ハーフが「カイシャ」に就職してみた_第3話

ハーフが「カイシャ」に入る前の話。ドイツの大学に入ってさっそく挫折してみた。

 

さっそく立ちはだかったコトバの壁

 

 

コダモンです。

 

 

ハーフであるコダモンが、日本で日系大手のカイシャに就職してみた話。

 

 

第3話:〜大学編〜 ドイツの大学でさっそく挫折してみた。

 

 


 

 

ハーフである事を最大限に活かすため、もう一つの母国であるドイツの大学に入学したコダモン。 

  

 

…と、意気込んで行ったまでは良かったのですが……。

 

 

最初から困難の連続でした

 

 

いやー…。

 

 

当時は本当に焦りました。

 

 

今思い出しても、冷や汗ものです (笑)

 

 

まだ見ぬ海外の大学生活に、初めて身を投じてみた結果……。

 

 

見事に出鼻をくじかれました

 

 

日本に残した家族や友人と離れ離れになったばかりなのに。

 

 

行き着いた先には、試練だけが待ち受けていたのです……。

 

 

母国語を勉強するハメになった

 

 

まず最初の難関は、意外や意外。

 

 

「コトバ」

 

 

これだったのです。

 

 

それは単純に、自分のドイツ語能力のこと。

 

 

日本にいたときから、家庭内では一応2ヶ国語でコミュニケーションしていたのですが……。

 

 

そこはやはり、「残念なハーフ」のコダモン。

 

 

実はバイリンガルに育ちませんでした(泣)

 

 

(な、情けない……)

 

 

ドイツ語のレベルは、日本語に比べて低かったのです。

 

 

日本で高校生まで暮らしていた当時は、家庭の中での会話は基本的に半分半分だったはずでした。

 

 

しかし、いつまで経ってもドイツが上達しなかった。

 

 

まぁ…。当時は周りの友達も、学校も、全てが日本語だったからね。

 

 

生活の中における「日本語の比重」が大きかった。

 

 

そして……。

 

 

ドイツ語をあまり勉強してなかった

 

 

まさに自業自得。

 

 

(良い子のハーフのみんな、マネしないでください!)

 

 

大人になってから、超絶後悔しました。

 

 

……。

 

 

そうです。大学生になって、本場母国のドイツに降り立ってはじめて気づいた、自分のドイツ語能力の欠如。

 

 

そこで自分のダメさに気付かされたのです。

 

 

ドイツに着いてから、痛感しました。

 

 

まぁ、「日常会話は全く問題ないレベル」だったのですが……。

 

 

それでは、全くダメだったのです。

 

 

何しろ、これから参加するのは大学の講義。 

 

 

生半可な語学レベルではついていけないのです

 

  

マジでチビりそうになりました。

 

 

これまで聞いたこともないような単語、言い回し、専門用語がボロボロでてきたのです。 

 

 

しかも、大学の授業はこちらの事情なんて知らないし、待ってはくれません。

 

 

ロクに準備もできていないまま……。

 

 

「あれ?  えっ、え…??」

 

 

などとモタモタしている間に、どんどん次の課題、テーマへと進んでいきます。

 

 

…。授業が終わってみれば、その半分も理解していなかった。

 

 

ヤバい。

 

 

(コレは…。なんとかせねば……!!)

 

 

大学どころか、まず「コトバを勉強しなきゃいけない」という事実。

 

 

何とかなるだろう…と考えていた自分が甘かったです。

 

 

そこからというもの、ひたすら「語学勉強」に打ち込みました。

 

 

勉強といっても、もちろん基礎は整っています。

 

 

そのため……。

 

 

ひたすたドイツ人とつるむこと

 

 

これを繰り返しました。

 

 

運がいい事に、学生寮に住んでいる事も手伝って、入学当初から知り合いも増えていました。その友達を通して、さらに知り合いを作って…。という具合に、交流の幅は広がっていたのです。

 

 

別段仲の良い友達でなくても、誘われればどのイベントにも参加しました。ドイツにおけるドイツ語習得の環境を最大限に利用しようと思ったわけです。

   

 

いずれにぜよ、「ドイツ語が通用しなかった」という事実は、ハーフとして本当に恥ずかしいかぎり。

 

 

このような経緯で、ドイツに来てすぐに……。

 

 

母国語を勉強しなおすハメになったのです

 

 

うーむ……。

 

 

この時ばかりは、日本にいた頃の自分を恨みましたね。

 

 

しっかりとドイツ語を学べる機会が、家庭の中にあったはずのに……。

 

 

しかし、そんなことを嘆いても後の祭りです。

 

 

半ベソかきながら、遅れを取り戻すべく必死に勉強しました。

 

 


「えっ? 英語話せないの!?」

 

 

そして次に、英語。

 

 

コレも、正直ヤバかったです。

 

 

なぜなら……。

 

 

欧州では英語が話せてほぼ当たり前

 

 

一部の国を除きますが、特に若者は英語に何の躊躇もありません。

 

 

ドイツなどでは、小学生の子供も普通に英語を話せます。

 

 

その点、コダモンはと言うと……。

 

 

日本でみっちりと、中学と高校の6年間、日本の義務教育の英語の授業を受けてきました。

 

 

 

その時の成績も悪くなかったし、英語はできる方だった。

 

 

うん。そしてドイツに降り立つと……。

 

 

英語は全くダメでした(笑)

 

 

マジで情けない。

 

 

日本と欧州の学校事情を比較するのもどうかと思いますが…。その差は歴然です。

 

 

なぜ6年も英語を学んできて全然しゃべれなかったのだろうか……。

 

 

まぁ、細かいことはさておき。

 

 

この「英語」なのですが……。

 

 

大学の講義でどんどん使われます

 

 

その講義のテーマや教授の使用する教材如何で、その場が急に英語に変わったりもします。

 

 

そんな中、英語が全くダメだったコダモン。

 

 

「お願いだから指されませんように…!」と、教室の隅っこでガクガクブルブルしていました。

  

 

当時は、会話もままならないようなレベルだったので。 

 

 

ドイツ語すらも勉強し直す必要があったのに、さらに英語まで…。

 

 

ただ、それも何とか頑張って克服しました。

 

 

「えっ? 英語ダメなの??」

 

 

…などと言われて超恥ずかしい経験をしたのも、今となっては良い思い出です。

 

 


コトバは必要最低限のツール

 

 

そんなわけで、勇んで渡欧したにも関わらず、単純に言葉の壁にぶちあたりました。

 

 

せっかくハーフとして育ったのに、日本語に偏ってしまっていた自分。

 

 

後から本当に後悔しました

 

 

独り立ちして初めて、自分の不甲斐なさを実感したのです。家庭でしゃべっていた生半可なドイツ語では、大学のレベルで通用しなかった。

 

 

しかし、嘆いているヒマはありません。

 

 

ここは「海外」。自分から行動をおこさないと、何も変わらない。

 

 

ドイツ人に見習うように、ダメながら積極的にコミュニケーションを取りました。自信が無くても率先して教授に質問したり。授業のおさらいを友達にお願いしたり。

 

 

そして……。大学に通いながら語学を学び続けること数ヶ月。

 

 

ようやく他の学生と肩を並べる程度まで上達たのです……。

 

 

ここで「ホっ」と一息。

 

 

……。

 

 

言葉というのは、本当に重要なツールです。

 

 

ビジネスをする上でも、社内や社外を問わずにコミュニケーションがグローバル化している昨今では、英語は話せて当然だと言われます。 

   

 

「英語でコミュニケーションが取れる」という事は、もはや仕事をする上では大前提。そして…。

 

 

「英語」はそもそも単なる会話のツールです

 

  

ドイツの大学では、多くの「外国人」が、当然のように一緒に講義を受けます。 

 

 

そんな時にお互いの会話として使われるのは、もちろん公用語でもある英語。

 

 

「コトバは話せて当然」という環境が、いくらでも生まれるのも海外生活の特徴です。そこに身を置く事数年間。語学力の向上は目覚しかったです。

 

 

そして、後のカイシャとビジネスライフにおいて、この大学時代に培ったコミュニケーション能力が、非常に役に立ちました。 

 

 

ちなみに日本のカイシャは、何かと「TOEICの点数」を指標にしたがりますけど…。 

 

 

このテストの点数は、正直あまりアテになりません。

 

 

TOEICではグローバルコミュニケーションのスキルは測れないから

 

 

「上手な英語」と「グローバルコミュニケーション」って、別物なんですよね。

 

 

これまでのビジネスライフでも、何度も「にわか英語マスター」を見てきました。そして、彼らが話す英語はビジネスの場では全く通用していませんでした。

 

 

自分が苦しい立場にある時や、交渉の場で意見が対立した時など。

 

 

シリアスな状況にも、母国語と同等のレベルで対応ができて初めて、「コニュニケーション能力」の良し悪しが判断できます。

 

 

……とまぁ、そんな話はせておき。

 

 

当時のコダモンも、大学へ入学した瞬間に、コトバの壁にブチ当たりました。

 

 

あの時はがむしゃらでしたね……。

 

 

それでも、大学生活を通して、ドイツで生活している中で。なんとか語学のレベルを引き上げる事ができました。

 

 

海外に身を置いて学べることの恩恵

 

 

その影響は計り知れません。自分が予想だにしていない上達も見込めます。

 

 

海外に飛び込むことは、サバイバルです。 

 

 

そもそも、自分から会話ができないと……。

 

 

誰ともコミュニケーションが取れない

 

 

誰からも見向きもされない

 

 

そんな過酷な環境です。でも、そこにとりあえず飛び込んでみる。

 

 

そうすることで、「頑張って学ぶこと」以外の選択肢がなくなります。

 

 

そうやって、がむしゃらに、ただひたすら学ぶ事。

  

 

コトバの壁は海外で誰もが経験するハードルです

  

 

そこを乗り越えたところに、語学の学びに対する意義が見えてきます。

 

 

各国の人の考え方や意図を理解できたり。

 

 

会話を通して交友関係がグローバルに発展したり。

  

 

そうやって得られる達成感と喜びが、語学のモチベーションですね。 

 

 

何はともあれ、ようやく大学のスタートラインに立てたコダモン。

 

 

……。

 

 

と思ったら、また次の問題が……。

 

 

大学編は、もう少し続きます。