とりあえず一通りの飲み会を経験しましたが……

 

 

結局最後まで1度も、

 

 

「楽しい飲み会」は経験できませんでした

 

  

月に数回ある飲み会。

 

 

士気を上げるため、と言う人もいれば、根回しの一環、と捉える人もいます。 

  

 

ちなみにドイツでは……

 

 

「飲み会」の習慣はありません 

  

 

完全にビジネスの延長のような集まりには、そもそもまず誰も来ません。

  

 

「何が楽しくて仕事の後に仕事仲間とつるまなきゃいけないんだ!」

 

 

という具合。

  

 

もちろん、仲が良くなった同僚達は飲みに行ったりもします。

 

 

ただそこには、

 

 

日本の飲み会のように見えない強制力がない

  

 

……。

 

 

日本では、口実を見つけなければ欠席するのも一苦労な「飲み会」。 

  

 

「飲み会を断るようなサラリーマンは出世できない」 

  

 

「飲みニケーションで部内の意思疎通を向上させている」 

  

 

聞いただけで、身震いすら覚えます……。

 

 

4. "Sorry, in Japanese"

 

 

このあたりまで来ると、もうほぼほぼジョークのような事態です。

  

 

"Sorry, in Japanese" 

 

  

コレ、どういう意味かわかりますかね……? 

 

  

海外拠点の現地メンバーとの電話会議や、外国人(日本語がしゃべれない人)がメールの宛先・CCにいる状況。

 

 

そんな時に飛び出してくるのが、この"Sorry, in Japanese" 。

 

 

「日本語を使い出す時に使われるコトバ」です。 

 

 

 

日本人A:「Next, we want to explain you... えーと…アレなんだっけかな」

 

日本人B:「Please wait... この部分でしたよね確か(ボソボソ)」

 

ドイツ人:「………」

 

日本人A:「この仕様書のこの部分の説明なんだけど」

 

日本人B:「いやーコレは…ちょっと…」

 

ドイツ人:「………What?」

 

日本人A,B:「Sorry, in Japanese. コダモンさーん。仕様書Aの例の箇所が設計変更で従来の要求満たせなくなってるんだけどちょっと説明してもらっていい?」

 

コダモン:「………ホワット?」

 

  

……という流れ(笑)

 

 

コレが電話会議ならばもうメチャクチャです。

 

 

会議や電話でのやり取りで、それまで何とか英語で頑張っていた日本人。

 

 

そんな状況下で限界が来ると、この"Sorry, in Japanese"がやってきます。

 

 

急に会話が日本語になり、そのまま日本語で終わる。

 

 

そして最後は、誰か(コダモン)が英語なり他言語で訳して説明。

 

 

いやー……そんなんでグローバル企業を名乗っているの? 

  

 

ものすごく非効率なんですけど?? 

 

  

同時通訳的な役割を、これまでカイシャで何度こなしてきた事か……。

 

 

それ専用で雇ってもらわないと割りに合いませんし、何より「時間のムダ」です。 

  

 

ちなみに海外の現地のスタッフ(ドイツ人)は、この"Sorry, in Japanese"を聞くたびに、完全にシャットアウトしてしまいます(笑)

 

 

「また始まったよ…」と。

 

 

そりゃそうですよね。グローバルなカイシャを謳っているのに、英語で会議やメールすら続けられないのですから。

 

 

そして何より、彼らは「カンタンな英語くらい頑張ってくれよ!」と電話やメールの向こうで呆れているのです。 

 

  

……。

 

 

というかコレ……。

 

 

そもそも "Sorry, in Japanese"の英語の言い回し自体が間違っていて、恥ずかしい……。

 

 

 

 

コダモン