· 

ブログ…もとい、新しいPerspective始めました

日本のカイシャがとうとうお腹いっぱいになり、外資系へ転職。それをキッカケに始めたブログ「ハーフが『カイシャ』に就職してみた」

嬉し恥ずかし…初めてのブログ投稿

 

 

みなさん、こんにちは。

コダモンです。

 

 

これまで何度も情報発信をしようと考えていたのですが、ようやくその1歩を踏み出せました。

 

 

世の中にたくさん存在するブログたち。

 

 

その中でも、サラリーマンが題材のブログって結構多い気がする

 

 

ブラック企業とか社畜系から、脱サラとか起業系のブログまで。ネットでちょっと検索するだけでも、けっこうな数を見かけます。

 

 

それらのツワモノに比べ、わたくしコダモン。実のところ、これまでは…。

 

 

無難な社会人生活を送ってきました。

 

 

過労で潰れたわけでもなく、壮絶なパワハラを上司から受けたわけでもなく。

 

 

というかむしろ、見方によっては順中満帆だったのかも。

 

 

駐在員生活なんかも、ちゃっかり経験しましたし。

 

 

それでも、日本でサラリーマンをやってみて、自分が周りと決定的に違っていた部分があります。

 

 

それは…。

 

 

日本生まれ日本育ちのハーフ

 

 

というところ。

 

 

さらにさらに、海外で10年以上の滞在経験がある、自称グローバルなハーフだということ。

 

 

最近は、TVやメディアなどでよく見かけるハーフ達。

 

 

日本のカイシャに就職するハーフも増えたのかな?

 

 

何はともあれ、ドイツとのハーフである自分は、見た目が完全に外国人。そして、30数年の人生ではそのおよそ半分が欧州とアジアの海外生活。

 

 

大学生活から社会人、そして駐在員などを経験してきました。

 

 

そんなハーフが、この度ブログを初めたキッカケ。それは…。

 

 

カイシャを辞めた

 

 

ということ。

 

 

そうです。この文章を書いている時点では、カイシャ辞めたてのホヤホヤです。

 

 

勤めていたのは、日系でいわゆる大手の企業だったのですが…。

 

 

もう、なんか本当にウンザリでした(笑)

 

 

カイシャという世界では、誰もが周りに合わせることが大好きで、年功序列という「先輩後輩の延長」のようなものが支配している。

 

 

誰も定時に帰宅しないほどカイシャ好きな人間の集まりで、社員一人一人の行動をやんわりと制限する様々なルールがある。

 

 

…。自分の海外生活が長かったからでしょうか?

 

 

カイシャは全く合いませんでした

 

 

日本生まれで日本素育ちだったのに……。

 

 

カイシャの中に存在する「日本式」には、入社当初から違和感しかありませんでした。

 

 

4年半のカイシャ生活の中では、その組織体制から上司たちまで、色んな意味で「ダメさ」に気づかされました。

 

 

そして、自分がダメになる前に辞めた。

 

 

最後の方は、もう完全に忍耐との勝負でした。

 

 

いわゆるブラック企業じゃなくても、ダメなカイシャはダメ。

 

 

「自分の経験のためにも」と、4年半だけ頑張りましたが…。

 

 

ついこのあいだ退職届を出してきました

 

 

サラバ、カイシャ。

 

 

…と、前置きが長くなりました。

 

 

そんなこんなで、退職をキッカケに始めたこのブログ。

 

 

ハーフが「カイシャ」に就職してみた

 

 

なぜ日本のカイシャに就職したのか。

 

 

そこで何を経験したのか。

 

 

なぜカイシャを辞めるまでに至ったのか??

 

 

ハーフがカイシャに就職してみた話を全部書きます

 

 

そして、そこで得た教訓を、余す事なくお伝えします。

 

 

グローバルビジネスのど真ん中で得た経験は、とても貴重でした。海外の顧客とやり取りする中で、自分の語学力とハーフというバックグランドは、世界レベルでやり合うのに十分だった。

 

 

それでも、辞めました。

 

 

ちなみに勤めていたカイシャ自体は、まぁ……。恐らく「普通」でした。

 

 

人によっては「超良いカイシャじゃん!!」と言う人もいたかも。

 

 

オサラバした理由は、単純です。

 

 

日本のカイシャに見切りをつけたから

 

 

海外を知っている、自称グローバルなハーフとしては…。日本のカイシャで働き続けることは、不可能でした。

 

 

その理由は、本当にさまざま。

 

 

一言では言い表せません。

 

 

海外を知って、比較して…。自分の人生を見つめなおしての結果です。

 

 

深夜までの残業、年功序列、カイシャ独特の意味不明なルール、古いしきたり……。

 

 

それらは全てが、日本では普通

 

 

そして、海外ではありえないことなのです。

 

 

なにぶん、頭の中は考え方もハーフなもので…。

 

 

50%が日本的で50%が欧米

 

 

「日本的」に働くことを求められれば、「欧米的」な部分が顔を出す。

 

 

「欧米的」に働いていると、「日本的」に働くことを求められる。

 

 

そんなことの繰り返しでした。

 

 

まぁ…。多分最初から合わなかったんですね。

 

 

 

日本の「普通」と海外の「スタンダード」の違い

 

 

 

わたくしコダモンが、日本のカイシャと決別する原因でした。 

  

 

このブログは…。

 

 

日本でのサラリーマンとOL生活に不満がある人

 

 

「カイシャを辞めたい」と考えている人

 

 

海外での働き方を知ってみたい人

 

 

みなさんに向けたブログです。

 

 

「何かを変えたい」という力のための、サプリメントにしてください。

 

 

ネガティブ投稿では無く、ポジティブ投稿を心がけます。

 

 

カイシャに4年半勤めてきたハーフが発信していきます

 

 

是非、読者になってくださったら嬉しいです。

 

 

コダモン