ハーフが「カイシャ」に就職してみた_第5話

ハーフとして欧州の大学に通いながら、さらに海外へ! カイシャで後に重宝された「グローバルコミュニケーション」のスキルは、自由奔放な大学生活で身につけた。

大学編 – 「世界」を経験できた大学時代

 

 

コダモンです。

 

 

ハーフであるコダモンが、日本のカイシャに就職してみた話。

 

 

第5話は、欧州の大学にいながらグローバルを体験したお話です。

  

(第4話はコチラ)

 

 

日本のカイシャが4年半でお腹いっぱいになり、外資系へ転職しました。

 

 

ドイツハーフには、日本のカイシャは全く合わなかった。

 

 

日本で生まれ育ったのに……。日本のカイシャという組織には拒否反応すら覚えました。

 

 

そうなってしまった背景には、コダモンの経験と様々な要素が絡んでいます。

 

 

辞めた理由はいくつかあるのですが、基本的には単純明解。

 

 

「日本のカイシャ」という特異な世界にマジで疲れたから

 

 

なんつーか……。全てが心底ダルかったです……。

 

 

「やる気」とか「根気」の話では無く。

 

 

組織内の人間関係から、どうでもいい社内の決まりごとまで。「中学生かよ!」とツッコミたくなるような状況も多々あり、カイシャには学校の延長を感じました。

 

 

当時は、カイシャに所属しながら耐え忍ぶ日々の繰り返し。

 

 

海外を知ったら「日本的なこと」は理解できない

 

 

コレがダメになった理由ですね。

 

 

「サラリーマンに向いていないだけだ !」と言われれば、それまでですが。

 

 

ただ、ハーフで海外経験が多い立場から言わせてもらいます。

 

 

グローバルスタンダードを1度でも経験してしまうと……

 

 

日本のカイシャのダメなところが嫌でも目に付く

 

 

そもそもカイシャに属することが持続不可能になります。

 

 

コダモンが「グローバルな人間」になってから、凱旋帰国でカイシャへ中途入社。しかし、4年半で日本のカイシャの視野の狭さにホトホト疲れた。

 

 

その根幹を担った「海外的思考」は、ドイツの大学在学時に経験したグローバルな体験で培われました。

 

 

自由度が高い欧州の大学

 

 

欧州の大学では……。

 

 

学生は基本的にほったらかし

 

 

博士課程でも無いのに、6年7年と大学に残る人が、当たり前のように存在します。

 

 

ピカピカの1年生向けの講義に、大学2年生が座っているのも、ごく普通な状況。

 

 

日本のように、卒業生が4年で出来上がるようになっていない事が多いです。

 

 

何をするにも、全てが自分次第。

 

 

講義に出まいが“留年“しようが、大学側はまったく関与しません。

 

 

日本の高校生活でぬくぬくと育った、わたくしコダモン。

 

 

最初はかなり戸惑いました(泣)

 

 

「自分で考えて単独で行動すること」にまったく慣れていなかったんですね……。

 

 

とりあえず仲良くなった学生と同じ受講スケジュールを組んでみたり。

 

 

先生にアドバイスを求めてみたり。

 

 

あの時は、なんとか食らいつきながら頑張っていました。

 

 

それでも、自然と「自分で考えること」に慣れたのにはビックリ。

 

 

郷に入れば…ですね。

 

 

ドイツの大学で学べたことはたくさんありました。

 

 

己の能力とキャパシティを知り、ターゲットと照らし合わせながら行動に移す

 

 

という事とか。

 

 

なんかカタイ表現ですが……。自分自身を様々な角度から見つめ直し、自分の能力とその限界を知る機会を作ってくれました。質実剛健な気質のドイツ人。彼らに学び、またその典型的な姿勢を吸収したのも、この大学生活。

 

 

一人暮らしもさることながら、大学のスケジュールと卒業までの過程を全て自分で決めて、自己責任でやり抜くこと。

 

 

1人で生き抜く術が身についた

 

 

……。

 

 

そんなこんなで、単独で欧州に移住した為苦労も多々ありましたが、大学生活もなんとか軌道にのせることができました。

 

 

そして、「ドイツの大学の自由度の高さ」をだんだんと満喫できるようになっていったのです。

 

 

欧州の大学からさらに海外へ

 

 

欧州の大学では……。

 

 

「大学を卒業するだけでは就職が難しい」というのは有名な話。

 

(あわせて読みたい)

 

 

企業でのインターンシップや実地研修、海外留学などが推奨されています。

 

 

大学生活にもようやく慣れてきた、わたくしコダモン。

 

 

大学に入って2年余りが経とうとしていた時……

 

 

「もっと海外進出してみよう」と考えました。

 

 

ドイツから、さらに海外へ。

 

 

その理由は単純で、世界が知りたかったから。

 

 

ドイツの大学でのグローバルな環境に刺激を受けて、周りの学生達に見習うように、海外でさらなる経験を積もうと考えていました。

 

 

「単位を集める」という杓子(しゃくし)定規なプロセスを踏むだけでなく、自分が将来「グローバルな人間になる」ため。そのためには、もう一つの母国であったドイツをさらに飛び越し、さらなる海外進出が必要でした。

 

 

日本ハーフの立場からしたら、ドイツに行った時点でもう既に海外の大学に通っていましたが……。また違う国へ、短期~中期的に行こうと決意したのです。

 

 

そして、それらをサポートする制度や奨励があるのが、欧州の大学の利点です。

 

 

奨学金制度や海外プログラムがゴロゴロしてる

 

 

これを利用しない手はない……!

 

 

ドイツの大学にも慣れ、課題であった「コトバの壁」も克服できた。ここからは、自分の成長を止めないためにも、何か全く違う経験をしてみたい。

 

 

…ということで…。 

 

 

行き先は……。

 

 

当時経済成長著しかった「中国」

 

 

親身になって相談に乗ってくれた教授のサポートもあり、1年間、ドイツの大学を休学して中国へ行くことを決めました。

 

 

運よく奨学金ももらえる話になり…。1年間の語学留学。

 

 

高校まで日本

 

欧州の母国であるドイツの大学に通う

 

アジア(中国)に留学

 

ドイツの大学に戻り卒業

 

 

……という、珍しいスタイルができあがったのです (笑)

 

 

今思い返しても、当時はなかなかおもしろい事をやってのけていました。

 

 

しかも、その後さらに1年追加で再度中国へ行き、実務経験も積みました。

 

 

このおかげで、コダモンの職務経歴書は毎回注目の的……。

 

 

とにもかくにも、この時点で既に「グローバルな人間になる」という目標がほぼ達成されていました。

 

 

あまり深く考えず、直感だけで。通算2年間を中国という未知の世界で過ごしてきました。

 

様々な国の人間と知り合い、交友関係を持ち、「インターナショナルコミュニケーション能力」を深めることができたのは、貴重な体験でした。

 

 

それもこれも……。

 

 

ドイツの大学の自由度の高さのおかげ

 

 

学生が惜しみなく能力の向上に集中できるのが、海外の大学の特徴ですね。

 

 

学費も安いですし……。

 

 

中国へ行った時も、返済不要の奨学金をゲットできた。現地で留学生宿舎にタダで住み、滞在費の補助も出ました。

 

 

将来性が認められれば投資してくれるのもドイツの大学

 

 

いやー…。本当にありがとうございます (笑)

 

 

奨学金をもらうのにも超苦労しましたが、そのおかげで「グローバルな人間」というものを理解できたし、今の自分の全てを形成してくれています。

 

 

この経験がきっかけになり……。

 

 

「世界をまたぐ仕事に就きたい」

 

 

とぼんやりイメージするようになりました。

 

 

「世界」を経験して身につけたスキル

 

 

かなり回り道をした、大学時代。

 

 

通算で2年間中国にも行っていたので、なんやかんやで7年くらい大学生してました。

 

 

しかし……。

 

 

そこで培った経験は一生の宝物

 

 

永遠にあるように思えた時間。それを楽しく過ごせただけでなく……

 

 

グローバルな環境に身を置けたから

 

 

そして……。

 

 

ビジネススキルの基盤が出来上がった

 

 

営業職や技術職などという枠組みだけにとらわれない、「グローバルコミュニケーション能力」という強み。

 

 

話し相手を「外国人」と1つのくくりにするのではなく、彼らのバックグランドを理解しながら会話ができる、という利点。

 

 

語学学校では学べないコミュニケーションスキルが身についた

 

 

今でも、ハーフである自分の唯一無二の長所です。 

 

 

そして、コレが日本のカイシャでとても重宝された。

 

 

うん……。

 

 

カイシャ側は超ラブコールだったのですが……。

 

 

結局4年半で辞めちゃった

 

 

海外を経験したドイツハーフには全く合わなかった、日本のカイシャ。

 

 

その理由をどんどん突き止めるべく、このお話は続きます……。