ハーフが「カイシャ」に就職してみた_第6話〜大学編完結〜

大学編の最終回! 苦労の絶えなかったドイツの大学をやっとのことで卒業。そのヤバさを、今だからこそコッソリ伝えます……。

大学編最終回 – ドイツの大学はマジでキツかった

 

 

コダモンです。

 

 

ハーフであるコダモンが、日本のカイシャに就職してみた話。

 

第6話となる今回は、大学編の最終回です。

 

(第5話はコチラ)

 

 

ドイツの大学に通いながら、グローバルを経験してきた前回からの続き。

 

 

「ハーフが『カイシャ』に就職してみた」のプロローグ、大学編の最終回。

 

 

ドイツの大学が最後まで一筋縄ではいかなかったお話です。

 

 

……。

 

 

「海外の大学は卒業が難しい」という話。

 

 

聞いたことはありませんか?

 

 

入学はカンタンだけど、出るのが難しい……。

 

 

実際に経験した立場から言わせていただくと:

 

 

本当に超大変でした(笑)

 

 

日本の大学は入るのが難しいけど、出るのはカンタン。

 

 

そして、これの逆パターンが、ドイツの大学です。

 

 

単身ドイツに渡り、右も左もわからないまま大学生活をスタートさせた、わたくしコダモン。

 

 

もう一つの母国語であるはずのドイツ語を勉強しながら、どんどん進むハイレベルな講義に必死についていきました……。

 

 

ここがヤバイよ海外の大学

 

 

日本の大学を経験していないコダモンですが、受験勉強のキツさは知っています。

 

 

苦労して、大金を積んで入学するのが日本の大学。

 

 

その反面、ドイツの大学は基準さえ満たしていれば誰でも入れます

 

 

このシステムが成り立つのは、ご存知の通り。

 

 

入るのがカンタンでも卒業するまでが大変だから

 

 

生半可な姿勢と知識で大学に入っても、すぐにドロップアウトしてしまうのです。

 

 

誰でも入学できるけど、結局最後に卒業できるのは「デキる」人だけ。

 

 

入学当初から、ガクガクブルブルでした。

 

 

コダモンの周りでも、1人また1人と、学期毎に学生が減っていく……。その中には同じ時期に大学生活をスタートさせていた人も多く、友達が去っていくのを見送るのには何のとも言えない悲しさを覚えました。

 

 

入学費などもほぼかからないドイツの大学

 

 

そのため、大学に籍を置くこと自体もすんなりいきます。

 

 

ただその分、学生達はほったらかし。

 

 

完全に実力主義で、大学側は退学していく人にすら無頓着。

 

 

完全に、「入学するのはいいけど、全部自分で面倒見てね」とったスタンスなのがドイツの大学。

 

 

その中身をコッソリ教えます。

 

 

自ら教壇に立ってプレゼンをする

 

 

まずはコレ。

 

 

ドイツの大学では、受動的な受講姿勢でなく、積極的な参加が要求されます。 

  

 

ペーパーテストだけパスすれば良いようなシステムにはなっていません 

  

 

コダモンは修士課程を卒業しましたが、期末に筆記試験だけが行われるような講義は、逆に珍しかったです。

 

 

授業は適当に受けて、試験だけ結果を残すようなことができない。

 

 

学科や受講人数にもよるかと思いますが……

 

 

口頭発表があるのです。

 

 

パワーポイントを使いながら。

 

 

今で言うところの、プレゼンテーションですね。

 

  

学期を通して、講義毎に1回から2回、与えられたテーマに関しての研究発表のような形式で、教授や講師含めた全員の前で学生が発表をする、というもの。

 

 

プレゼン資料も自分で作り、構成力が試されます。

 

 

20分~30分の間しゃべり続け、その講義の規模が大きければ大きいほど、聴講者も50人規模などに。

 

 

超ド緊張ものです (汗)

 

 

発表するにあたり、参考にした資料・文献を明確にする事はもちろん、講師などからも理解度に関する質問が矢継ぎ早に飛んできます。

 

 

全く気を抜けません……。

 

 

質疑応答にしどろもどろになっても、ダメ。

 

 

事前にある程度打ち合わせはしているものの、採点表を片手に質問してくる教授も多く、冷や汗タラタラ。

 

 

基本的に、双方向で進む講義が多いのがドイツの大学です。 

 

 

「ただ聞いてるだけ」や「座ってるだけ」のような講義は、ほぼ皆無でした。

 

  

ただ、その分しっかりと鍛えられる

 

 

コダモンは、今でも大学時代の経験に感謝しています。

 

 

ビジネスでも必要なプレゼンする力、構成を練る力、質疑応答に対応する力。それらは、確実にこの口頭発表の経験が活かされています。 

 

 

要求されるレベルが高い

 

 

とある教授は、こんなことを真顔で言っていました。

 

 

「毎日、本を最低1冊は読みなさい」……と。

 

 

マジか

 

 

と思いましたね。 

  

 

これは、冗談ではなく、本当に要求されたコワイ話。

 

 

「そのくらいのペースで知識をつけていかないと、卒業までに帳尻が合わなくなるよ」という、教授からのありがた迷惑なメッセージなのです。

 

 

そして、その要求どおりに、講義の中では時事ネタ含め質疑応答の中身が多岐に渡ります。

 

 

「あっ。コイツ勉強してないな」

 

 

ということが、すぐにバレます(笑)

 

 

講義のほうも、授業内容を事前に把握している事などは当然だといわんばかりのペースで進みます。 

 

 

まったくウカウカしてられません。

  

 

教授や講師は、プレゼンや質疑応答、試験結果や面談などを通し、その学生のレベルをおおよそ把握します。

 

 

そして、それがベースとなり、後々の卒論や卒業試験のテーマの摺り合わせを行うのです。

 

 

コレが何をもたらすかというと……。

 

 

ダメ学生には比較的簡単なテーマが与えられ、どう頑張っても好成績を残せない流れになってしまう 

 

 

せっかく頑張ってきたのに、卒業後の就職に影響が出るようなことはやっぱり避けたい……。

 

 

誰もが思うことは一緒。

 

 

そのため、常日頃から神経を張り巡らせながら、皆真剣に授業に臨むのです。

 

 

後にも先にも「積極性」

 

 

これは、海外で日本人が1番陥りやすい問題。(ハーフですが)

 

 

とにかく、アピールしたもの勝ち。

 

 

周りを蹴落として……とまではいきませんが、実力主義の世界が大学にも根付いています

 

 

教授が(良い意味で)目をつけた学生には、学校の推薦で参加できるような奨学金の選考会などへ招待されるケースも多いです。 

  

 

それらは、もちろん後々返済義務の無いものが多く、履歴書にも大きなプラスとなります。 

 

  

「欧米では大学から個人戦」と以前お伝えしましたが、その基礎は、学生時代にレベルの高い講義やディベート、各種プログラムを通して培われるのです。

 

 

そんな中、わたくしコダモン……。 

 

  

当時はついていくのがやっとでした 

  

 

卒業成績は決して悪くなかったのですが、そこまでの過程はかなり険しい道のりでしたね。

 

 

英語もままならない状態だったので、読まなければいけない参考文献や学術論文が英語でしか無い場合も多く、基本的な部分で困ったことも。 

 

 

そして同時に、大学は面倒を見てくれない。

 

 

その上、レベルの高い講義や試験を、いくつもこなさなければならない……。

 

  

このように、自分で学ばなければ次へ進めない」のも欧州の大学の特徴。

 

 

コダモンは、足踏みするような時期も過ごしつつ、気長に地道に学生生活を送っていました。 

 

  

大学時代に四苦八苦しつつ、次第に学びを深めていった経験。

 

 

それたは、現在の自分にしっかりと活かされています。 

 

 

……。

 

 

「ハーフが『カイシャ』に就職してみた」の序章、大学編はここでいったん終わります。

 

 

ドイツの大学に通い、大変ながらもたくさんのインターナショナルコミュニケーションを学べた学生生活。

 

 

自称「国際的なハーフ」が日本のカイシャへ入社していく話。

 

 

続きます……!